ほぼ全盲の『R-1』新王者・濱田祐太郎、早くも連覇宣言「自分で納得できる結果を」 さはらチャンネル

ほぼ全盲の『R-1』新王者・濱田祐太郎、早くも連覇宣言「自分で納得できる結果を」

telmin

   

img

毎年恒例の“ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2018』決勝戦が6日、東京・台場のフジテレビで行われ、濱田祐太郎(28)が王座に輝いた。左目は全く見えず、右目も明るさがわかる程度であるという盲目の漫談家である濱田は、昨年10月に行われた『平成29年度 NHK新人お笑い大賞』の決勝にも駒を進めるなど、着実に頭角を現してきていたが、過去最多となるエントリー3795人の頂点に立つも「本当に信じられないです」と、しばしぼう然としていた。

【写真】トロフィーの横でナンバー1ポーズをする濱田祐太郎

今年で16回目となる同大会は、決勝トーナメントに進出した10人と当日発表される「復活ステージ」通過者2人が加わった12人の変則トーナメント方式で開催。4人ずつがA、B、Cの3ブロックに分かれ、各ブロックの勝者が最終決勝に進出。Aブロックのおぐ、Bブロックのゆりやんレトリィバァ、Cブロックの濱田でもうひとネタ披露し、21票のうち12票を獲得した濱田が栄冠をつかんだ。

中学生の頃からお笑い芸人を志していたという濱田。ビッキーズとハリガネロックのしゃべくり漫才に憧れた。2012年には、アマチュアで『R-1』予選の舞台に飛び込んだ。同年にはNSC(吉本総合芸能学院)大阪校35期生として入学。大きな壁となったのが、ゆりやんの存在だった。優勝を決めた後の会見でも「ゆりやんは優等生のクラスで、僕は優秀じゃない方でした。別格で上の存在でした」と繰り返すように謙そんした。

優勝という最高の結果を決めたにも関わらず「何度か噛んでしまいました。自分の中で納得できなかったので、次の『R-1』では納得できる結果が出せるように、エントリー番号1番で出られるように準備したい。でも、そこまで持つかな」と早くも連覇に向けての参戦を宣言。「漫談でここまでこられたので、視覚障害者としてではなくて、漫談家として優勝することができたのがうれしいです」と言葉に力を込めた。

優勝特需に沸く中、報道陣から「出たい番組は?」と聞かれると「いいですか、今からボケますよ」と前置きしながら「日本テレビの『24時間テレビ』のチャリティーマラソンとかやってみたいですね。目が見えないので、コースとは逆の方に走っていったりしたら、いいんじゃないですかね。それに、僕が募金箱持っていたら、けっこう集まると思いますよ」とぶっちゃけ。すでに仕事オファーが殺到している状況だが「全国クラスの番組に出て活躍したいと言いたいところですが、現実的には関西を中心に活動していきたい」と明るいトーンで話していた。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE4MDMwNi0wMDAwMDM3My1vcmljLWVudA--
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/3/7 0:11

障害者を笑ってはいけないタブーみたいなのが逆に差別だと思うから本当に良かった!

2 :名無しのさはら|2018/3/7 0:14

順当だとは思ったけど、自虐ネタしかやらないのはちょっとね……ぶっちゃけ自虐ネタだけでこの先も進むなら飽きられるし、やり過ぎれば叩かれるよ……他のネタも考えないとね……そこが課題だね……

3 :名無しのさはら|2018/3/7 0:16

24時間テレビには絶対に出ないでね。

4 :名無しのさはら|2018/3/7 0:24

お笑いなんだけど凄く感動しました!

これからも頑張ってください

応援してます

5 :名無しのさはら|2018/3/7 0:34

障害を逆手に自虐的で面白い・・・とはまだまだ思えないレベル。

単純に特別面白くはない。他の候補がおもろなかっただけやろ?

6 :名無しのさはら|2018/3/7 0:42

健者だから、障がい者だからって、分け隔てするのはね~

おもろいものはおもろいし、おもろくないものはおもろくない。。

ただそれだけだよね・・・ただ、気になるのは自虐ネタが多すぎるかな。あまりやりすぎるとね・・・これも反感買うかもね。これからもっと話術を磨けば更なる飛躍があるよね、きっと。優勝したからって、上京して、チヤホヤされて、一発屋で終わらないで欲しい。関西で、じっくり話術を磨けばいいんじゃないかな。。その方が息が長~いと思うよ。

7 :名無しのさはら|2018/3/7 0:46

個人的にはマツモトクラブが好きなんだが今回のネタは

8 :名無しのさはら|2018/3/7 0:47

これからの活躍がどのようになるか非常に期待してます!

9 :名無しのさはら|2018/3/7 0:51

R-1ぐらんぷりの新たな道を切り開けたかもしれない。これを皮切りに勇気を出して漫才する人増えるかもね。

10 :名無しのさはら|2018/3/7 0:54

ただただ面白ければいい。

11 :名無しのさはら|2018/3/7 0:57

面白かったし勉強にもなった。去年の優勝者は謎だったけど今年は納得。

12 :名無しのさはら|2018/3/7 1:25

デブの人はデブを、美人の人は美人を、ハゲの人はハゲを、盲目の人は盲目を武器にする

盲目の人の自虐ネタについて言う人がいるけど、

武器を使うのは普通のことじゃない?

13 :名無しのさはら|2018/3/7 3:05

しかし、生まれつき障害のある人の自虐ネタを、

事故や病気で後天的に障害を負ってしまった人は、割りきって笑えるのだろうか?

14 :名無しのさはら|2018/3/7 3:43

今年の優勝は批判できない。

ただネタ中に映る審査員席の皆さんの表情が温かい目になってしまってたし、宮迫などの「話術が達者ですねぇ」て出てくる人皆が達者でないとだめでしょう、R-1って。

それでも最近少なくなった、話芸、漫談としての優勝は久しぶりだったからそれはすごいと思います。

勢いやインパクトばかりではないこういう芸が優勝するべき大会だとは思います。

15 :名無しのさはら|2018/3/7 4:01

ある意味、目の見える人が、目の見えない人に対して、本当の意味で理解していない事を、笑いで教えてもらっているようで、本当に勉強になったし面白かった。

目の見えない人が生きていく上で、どんなことに困り怒っているかを、笑いで教えてもらって本当によかったと思う。

障害のある方々が、世の中で不自由をしている事を、笑いにして訴えてくれたのが、多くの人々が理解できる貴重なキッカケになったと思う。

16 :名無しのさはら|2018/3/7 11:11

「ほぼ全盲」って気持ち悪い言葉だなー

ライターは「盲目」と言う言葉を辞書でひいてこいと思う

この記事も含めて盲目、失明、弱視と言葉が散らかってるけど全部意味違う

そんなのを見る度イラっとするわ

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング