高橋一生が選んだ葵わかなとの歩み 『わろてんか』恋愛を超えた“パートナー”の関係性 さはらチャンネル

高橋一生が選んだ葵わかなとの歩み 『わろてんか』恋愛を超えた“パートナー”の関係性

telmin

   

img

およそ半年間にわたって放送を続けてきたNHKの連続テレビ小説『わろてんか』が、明日3月31日の放送をもって最終回を迎える。セミファイナルとなった3月30日放送の第150話では、キース(大野拓朗)にアサリ(前野朋哉)、亀井(内場勝則)や万丈目(藤井隆)ら北村笑店の家族が次々と帰ってきた様子が描かれた。

【画像】『わろてんか』最終週に登場してきた高橋一生

てん(葵わかな)が再会を果たした家族の中には、本当の家族である息子の隼也(成田凌)の姿もあった。第143話では、隼也が入隊前にてん(葵わかな)の元を訪れた際、そこに居合わせたリリコが別れを惜しむように隼也を抱きしめ、てんはその様子を寂しそうな眼差しで見ていた。さらに、リリコが、「ん? 何や。あんたも抱き締めたいんちゃうか? 代わったろか?」と気を遣い声をかけたものの、てんは「何アホなこと言うてますの! もう」と素直になれずにいた。だが、戦場から戻った隼也を見つけるやいなや、「お帰り……お帰り」と涙を流したてん。隼也をやっとの思いで抱きしめ、本当の意味での親子の絆が取り戻された瞬間だった。

焼け跡の寄席から新生北村笑店の船出に向け仲間たちが集結したと思えば、早速、北村笑店の歴史を笑いで描く人情喜劇の上演が決定する。「もう、大丈夫」。きっとそう思ったてんは、これまで世話になってきた伊能(高橋一生)に「北村に気兼ねのうご自分のやりたいことをやってほしい」と伝える。当初、北村笑店再開のため大阪に戻ったものの、落ち込んでいたてんを奮い立たせてくれた伊能。北村笑店の一員として会社再建を手伝った伊能の前向きさに触発されててんは、笑いへの情熱を思い出していった。ようやく自分の脚で立てるようになったてんは、伊能の邪魔をしたくないと思ったのだろう。

しかし、伊能はその申し出を断る。伊能が目指す新しい映画や劇場の先には「大人も子供もワクワクするような街を再建したい」という大きなゴールがあった。その夢を果たすため、生涯のパートナーとしててんを選び、「これからも一緒にやっていってくれないか」と手を差し伸べた。

藤吉(松坂桃李)在りし頃から、てんにとって伊能は、弱音を吐き、夢を語り合い、お互いがお互いを補い合える存在だった気がする。はじまりは許嫁の関係にあった2人。伊能がてんに惚れている描写を匂わせるシーンもいくつかあった。しかし今、2人の関係が恋愛を超えた特別なものへと深まり、これからはより一層、パートナーとして2人で歩いてくことを誓った握手だった。

最終回は、大円団でのフィナーレしか目に見えない現状だが、イレギュラーな登場で視聴者を賑わせてきた藤吉の姿が、ここのところ見当たらない。なんの言伝もなしに鈴を鳴らしても出現しなくなった藤吉幽霊は最後、私たちの前に現れてくれるのか。明日の放送が待ちきれない。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMzMwLTAwMDEwMDE4LXJlYWxzb3VuZC1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/3/30 12:32

藤吉が出てくるか待ちきれないじゃなく、既に

蘇るの分かってるから余計な文章入りません。

2 :名無しのさはら|2018/3/30 12:33

死んだ旦那さんには鈴ですぐ会える

旦那さんじゃないけどパートナーもいる

いいとこ取りですね、おてん様

3 :名無しのさはら|2018/3/30 12:33

今時、子役でももうちょっとしっかり涙出るよね。

おてんさん、絞り出して絞り出してやっと0.01mlの涙だった。

4 :名無しのさはら|2018/3/30 12:35

この時勢のリアリティを全く感じさせない成田凌の髪形が心底目障り。

別仕事優先なのか何なのか知らんが、舐めすぎ。

やる気ないなら受けるな。制作側も許すな。

5 :名無しのさはら|2018/3/30 12:36

てんの感情のない笑い方も最後まで貫かれたし、結局何の話だった?

戦中後は話の展開が早すぎて、御都合主義。空襲の悲惨さを演出しておいて、誰も犠牲になってない。ドラマですからね、そうですよね。

正直、「あ〜やっと終わる」って感じです。

6 :名無しのさはら|2018/3/30 12:36

一生さんは、このめちゃくちゃなキャラを最後までスマートにこなされたと思います。

半年間大変だったでしょう。

お疲れ様でした。

7 :名無しのさはら|2018/3/30 12:38

握手ではなくてハグして 結婚しよう、って

言い出しそうな雰囲気だった…

仕事のパートナーには見えないけどなぁ

8 :名無しのさはら|2018/3/30 12:42

毎日見てるからと、惰性で見ていたけど、ほんとにつまらなかった。

次のドラマに期待。

9 :名無しのさはら|2018/3/30 12:50

葵わかなとは恋愛を超えて。森川葵とは恋愛で。

10 :名無しのさはら|2018/3/30 12:53

西川きよしさんとおてんちゃんって、よく似た世代ですよね?もう少し、特殊メイク入れて老けさせてほしかったなぁ。。

11 :名無しのさはら|2018/3/30 12:59

コントのように別れた仲間が続々登場、あんな悲惨な戦争やったのに誰も死んで無い。

笑いの神様おかげかね?

亀さん名前の通り長生きでんな。

ホンマおもろいとこ無しでしたな。

こんな都合よく、他人のおかげだけで何かを成し遂げた朝ドラヒロインに、みんな感情移入出来る思わはったんやったら、ホンマお笑いですわ。

あとは藤吉はん出てきて「てんおおきに…わろてんか」言うて終わりでっか?

12 :名無しのさはら|2018/3/30 13:05

一生さん、このドラマに出ていたことは明日をもって忘れます。

13 :名無しのさはら|2018/3/30 13:14

恋愛を越えたパートナーって良いですね。

理想です。

14 :名無しのさはら|2018/3/30 13:20

『とと姉ちゃん』の常子と花山の関係も恋愛は一切ないけど互いを認め合った最高のパートナーという感じだった。

15 :名無しのさはら|2018/3/30 13:37

藤吉待ちの人・・・いる?!見たことありません(笑)

最近見ないって・・・土曜日出ない代わりに、先週の水曜日だか木曜日だかに出てきましたけど。

明日は土曜日幽霊の日なので、蘇らないはずがない!

16 :名無しのさはら|2018/3/30 13:54

私は毎日楽しく見てたけどなぁ~汗

ここのコメ欄の人ら手厳しい・・

戦争の時代や言うてもドラマやし、哀しいことでリアリティを追求せんでもいいんやないやろかぁ・・

漫画でもドラマでもそうやけど、物語やん?て感じのコメント多いですよね、医療系とかはそうあるべきなんやろうけど。

文句いうなら見んけりゃいーのに 笑

17 :名無しのさはら|2018/3/30 14:17

ドラマの存在自体が「わろてんか」だったね、

お粗末過ぎて。

出演者の役作り、演出、衣装、セット、

その他諸々、全てがやっつけ仕事みたいで

「本気度」が全く感じられないドラマだった。

18 :名無しのさはら|2018/3/30 14:35

ドラマ自体はあまり好かれなかったかもしれないけど、愛しいキャラクターはたくさんいましたよ

私は伊能さん、風太、おトキ、リリコ、シロー、歌子さんが好きでした

19 :名無しのさはら|2018/3/30 14:41

万丈目夫妻の横にいた2人一体だれ?

20 :名無しのさはら|2018/3/30 14:44

エピソード詰めすぎて、話がわちゃわちゃしていた。

主人公とその夫の母親を、都合よく思い出したように出し、その後は一切描かない。

安来節の乙女組のその後が最終週でちょっと出たけど、他のゲストキャラのその後とかもわからないし、やはり思い出したように出してはすぐ消すし。

ご都合主義なストーリーだった。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング