大人気シリーズ第二弾『魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!』 幅広い世代の心を掴む仕掛けとは さはらチャンネル

大人気シリーズ第二弾『魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!』 幅広い世代の心を掴む仕掛けとは

telmin

   

img

4月1日から、テレビ東京系列で女児向け特撮テレビドラマシリーズ『魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!』が放送開始された。同作は2017年4月から2018年3月まで放送され、女の子たちの間で大ブームとなった『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』に続く「ガールズ×ヒロイン!」シリーズの第2弾だ。「きらめく魔法でピュアライズ!」を合言葉に、“魔法使いが魔法とダンスの力で悪を倒し、人々の夢、そして世界の平和を守るライブ型NEW特撮ヒロインストーリー”(公式サイトより)で、VFXを駆使した特撮ドラマ。前作に引き続き、総監督は三池崇史が担当している。

このシリーズが人気となった理由を“大人の視点“から考えると、何と言っても最近ではなかった“特撮ヒロインもの”というジャンルを復興し成功させたこと。『仮面ライダー』、『ウルトラマン』、『スーパー戦隊』シリーズはいつの時代もあれど、特撮ヒロインと言えば、主に90年代前半の日曜の朝9時に放送されていた、『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』や『美少女仮面ポワトリン』(ともにフジテレビ系)といった東映不思議コメディーシリーズの後半を占める美少女シリーズ以来記憶にない。このシリーズは、1993年の戦隊ヒーローものを取り入れた『有言実行三姉妹シュシュトリアン』で終焉を迎えるのだが、その理由の一つが、当時放送されていた、同じ東映系のアニメ『美少女戦士セーラームーン』の人気が高く、競合する玩具の売上げが不振に見舞われたことだと言われている。以降、『おジャ魔女どれみ』や『プリキュア』シリーズ(ともにテレビ朝日系)などの魔法少女アニメが主流となり、近年はそこに『アイカツ!』や『プリパラ』などのアイドル要素を取り入れたアニメが追随していく。

シリーズ前作の『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』は、アイドルを目指す女の子が、憧れのアイドルとユニットを組み、「音楽の国」を救うために魔王と戦っていくというもの。多くの女の子が好きそうなアニメのキュートな要素を取り入れ、ドラマの中だけでなく実際にもライブを行うなど、ドラマとリンクしながら現実世界でもアイドル戦士たちが成長していく。そんな成長過程を見せていくと同時に、本格的な歌とダンスを取り入れることで、子供たちがYouTubeで動画をリピートしては真似る時代となった今、二次元にいるアニメキャラとは異なり、実際に会うことができる憧れの存在として女の子たちの心を掴んだのだろう。

『魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!』も、初回ではドラマの構成や敵などのフォーマットは基本的に前作と一緒で、さすがシリーズものといった趣き。物語は大人も楽しめる内容だ。敵である邪魔邪魔団のボス・邪魔男爵を演じる遠藤憲一が、青髭を濃くしたメイクで、黒のマントに白のタンクトップという“変なおじさん”スタイルでコミカルな動きををするなど、トボケたギャグの連発はむしろ大人の方が楽しめるかもしれない。制作はタカラトミーと、『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』や、2004年の『ゼブラーマン』から2017年の『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』まで三池監督作品を手掛ける制作会社・OLMが担当し、キャラクタースーパーバイザーに『寄生獣』や、『シン・ゴジラ』を手掛けた前田勇弥といった、まさに映画規模の本気の布陣。今回も魔法少女アニメの世界を実写で実現させよう、という意気込みを感じる。

前作同様、VFXをふんだんに取り入れた変身シーンや必殺技のシーンが美しく、長尺で描かれている。実はデータ放送を起動すると、テレビのリモコンで画面の中に魔法エフェクトを出すことが可能で、戦いに参加しているような疑似体験ができるのだ。また、タカラトミーより発売の玩具「マジョカルミナ」とも互換性があり、テレビと連動して“なりきり遊び”を楽しめる作りとなっている。

3月25日には主役の愛乃モモカ(三好佑季)、白雪リン(隅谷百花)、花守ミツキ(小川桜花)の3人が、『アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!』とのバトンタッチイベントで観客を前に曲を披露している。3人は「magical2(マジカルマジカル)」としてドラマのオープニングとエンディングを歌い、6月13日にはメジャーデビューも決定。またYouTubeの公式チャンネル「ちゃんねるマジマジョ」では、ダンスレクチャーなどの動画がアップされているが、前作よりも真似しやすいダンスになっている印象だ。メディアミックスはもう始まっている。

オールドスクールでありながら新ジャンルという、時代が生んだ特撮もの「ガールズ×ヒロイン!」シリーズ。ここ数年の流行で“2.5次元”というメディアミックスとしてのビジネスモデルが確立しつつあるが、この“女児向け特撮ヒロインもの”というジャンルは、まさに今の時代に打ってつけだ。VFXを多く用いたハイクオリティな映像はもちろん、様々な要因が見事に合致したのが成功の理由と言えるだろう。未見の方はぜひ一度チェックしてほしい。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNDA4LTAwMDEwMDA0LXJlYWxzb3VuZC1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/4/8 7:50

女児〜成人男性まで、本当に幅広い層から支持されています!

2 :名無しのさはら|2018/4/8 8:32

こういう実写も良いですね。キャストが何気に豪華な時もありますし、基本明るい雰囲気なので。

3 :名無しのさはら|2018/4/8 8:48

主役の3人をうまく育てることができれば、今後ブームになる可能性はあるね。

4 :名無しのさはら|2018/4/8 8:55

倒す相手は仮面ライダーと鬼太郎か?

5 :名無しのさはら|2018/4/8 9:50

遠藤憲一が楽しみ!

6 :名無しのさはら|2018/4/8 10:11

「ミラクルちゅーんず」のピンク・紫・水色がプリキュアと違ってお姉さんぽくて良かったのに、黄色を入れた途端似たような感じになってしまったのが残念。

7 :名無しのさはら|2018/4/8 10:57

戦隊やライダーと違ってスーツアクターを使わないし着ぐるみもない。

その分、有名な芸能人、前作なら単発の敵ゲストにそこそこ有名な芸人を使ってたり、映像を凝ったりできてる。

8 :名無しのさはら|2018/4/8 11:04

プリキュアより面白かった。

俳優陣もなかなか。

戦いや変身シーンが長いけど、ヒロインも可愛い。

9 :名無しのさはら|2018/4/8 11:17

山本弘さん、出番ですよ~

10 :名無しのさはら|2018/4/8 11:43

ショッピングモールに来た時にヲタぽいオッサンが最前列にいて、ズボンに手を入れながら観てたw

11 :名無しのさはら|2018/4/8 13:18

エンケンさん……今の地位を得てもこういう役をやり続けるあなたが素敵です(笑)

12 :名無しのさはら|2018/4/8 21:43

前作の子供よりかは現代人よりの顔www

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング