『リバーズ・エッジ』二階堂ふみのヌードは「必然」と行定監督 さはらチャンネル

『リバーズ・エッジ』二階堂ふみのヌードは「必然」と行定監督

telmin

   

img

二階堂ふみの鮮烈な初ヌードが大きな話題となった青春映画『リバーズ・エッジ』(公開中)。行定勲監督は『世界の中心で、愛をさけぶ』など様々なヒット作で知られる、日本を代表する映画監督の一人だ。

これまでも長澤まさみ、麻生久美子、竹内結子、沢尻エリカ、有村架純など、多数の人気女優を撮ってきた。『リバーズ・エッジ』における二階堂ふみのヌードは、「彼女なりの覚悟ゆえの必然」と行定監督は語る。

「確かに彼女は僕の作品で初めて脱いだのですが、あの映画はあくまでも彼女自身の企画だったのです。彼女が岡崎京子の原作に惚れ込み、『監督をしてくださいませんか』と僕に声をかけてくれました。

この作品では、彼女は単に女優であるというより、クリエイターでもありました。自分が本当にやりたい企画なので、原作同様の濡れ場をしっかり演じきるという覚悟があったのだと思います」

二階堂の体当たり演技は、「この時期にしかできないチャレンジだった」とも言う。

「高校生が主人公ですが、彼女が高校生を演じるには年齢的に限界にきていました。最後のチャンスなので、後悔のない作品にしたいという気持ちが強かったのでしょう」

企画実現のため、二階堂自身が奔走した部分も多かった。

「彼女はCMの仕事もあるので、本来ならヌードやベッドシーンは御法度だったと思います。それを、自分でしっかりと事務所と交渉して成立させた。そういったクリエイティブに対する彼女の姿勢は、演技だけでなく、今後高く評価されると思います」

『リバーズ・エッジ』だけではない。有村架純が濡れ場に挑んだ『ナラタージュ』も含め、行定監督は「濡れ場から逃げない」監督でもある。

「脚本にある性描写を監督としてカットすることはできるんですが、しっかり撮ったほうが、やっぱり美しく生々しくなる。そこで恥じらいが見えたのか、大胆さがあったのか、カットしないで描けば、その女性の実像がより伝わります。それを描かずに割愛してしまうと、『女優が逃げた』と思われる。それが女優さんに悪いと思ってしまうんです」

熊本出身の行定監督は、人気女優を大胆に起用したメジャー作品を撮りつつ、並行して『くまもと復興映画祭』で極めて小規模な作品を発表し続けている。

4月6日から開催される『くまもと復興映画祭2018』では、熊本地震の当日を描いた『いっちょんすかん』を発表する。これは、熊本を舞台に高良健吾が主演する『うつくしいひと』シリーズのスピンオフとなる作品だ。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwNDAzLTAwMDEwMDA2LWZsYXNoLWVudA--
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/4/3 16:44

見たいと思わないな

2 :名無しのさはら|2018/4/3 16:59

脱がしたいだけやろ

3 :名無しのさはら|2018/4/3 16:59

客寄せに成りますから。…

4 :名無しのさはら|2018/4/3 17:06

みんな抱かれてます

5 :名無しのさはら|2018/4/3 17:13

平成の脱がしや...か

6 :名無しのさはら|2018/4/3 17:17

二階堂何某の裸でチンチン反応する

正常な人間に会ってみたい

7 :名無しのさはら|2018/4/3 21:22

これぐらいしか脱いでくれるのいないかもな。

8 :名無しのさはら|2018/4/4 3:19

こんな映画やってるの知らなかった

番宣してた?

9 :名無しのさはら|2018/4/4 5:36

ほとんど話題にならず、興行も大惨敗。

脱ぐタイミングを見誤ったとしか思えない。

10 :名無しのさはら|2018/4/4 6:11

脱ごうが脱ごまいが、二階堂ふみは苦手。

11 :名無しのさはら|2018/4/4 10:52

門脇麦派

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング