ツェッペリンやストーンズが愛したNYのアパート ジミー・ペイジのこだわりとは?〈dot.〉 さはらチャンネル

ツェッペリンやストーンズが愛したNYのアパート ジミー・ペイジのこだわりとは?〈dot.〉

telmin

   

img

まずはこの、2009年の春に僕が撮影した写真をご覧いただきたい(記録用に持って行った当時としては最新のパナソニック製コンパクト・デジタル・カメラを使用。もちろんスマートフォンなどで撮ったものではありません)。ロック・ファンというか、ロックに関心のある方なら、すぐにおわかりだろう。そう、あのアルバム。今から43年のちょうど今ごろ、1975年2月24日に発表されたレッド・ツェッペリンの通算6作目『フィジカル・グラフィティ』の凝りに凝ったジャケットによって広くその存在を知られるようになった、ニューヨークのあの建物である。

などといきなり偉そうに書いてしまったが、この件に関しては、ちょっと恥ずかしい思い出が…。

1988年の夏、仕事で1週間近くニューヨークに滞在したことがあり、オフの時間は、一人で主にグリニッジヴィレッジ周辺を歩き回った。ある日、無名時代のジミ・ヘンドリックスが活動拠点の一つとしていたクラブ、カフェ・ホワ?を訪ねて感慨にふけったあと、何気なく周囲を見回すと、この写真と同じような集合住宅がいくつか建っていた。正直にいうと当時はまだツェッペリンの音楽に積極的には興味を持てずにいたのだが(恐るべきオクテ)、まあそれでも当然のことながら、「あ、あのアルバムの」となったわけである。しかし、それは何棟かある同タイプの住宅(正確には、Tenement。間違ってもマンションとは呼ばないでください)の一部だったわけであり、「あの建物」ではない。たしか、写真も撮ってきて一人悦に入っていたら、よく見ると、外階段の向きが逆だったりして、恥ずかしい間違いに気づいたのだった。

それから何年かして、ようやく「本物」が建つ場所を知り、ようやくきちんとした写真を撮ることができたという次第。ちなみに住所は、セント・マークス・プレイスの96と98。ファースト・アヴェニューとアヴェニューAの間にある。以前、ジミ・ヘンドリックスをテーマにした回でも書いたが、エレクトリック・レディ・スタジオを出て、8thストリートを南東に向かってしばらく歩くと、その道がセント・マークス・プレイスと名を変え、右手にツェッペリンのメンバーやスタッフたちを惹きつけた建物が見えてくる。住所からもわかるように、実際には、2つのテネメントが合体したものということのようだ。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMjI1LTAwMDAwMDA2LXNhc2FoaS1tdXNp
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/2/25 16:18

ライターの自己満記事なのか、これは。

2 :名無しのさはら|2018/2/25 16:21

行った事ある。4階建てだと思ったら、5階建てにビックリw

アルバムは言わずもがな、大傑作中の大傑作

3 :名無しのさはら|2018/2/25 16:26

あらまぁ、懐かしい。

この記事の意図はよくわからんけど・・・。

4 :名無しのさはら|2018/2/25 16:55

ZEPの名盤。窓が開くアルバムジャケット。

中坊の頃からウチでレコード聴くときは大音量で聴きます。

初期、中期、後期と順番に聴くとZEPの凄さがわかります。

一度NYに行って見たいもんですね。

5 :名無しのさはら|2018/2/25 17:10

フィジカル・グラフィティは最高のアルバム。

レコードを手放したのをホントに後悔してます。

最近またオーディオを買ってレコードを聴こうかと思います。

ZEPは全アルバムそろえますww

6 :名無しのさはら|2018/2/25 18:09

近ごろはローワーマンハッタンも安全な場所になったね。アベニューAも20ねんまえとは変わった。別な言い方をすれば退屈な場所になった。

7 :名無しのさはら|2018/2/25 18:12

フィジカルグラフティーが1番好きんだけど、SHM再発のツェッペリンのBOX買ったらフィジカルグラフティーだけ何故かディスクが割れてて、レシート捨てちゃってたから結局そのまま保管してる笑

8 :名無しのさはら|2018/2/25 18:32

アルバムジャケットも楽しみだった。ツェッペリンよりストーンズ派。最近はラジオを聴かなくなったなあ。

9 :名無しのさはら|2018/2/25 18:48

AERAが何故

10 :名無しのさはら|2018/2/25 19:29

こういう音楽ファン昔はオシャレだったが

いまではすっかりオタクやマニア枠

11 :名無しのさはら|2018/2/26 7:28

フィジカルグラフィティも刺青の男も大好きなアルバムだが、

このライターの自分語りはクソどーでもいい。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング