“ゆで原画”第10回! 『キン肉マン』最新62巻が3月2日発売、その前に両先生が選んだ61巻のベストシーンをチェック! さはらチャンネル

“ゆで原画”第10回! 『キン肉マン』最新62巻が3月2日発売、その前に両先生が選んだ61巻のベストシーンをチェック!

telmin

   

img

「週プレNEWS」連載中(毎週月曜更新)の漫画『キン肉マン』(ゆでたまご作)のジャンプコミックス(以下、JC)各巻の中から、ゆでたまご先生ご自身にお気に入りの原画を選んでご紹介いただくシリーズ企画“ゆで原画”第10回。

【画像】作画担当・中井義則先生が選んだ1枚!

完璧超人始祖(パーフェクト・オリジン)編後の世界を描く現在連載中の新シリーズ、その2巻目となる最新JC62巻がまもなく3月2日(金)発売!

その最新刊を読む前に…おさらいを兼ねて作者・ゆでたまごの両先生に前巻JC61巻から思い入れの深い原画1枚をそれぞれ選定してもらい、理由も語ってもらった。

***

まずは原作シナリオ担当・嶋田隆司先生に選んでいただいたのがこの1枚(JC61巻/64ページより)。

正義・悪魔・完璧(パーフェクト)の各超人軍による三つ巴大戦も終結し、ようやく静けさを取り戻した地球。だがその平穏をあざ笑うかのように、悪の権化・大魔王サタンの放った6人の刺客たちが空から降ってきた!

その中のリーダーと思しき男がベールを脱ぎ棄て露(あら)わにした姿はなんと…かつてのキン肉星王位争奪戦でフェニックス・チームに所属していた強豪ジ・オメガマンと瓜ふたつ!? 男の名はオメガマン・アリステラ。あのジ・オメガマンと同じく宇宙の彼方、オメガ・ケンタウルス星団からやってきた、双子の兄であった!

●嶋田隆司先生(ゆでたまご・原作担当)コメント

「悪魔将軍と武道の闘いが終わって、いよいよ新しいシリーズに入るということで、読者のにみんなからも今度はどんな敵がやってくるのか期待されていたところですから。どんな度肝を抜くような仕掛けを持っていこうかと。いろいろ悩んで、辿(たど)り着いたのがここだったので、やはり僕らにとってもこの1ページは勝負の1枚ということで思い入れは深いですね。

しかも、彼がオメガマンの双子の兄だというのはこの翌週に明かすんですけど、この時点ではまだみんなあの王位争奪編の時のジ・オメガマンだと思うでしょうから、それもどういう反応がくるかなということで楽しみにしてました。

過去に初登場させた時からオメガマンのデザインはなかなかいいと僕ら自身も思ってたんですよ。でも反省点としてそのポテンシャルを活かしきれなかったと思ってるところがあって、その一番は変身超人にしてしまったことだったんです。せっかく元がいいデザインなのに、変身させてしまってはその良さが消えてしまう。もっと正統派の闘いをさせたほうが映えたんじゃないかな…というのはずっと思ってたんです。

だから、今回はそのリベンジも兼ねて、同じジ・オメガマンではなく別人の“双子の兄”として復活させてみようと思いました。それに中井君が今の力で彼のそういう闘いぶりを描いたらどんな試合が見られるのか、というのも僕自身、楽しみにしているんです。彼がこの先、どんな闘いを見せていくのか、是非期待してもらいたいですね!」

そしてもう1枚、作画担当・中井義則先生に選んでいただいたシーンがこちら(JC61巻/100ページより)。

地球に急襲をかけてきたオメガマン・アリステラを筆頭とする謎の集団“オメガ・ケンタウリの六鎗客(ろくそうかく)”に対し、地球を守る正義超人軍はテリーマン、ラーメンマンなどといった主力メンバーがほぼ不在。唯一、彼らと闘えそうなのは既に引退したウルフマンのみという絶望的な状況にあった。

しかし、その危機に予想外の4人の助っ人が駆けつける! 最初に姿を見せたのはこの男、かつての超人オリンピック出場時から大きく身体をビルドアップさせてきたスリランカ代表の正義超人・ティーパックマンであった!?

●中井義則先生(ゆでたまご・作画担当)コメント

「以前からティーパックマンの本気の闘いを改めて描いてみたいというのは切望していたところがあって、それがようやく叶ったわけですけど(笑)、その最初の登場シーンということで、特に気合いを込めて描いた1枚です。思い切ってビルドアップ大変身させたのは、読者を驚かせたかったというのもありますけど、もうひとつ大きいのはこの頭のティーカップとのバランスですね。

昔は半分、ギャグ超人みたいな扱いで線の細い描き方をしてまして、あれはあれで絵として成立してたと思うんです。でも今回の新たな闘いでは、肉体を駆使しての格闘も様々に見せていきたかった。そうなるとあの線の細さでは厳しくて、少しビルドアップさせたいということになるんですけど。

難しかったのはその調整で、中途半端なビルドアップだと頭が大きすぎてギャグなのかなんなのか、どっちつかずに陥(おちい)ってしまうんですよね。やるんなら思い切ってもうここまで振り切って、別人に見えるくらいにまで進化させる必要がありました。

それに伴って目つきもさらに凛々(りり)しく。あとは地味に頭のカップの取っ手の位置も、技の受け方などに影響してくるので少し角度をずらしました。驚かれた方もたくさんいらっしゃったかもしれませんが、僕としてはいいところに着地できたかなと思っています。楽しみながら描けましたね(笑)」

* * *

この後、闘いは大魔王サタンの放ったオメガ・ケンタウリの六鎗客と、主力を欠きつつもそれに必死で応戦する正義超人雑草軍団による5対5の同時団体対抗戦という展開へ!

3月2日(金)発売の最新JC『キン肉マン』62巻では、最初に動きのあったティーパックマン戦の決着から始まり、カナディアンマン、ベンキマンの大奮闘までを完全収録! 詳細は本サイトにて!(一部試し読みあり)

2018年3月2日(金)キン肉マン第62巻発売!

★次回、“ゆで原画”第11回はJC『キン肉マン』63巻(2017年6月4日発売予定)の直前、5月末に配信予定!

(取材・文/山下貴弘 ©ゆでたまご・集英社)

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMjI1LTAwMTAwMTU3LXBsYXlib3l6LWVudA--
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/2/25 15:34

外伝で

便器マン

の新作をお願いしますっ!

m(_ _)m

2 :名無しのさはら|2018/2/25 15:43

熱いバトルで、善戦はしてるけど、相手が強いのか、結果が あれなんだよな。ウルフマンには 勝ってほしいけどな…

3 :名無しのさはら|2018/2/25 15:46

アタル兄さんの登場は確定してるからオメガ兄の兄貴対決になるのかな?

タッグマッチでアタルスグルの真マッスルブラザーズと真マッスルドッキングも見てみたいところ。

4 :名無しのさはら|2018/2/25 15:55

それより、フェニックスはどうした。

5 :名無しのさはら|2018/2/25 16:36

カレクックを復活して欲しい 最後の力を振り絞ってマリキータマンに立ち向かって戦ったカレクックの勇姿に感動した

6 :名無しのさはら|2018/2/25 16:44

バッファローマンとウオーズマンは新シリーズで大分盛り返して来たけどアシュラマンの弱体化が残念だ

7 :名無しのさはら|2018/2/25 16:57

ウルフマンには勝ってほしいです。

8 :名無しのさはら|2018/2/25 17:00

フォフォフォフォフォフォ

オメガカタストロフドロップ

9 :名無しのさはら|2018/2/25 17:39

漫画版のオメガマンは瞳があったり、フェニックスに頼りきりだったりで情けない所が多かった印象。

アニメ版のオメガマンはフェニックスと対等な関係で、瞳も無く恐ろしい赤目のマスクをしていた。こっちのが好きだったな。

オメガマン(弟)出てこないかなぁ。

10 :名無しのさはら|2018/2/25 18:01

サタン絡みでまた悪魔将軍は登場するのかな?

11 :名無しのさはら|2018/2/25 18:45

見直したぜ!カナディアンマン!

負けはしたけれども、勝ちに等しい

インパクトは十分残したと思う!

12 :名無しのさはら|2018/2/25 21:36

ロビンがこのシリーズで出るのを多少期待してるかな

砂丘に埋まってるけどハッキリ死んだ描写ないから出てほしいな

13 :名無しのさはら|2018/2/25 23:06

指にされたサンシャインとの対決キボンヌ

14 :名無しのさはら|2018/2/26 6:29

あのカナディアンマンに泣かされるとは思わんかった。

5本槍の試合ベストバウトあげるなら、他の四人に申し訳ないがカナディアンマンを真っ先にあげるわ。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング