中澤裕子、モー娘。時代に設けた“独自ルール”を反省「ものすごい、人じゃなかった。魂すべてが鬼」 さはらチャンネル

中澤裕子、モー娘。時代に設けた“独自ルール”を反省「ものすごい、人じゃなかった。魂すべてが鬼」

telmin

   

img

中居正広がMCを務めるトークバラエティ『ナカイの窓』(日本テレビ系)の2月28日放送回では、「モー娘。同窓会SP」の模様がオンエアされた。

この日は、ゲストMCに山里亮太(南海キャンディーズ)、ゲストにモーニング娘。のOGである飯田圭織、石川梨華、辻希美、中澤裕子、福田明日香、矢口真里、吉澤ひとみを迎え、同窓会を開催。

冒頭で、一人ずつ紹介していき、結婚と子供の有無を確認していく。中澤が、5歳と2歳の二児の母親であることを口にすると、中居は「俺昔、中澤と熱愛なんとかって(記事)出たことあるんだよ」と話し出す。「なんか紙面に、二人で台湾旅行って(書いてあった)……」と説明すると、突然「俺の歴史に傷をつけるなっ!!」と冗談交じりに心境を叫んだ。それを聞いた飯田は、当時を振り返り「同じメンバーだけど、聞けませんでしたよ。わぁ……知らないところで? みたいな」と二人の熱愛報道に驚いていたことを明かす。

1997年に、オーディション番組『ASAYAN』(テレビ東京系)で、女性ロックボーカリストオーディションに落選した5人によって、結成されたモーニング娘。インディーズデビュー曲『愛の種』を、手売りで5万枚完売できたらメジャーデビューという企画を達成し、1998年に「モーニングコーヒー」でメジャーデビューを果たした。

そんな結成から今日までの20年間の歴史を改めて振り返ると、山里が後から加入して来たメンバーに対して、イラつきはあったのかと質問する。中澤は「ステージ上で、新メンバー募集しますっていうのを教えられるわけですよ。だから、素のリアクション出ちゃってましたよね。私とか石黒(彩)は、もう露骨にめっちゃ嫌な顔してて」と暴露。

中居が「仲間が増えるって感覚はないの?」と聞くと、中澤は「それまで、メンバーが増えるアイドルグループってあんまりいなくなかったですか?」と口にし、新たに加入という発想がなかったため、受け入れるのに時間がかかったと明かす。福田は、「そもそもオーデション番組で競ってた5人だから」と言い、グループを結成してからもライバル関係が続いていたことを語る。そんな5人の中に、新メンバーが加入することで、「自分のパートどれだけ多くもらえるかで、レコーディングもバチバチしてる中で、さらにバチバチさせるんですか!? みたいな」と当時の胸の内を告白した。

矢口は当時『ASAYAN』で彼女らのオーデション過程を見ていて、「ここに(新たに)入ってくる人たちありえないな」と思っていたという。だが、自分が合格してしまい「これ絶対嫌がるだろうなと思いながら入ったら、もうその数十倍嫌がってました」とぶっちゃける。そして、今だに1期生に緊張していると笑った。

また中澤独自のルールの話題になり、“楽屋ではバナナ禁止”“エレベーターの乗降は中澤が先”“移動車の席順が決まっている”などのルールが挙げられていく。また、1期の中でも中澤の立場が上だったことも明かされる。中澤は当時を振り返り、自身のことを「ものすごい、人じゃなかった。魂すべてが鬼」と反省した。

そんなモーニング娘。で過ごして来た辻は「当時は正直、ちょっとウルサイなと思ったりもしましたけど」と口を滑らせる。そして、中居が入所当時ウザいと思ったメンバーは誰かと尋ねると、辻は「嫌いとかそういうんじゃないんですよ」と言いながらも、中澤を指し示した。

AKB48などの今のアイドルグループの話題になり、中居がどう思っているのかを聞くと、矢口は「私たちの方が、ラッキーだと思いますね。映る機会があるんで」と自身の考えを述べる。その理由について「AKBって、総選挙で選ばれた何人かがピックアップされて、結構テレビにガッとなるじゃないですか」と言い、「後ろの人たちは苦労していると思いますね」と説明した。

次回の放送では「舞台で活躍する人SP」の模様をオンエア予定だ。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMzAxLTAwMDEwMDE2LXJlYWxzb3VuZC1tdXNp
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/3/1 13:28

なんだかんだ一番好きだった頃のモー娘。

2 :名無しのさはら|2018/3/1 13:34

中澤のルールは置いといて、まぁ現行メンバーはどうだか知らんが

往時は全体的にギスギスした感じが強いグループではあったよな。

番組企画としてそういうバチバチを盛り上げに使った感じだから、

そらそうだろってとこなのかもだが。

3 :名無しのさはら|2018/3/1 13:36

ゴマキの1人だけ輝いてる特別感さ、加護ちゃん辻ちゃんの愛嬌と可愛さ位しか記憶にない。

他の人達の、名前は覚えてるけど存在感は覚えてない。

4 :名無しのさはら|2018/3/1 13:38

当時からただの一般人的なおばちゃんw

5 :名無しのさはら|2018/3/1 13:43

中澤は嫌いじゃなかったけどね

6 :名無しのさはら|2018/3/1 13:51

中澤裕子のおかげでモーニング娘のギスギス感すごいね。今だ先輩面してるし

7 :名無しのさはら|2018/3/1 13:51

本当のアイドルはセンターではなくても、輝いてるものだ。

今の秋元は違う戦略取ってた。

乃木坂の生駒ちゃんなんか、思わず探してしまうもんね。それが本物。まぁ、彼女も卒業してしまうけどね。

8 :名無しのさはら|2018/3/1 13:51

別にいいと思います。

最初からこんな空気出してましたものね。

9 :名無しのさはら|2018/3/1 13:54

今も変わってないけど

根が腐ってるからな中澤は

子供をまとめ上げる為に中澤入れたけど

女王にしただけ

まだ石黒の方が良かったんじゃないか?

10 :名無しのさはら|2018/3/1 13:54

トランプ就任直後だったら、米の余波を

もろに受ける事になる、鬼話。

11 :名無しのさはら|2018/3/1 13:55

男問題でクビになったのに何故か平気でOGヅラして一緒にいる矢口なんてのがいるのもアイドル業界初ですかね。結婚後でさえ違う男連れ込んでたなんてもはや病気だと思うけど。

12 :名無しのさはら|2018/3/1 13:56

中澤は番長丸出しの

面構えやな

いかにも姉御って感じ

13 :名無しのさはら|2018/3/1 13:59

いっばい番組に貢献してたよね。

うたばんは最高だった。

ウリナリのパロディは面白かった。

う~んほどみっ!

14 :名無しのさはら|2018/3/1 14:01

鬼っていうか、、、めんどくさい人の一言じゃないかな

人気者で威張らない→ありがたい

人気者で威張る→仕方ない

人気者じゃなくて威張る→めんどくさい

人気者じゃなくて威張らない→空気、潤滑油

15 :名無しのさはら|2018/3/1 14:01

つんくの愛人だったと思っている

16 :名無しのさはら|2018/3/1 14:19

まぁ仲が悪い雰囲気出てたから今聞いても違和感はないな

ただ歌やら衣装やら踊りとかのクオリティは高かったよね

アイドル好きじゃないけど昔のPV見ても凄いなと思う

17 :名無しのさはら|2018/3/1 14:19

深夜なのに大爆笑して見てました。(*≧∀≦*)

楽しかったですよ。(*^^*)

山ちゃんも普通に一緒になって楽しんじゃ駄目O(≧∇≦)O

18 :名無しのさはら|2018/3/1 14:19

悲惨なのは平家みちよだよねww

落選組がグループでスポットが

当たったから、オーディションで

合格したのに全く売れなかったね。

19 :名無しのさはら|2018/3/1 14:20

やっぱり保田圭ちゃんの結婚式のやり取りで、中澤の性格の悪さを再確認した。

20 :名無しのさはら|2018/3/1 14:35

新メンバーに説教してる映像見たことがある。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング