【追悼】現場を愛し、人々に愛された名優・大杉漣さんの早すぎるエンドロール さはらチャンネル

【追悼】現場を愛し、人々に愛された名優・大杉漣さんの早すぎるエンドロール

telmin

   

img

映画やテレビドラマに欠かせない名バイプレイヤーの大杉漣さんが急逝した。気取らない性格で、共演者、スタッフ、そして多くのファンに愛された66年の生涯だった。スクリーンやテレビ画面に当たり前のように佇んできた個性派俳優を失った喪失感は、容易には埋めようがない。

クライマックスを前にして、唐突にエンディングロールが流れ始めたような不条理さを感じずにはいられない。66歳という、俳優としてこれからが楽しみな年齢だった。現在、テレビ東京系で放映中の人気ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」のその日の撮影を終え、共演者たちとの晩飯を済ませた後、大杉さんは宿泊先のホテルで腹痛を訴え、タクシーで病院に搬送された。遠藤憲一、光石研、松重豊ら共演者たちに見守られての最期だった。持病もなく、その日も元気に撮影現場で過ごしていただけに、突然の悲報に誰もが言葉を失った。

2月24日に放送された「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)では、大杉さんを追悼するVTRが流れ、『ソナチネ』(93年)を皮切りに10本の映画に大杉さんを起用した北野武監督は「漣さんが死んだとマネージャーから言われても、すぐには分からなかった」と涙をぬぐいながら心境を語った。大杉さんが『ソナチネ』をきっかけに映画俳優としてブレイクし、昨年公開された『アウトレイジ 最終章』が大杉さんにとって最後の北野映画となったことから、「すごく変な言い方だけど、俺が生かして、俺が殺したような妙な気がする」とまだ整理のつかない心情を吐露している。

大杉さんの役者人生は、「バイプレイヤーズ」でのみんなから慕われるリーダー役さながら、主演を張ることはなくとも、作品のスパイスとなり、現場のムードメーカーとして、共演者やスタッフから愛されるものだった。演じた役は自転車に乗った殺し屋、裏社会の情報屋、嫌味な週刊誌記者、仮面ライダーの宿敵など人間臭いものが多く、映画・オリジナルビデオ・テレビドラマなど400本以上の作品に出演した。

1951年、徳島県小松島市で大杉さんは生まれ育ち、明治大学在籍時に演劇雑誌に掲載されていた劇作家&演出家・太田省吾の「劇を行なうのに相応しい者は、おそらくこの世には存在しない。存在するのは、ただ生活に適さない面を持った者である」という文章に惹かれ、太田が主宰する劇団「転形劇場」の一員となる。大学は中退し、74年の入団から88年の解散まで同劇団を支え続けた。

20~30代の長くを過ごした劇団という居場所を失った大杉さんは、新しい居場所を撮影現場に求めた。高橋伴明監督、黒沢清監督、三池崇史監督らのオリジナルビデオ作品に出演するようになる。オリジナルビデオ作品はどれもハードなスケジュールだったが、家族を養うという経済的理由に加え、役者としての自分を必要としてくれる現場があることがうれしかった。「バイプレイヤーズ」で共演することになる田口トモロヲや遠藤憲一たちとは、オリジナルビデオ時代に苦労を共にした仲だった。

俳優としての転機が訪れたのは40歳のとき。オリジナルビデオの世界で食べてはいけるようになったが、ヤクザの組長か若頭を演じることがほとんどのこの生活がいつまで続くかは分からない。役者としてモノにならないようなら、故郷の徳島に家族を連れて帰ろうと胸に決め、初めて映画のオーディションを受けた。それが北野監督の『ソナチネ』だった。オーディション会場に1時間遅刻するという大失態をおかしながらも、舞台やオリジナルビデオの世界で叩き上げてきた風貌は、わずか2秒の面談にもかかわらず北野監督の脳裏に強い印象を与えた。

暴力団同士の激しい抗争を描いた『ソナチネ』の中で、ビートたけし、寺島進、勝村政信、渡辺哲らやさぐれた大人たちと一緒に童心に帰って海辺で遊ぶシーンは、とても美しく、そして切ない。生と死のギリギリの狭間を綱渡りする劇中の主人公たちと、役者人生を続けるかどうかの瀬戸際に立っていた大杉さんの心情はシンクロするものがあった。『ソナチネ』は興行的には奮わなかったものの、大杉さんの作り込まない演技は高く評価され、北野監督の代表作『HANA-BI』(98年)でブルーリボン賞助演男優賞に選ばれるなど、売れっ子俳優となり、多忙な日々を過ごすようになる。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMjI3LTAwMDEwMDAxLW90b2NvdG8tbW92aQ--
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/2/27 18:08

大杉漣さんのことは本当に残念だと思います。でも何でもかんでも記事にしなくていいよ。葬儀も終わったそうだし、そろそろそっと見送ってあげようよ。

2 :名無しのさはら|2018/2/27 18:10

亡くなられた直後からのヤフーニュースの多さこそが大杉漣さんの人柄、存在、偉大さ、全てを実証していると思う。

故人のご冥福をお祈りします。

3 :名無しのさはら|2018/2/27 18:43

大杉漣の漣っぽ 面白かったな 素の大杉漣さんを見れた オナラしたり(笑)

4 :名無しのさはら|2018/2/27 19:15

40でヤクザの死ぬ役のオーディションに遅れてきた大杉さん、

必死だったと思う。

一瞬で苦労してるとわかったんだろな、たけしさんは。

たけしさんてとぼけてるけどなんでもお見通しで

優しいとこありそうだから。

5 :名無しのさはら|2018/2/27 19:25

無事に葬儀が終わったのですね。

今日一日は漣さんの追悼番組を見てました。

漣さんの姿を見てると、彼女でもなんでもないのに何故か淋しくて虚しくて。。。

しばらくは心の大きな穴を埋められそうにありません。

漣さん、本当に大好きでした。

お疲れ様でした。

6 :名無しのさはら|2018/2/27 20:49

今でもショックから立ち直れない。自然と考えてるし涙が出る…漣ぽ地上波のどこかでやって欲しい。

7 :名無しのさはら|2018/2/27 20:56

何だかまだ受け入れられません。でも今日、無事に御葬儀を終えられたそうですね。身近にいらした俳優仲間の皆さんは、辛くても前を向いて立ち上がろうとしているのだから、私もいつまでもクヨクヨしていてはいけないのかなとも思っています。最期に演じられたのが御自分の名前。そして、大好きな人達に見守られて、漣さんは天国へ旅立ちました。お腹が痛くなってから、苦しかった時間が少しだったら良いなとか、ずっと闘病で役者ができない状況よりは良かったのかなって、ずっと自分に言い聞かせています。漣さん、私もいつまで生きられるか解らないけれども、自分の命を精一杯生ききって、漣さんのいる天国に行けるように頑張ります。だから、天国から私達のこと見守ってて下さいね。

今までありがとうございました。

これからも大好きです。

8 :名無しのさはら|2018/2/27 21:27

『早すぎるエンドロール』

本当に、その通りと思います。

いい雰囲気を持った良き俳優さんでした

大杉漣さんの出演した作品を

観ながら、ゆっくりと静かに

冥福を祈りたいと思います。

9 :名無しのさはら|2018/2/27 21:56

24時間俳優か。

昔のリゲインのCMを思い出したね。

10 :名無しのさはら|2018/2/27 22:25

大杉さん。

親近感持ってました。

そして、

やはり、みんなに好感を持たれてた。

人間・大杉漣。

ドラマの演者の魅力。

素敵な方でした。

とても残念です。

逝ってしまうのは、まだまだ早すぎます。

11 :名無しのさはら|2018/2/27 23:04

この俳優さんを初めて映画で観たのは宇崎竜童主演の梅川事件を扱った映画でした。

たった2分くらいのシーンでしたが、強烈なインパクトあり。

その後に北野武の映画で観て、出て来たなと思いました。

演技の上手いとか下手ではなくて真面目なんですよ、丁寧な演技と人柄を感じる俳優さんでしたね。

12 :名無しのさはら|2018/2/27 23:44

大杉漣さん急逝のニュースの驚きはとても大きくて、『バイプレイヤーズ』が真っ先に頭に浮かび、腹痛で病院まで松重さんが付き添って、と知って、ドラマさながらの「早すぎるエンドロール」に涙がとまりませんでした。始まった『バイプレイヤーズ』初回で、ブランコに乗ってゴンドラの唄を口ずさむ漣さんを見て、70歳、80歳の大杉漣さんの演技がすごく楽しみだな〜と思ったところでした。ほんとに残念です。愛されるやさしい人。これだけでも最高なのに、多くの人物を演じて情熱を忘れなかった役者・大杉漣さん。しばらく漣さんの映像ばかり追ってしまいそうです。

13 :名無しのさはら|2018/2/28 0:20

一昨年の仮面ライダー1号の映画でみた、地獄大使の役が好きでした。

本当にご冥福をお祈りします。

14 :名無しのさはら|2018/2/28 1:38

変な言い方ですけど、

とても、とても、良い記事だなぁと思いました。

変に感情的にも感傷的にもなる事なく、淡々と正確に誠意を持った記事でした。

私など、ファンですと言うのも気がひけるくらいの「ただの一視聴者」ですが、それでもとても悲しい思いがしています。

お亡くなりになった日の「バイプレイヤーズ」も翌日の「ゴチ」もまだ観れていません。

15 :名無しのさはら|2018/2/28 1:49

地元の学生達に出演を依頼された時、あえて出演料を要求して。公開した後に、その出演料は、チケット代だったか寄付だったかにして、全額返したそうで。それは、映画にしろ何にしろ、何かを作るにはお金がかかること、そしてそのお金を作ることの難しさを教えるためだったとか。なんか粋というか、カッコ良すぎで。お洒落で、お茶目で、凄んだ顔は怖いけど、笑った顔は優しくて。主張してないのに存在感のある演技。漣さんの姿が見れるなら再放送も嬉しいはずなんだけど、やっぱり、なんか、辛いよね。もう見れないと思うと、さみしいね。

16 :名無しのさはら|2018/2/28 2:49

私はまだまだ漣さんが亡くなったこと、

全然信じられないし、受け入れられません。

漣さん、本当に大好きな俳優さんでした。

自分のお父さんよりも10歳年上だけど、

とっても理想の人でした。

天国でも元気に楽しく笑っていてくれてるといいな。

これからもずっとずっと、大好きです。

お疲れ様でした。

17 :名無しのさはら|2018/2/28 12:12

このエンドロールは、

しばらく終らないだろうなぁ。

終ってからも、

とってつけた様な無粋な拍手なんぞより、

静かに余韻を抱え込んでいたい。

さて、

我家のDVDラックにも、

一体レン・オオスギは何人いるのやら……。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング