マライア・キャリー、17年間に及ぶ双極性障害だった。 さはらチャンネル

マライア・キャリー、17年間に及ぶ双極性障害だった。

telmin

   

img

マライア・キャリー(48)が2型の双極性障害と闘っている。軽躁とうつが交互に起こる同病気に2001年から17年に渡り羅患していることを今回マライアは初めて公にした。

マライア・キャリーの写真をもっと見る。

『ピープル』誌とのインタビューでマライアは「信じたくなかった。全てを失うのを恐れていたし、唯一の解決方法はそれについて目を背けることだった。最近までずっと自己否定の孤立した生活を送っていて、誰かが暴露するのではないかと常に怯えていたわ。背負うにはあまりの重荷だったし、単純にそれと向き合うのは不可能だった。私は助けを求めて治療を受けたわ。ポジティブな人々に囲まれて、自分の大好きな音楽の制作に戻ることができたの」と話す。

そして、元夫ニック・キャンノンとの間にできた6歳の双子の母親でもあるマライアは、現在セラピーと投薬で同病気の治療に努めているようで、「薬を飲んでいる。とても効くの。疲労が来るわけでもないし、体が鈍くなるなんてこともないわ」と説明する。

また、発症当初は過労と不眠によって体が悲鳴を上げたものと思っていたマライアは、「長い間深刻な不眠だと思っていたの。だけれどそんな生易しいものではなかった。羊を数えながら起きていたわけではないわ。働きづめだった。怒りっぽくて、常にみんなを気落ちさせないかという恐怖にさいなまれてね。躁の一部だったのよ。そして遂に限界が来た。私の落ち込んでいる状態は体力の異常な低下に伴うものだったと思う。あまりに孤独で悲しかったから。キャリアに見合ったことをしていないっていう罪の意識もあった」と振り返っていた。

その後17年前に同病気と診断されてからは徐々に自分の状態を飲み込めるようになったようで、「私は今本当にいい状態にあると思う。快適な場所にいるわ。2型の躁うつについての悩みを気軽に話せる。1人で悩むのではなく、誰もが自分の傷を解放できる場所を見つけて欲しいと願う。本当に孤立してしまうものだから」と読者に励ましの言葉を贈った。

2型の双極性障害は1型に比べ妄想もなく、深刻度はおちるもののそれ故見逃しやすいと言われている。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNDEzLTAwMDEwMDA0LXZvZ3VlLWVudA--
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/4/13 19:43

双極2型障害は、うつ期の方が長い場合が多いです。

少し調子がよくなりかけたら、軽躁になるのではないかと、これまた不安になります。

自分でコントロールできないので、常に苦しい病気。

でも世界中に患者さんはたくさんいます。

みんな病気とうまくつきあっていきましょう!

2 :名無しのさはら|2018/4/13 20:07

17年とは長かったですね。双極性って完治しないイメージがあるけど、そもそもうつ病は自分がその病気を受け止め肯定して「今後どうやってこの病気と向き合って行くか」が治療の一歩なんじゃないかと思う。不安がある分、心は不安定になるから自分で自分を認める事って大事だと思う

だからメディアに発表出来た分、少し前向きになれたのでは?

ご本人ではないからわからないけど。

3 :名無しのさはら|2018/4/13 20:10

少しでも良くなって、以前の様なハイトーンボイス

で歌っている姿が見たいですね、

頑張ってください!

4 :名無しのさはら|2018/4/13 20:31

アメリカは、何かあるとすぐにカウンセラーに相談するイメージがある。日本は弱音や愚痴を人にこぼすのは良くないみたいなイメージがあって、一人で抱え込んでしまう人が多い。悩みをもっと気軽に専門家に聞いてもらえる社会になるといいのに。

5 :名無しのさはら|2018/4/13 20:53

自分がもしかしたらそうなんじゃないかいや違うと葛藤もあったことでしょう。辛い時は本当に辛かったと思います。私は躁うつ病と診断されたことがありますが、チェックリストによる診断の結果です。それを信じるべきか信じないべきかわかりませんでした。

周りのサポートと自分が本当に躁鬱病であると確信し治療に向き合うことができることがとても素晴らしいことだと思います。

自分に向き合う時間を作ることがとても大切なことだと思います。

私自身も壊れてしまいそうに鬱々としていますので、人は壊れてしまう前に彼女のように自分に向き合う時間が作れるようになる周囲のサポートがあると良いなと思います。

6 :名無しのさはら|2018/4/13 21:06

つらいよねこれ

わかるわ…

7 :名無しのさはら|2018/4/13 21:23

仕事上ストレスないのがおかしいのだと思うから、マライヤがこうなるのは普通というか…世界で仕事してたらハンパないよなぁ…と、思う。

自分から言えて良かった。

8 :名無しのさはら|2018/4/13 21:41

統合失調症ではないので

同じ躁鬱病2型ですが、妄想はこの病気に

ないと思います。

9 :名無しのさはら|2018/4/13 22:36

泰葉といっしょ?

10 :名無しのさはら|2018/4/13 22:51

双極性障害の1型は統合失調症の分類に、

双極性の2型は、うつ病の分類に今後分けられるそうです。

11 :名無しのさはら|2018/4/14 0:03

偉いと思うのは、笑顔を絶えずにいたこと。

かなり頑張ってたんだろうなぁ。

頑張りすぎて外では躁になって、反動で家では鬱になってたんだろうね。

マライアは殿堂入りなアーティストで、もぅ充分楽しませてくれたから、これからはゆったり過ごしてほしいと切に願う。

お母様とのデュエットされたクリスマスの聖歌は感動もんでした。

ファンからしたら、Anytime you need a friendの歌詞の気持ちだよ。

ファンはずっとファンだから、安心しててほしい。

12 :名無しのさはら|2018/4/14 8:03

過去のたかピな態度や肥満はこの病気のせいだったのかな?それだと可愛そうだったね。

13 :名無しのさはら|2018/4/14 14:39

挟まれたい。

14 :名無しのさはら|2018/4/14 17:27

うつ病と双極性障害2型は見分けが付きにくく、私は18年うつ病と診断され、調子良いときは物凄く動けていて、2年前双極性障害2型となりました。薬も全くちがうので、うつ病だと思っても、やりすぎたり、不眠不休と、うつの落ち込みが激しい人は、双極性障害も先生に相談してください。操の調子のいい時のことをいわないと、うつ病と双極性障害は先生も見分けるのが難しく、薬もまるで違います。マライヤも操の時は歌えても、鬱の時はかなりキツいだろうと思います。同じ病気でも頑張る姿に勇気づけられます。今回の公表で少しでも心が落ち着くことを願います。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング