大杉漣と北野武、その幸せな「2、3秒」の出会いについて さはらチャンネル

大杉漣と北野武、その幸せな「2、3秒」の出会いについて

telmin

   

img

人生の「転機」は突然訪れる。舞台出身の俳優・大杉漣さんにとってそれはほんの僅かな時間だったが、振り返ってみれば、そうなることはあらかじめ定められていたかのようにも思える。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が述懐する。* * *

大杉漣さんが66歳という若さで急逝し、メディアはこのニュースで一色となりました。中でも、繰り返し語られたのが大杉さんの「転機」について。大学を中退し、アングラ劇団・転形劇場の役者として奮闘していた若き日の大杉さん。その劇団も解散してしまい、初めて映画のオーディションを受け、運命が大転換したという伝説のエピソードです。その映画は北野武監督の『ソナチネ』(1993年公開)。やくざ役のオーディションに初参加した大杉さん。「約1時間遅刻し、既に片付けが始まっていた会場で、スタッフと雑談する北野監督の元に歩み寄ったが、北野監督は2、3秒見ただけで「もう帰っていいですよ」との対応」(「スポニチアネックス」2018年2月22日)をしたそうです。大杉さんはあまりの時間の短さに、「受かるわけない」と思っていたとか。しかし数日後、「大杉さんでいきますから」と言われびっくりした、とインタビューで繰り返し語っていました。ご本人も驚いた、選ばれ方。その後みんなが知る大人気俳優となったのですから、たしかに「大転機」と言っていいのでしょう。でもなぜ、たった一瞬で北野監督は大杉さんを選んだのか?言葉によるやりとりも、挨拶さえも交わしていなかったと大杉さんは振り返っていましたが、ではいったい何が、「判断材料」となったのでしょうか?「2、3秒」という点に、深い意味があると私は思います。たった2、3秒、見ただけで判断できるものとは?それは、人のたたずまい。大杉さんのたたずまいは、凜としてムダなものが削がれ、まるでギリシャ彫刻のよう。みだりに感情を出さず安易に体も動かさない。横顔には緊張感が漂っている。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMjI0LTAwMDAwMDE0LXBzZXZlbi1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/2/24 16:28

大杉蓮さん大大大好きな役者さんでした。日本映画界はまた一つの大きな星を失いました。

早すぎます。まだまだご活躍してほしかった。

2 :名無しのさはら|2018/2/24 16:40

北野監督は大杉さんの出た日活ロマンポルノを観ていてそれで気に入って指名したと思います。北野監督自身も最初はストリップ劇場で幕間にコントをやっていた人なのでロマンポルノに出ていた大杉さんに共感を覚えたのだと思います。

3 :名無しのさはら|2018/2/24 16:43

大杉さん本人も理由がわからないと語っていた真相を、北野監督から言質をとったのかと思ったら「私はこう思う」話だった

読んで損した

ガッカリした

4 :名無しのさはら|2018/2/24 16:48

ソナチネ出演前の大杉漣さんに関する記事は初めて見たな。

特殊な鍛錬だ。

5 :名無しのさはら|2018/2/24 16:50

ソナチネを観れば、台詞や演技よりその佇まいを監督は重要視したのがわかる。 たけしの演技自体もそうだがあの作品の役者達、皆がそれを体現してる。

6 :名無しのさはら|2018/2/24 17:06

浅草芸人として地を這いながら磨き上げてきた野性的な勘が、大杉さんの持つ美を一瞬にして察知した、幸せな出会い。それが、「2、3秒」に起こったことの意味でしょう。

なるほど。

7 :名無しのさはら|2018/2/24 17:13

感性の塊からすると人を見抜くのにかける時間は2、3秒で十分なんですね

8 :名無しのさはら|2018/2/24 17:28

そうなんだろうけど、多分たけしさんはまともには公にそのことについては話さないかもなぁ。ギャグでオブラートに包むとかで。そんな人だと思う。フォローはすると思うけど。

今日、どう出るやら…

9 :名無しのさはら|2018/2/24 17:58

こんなこうだからこうだじゃなく、北野監督のインスピレーションとまさに合致したんだろうね。そこは理屈じゃない気がするよ。

10 :名無しのさはら|2018/2/24 18:57

転形劇場が気になりました!

11 :名無しのさはら|2018/2/24 21:00

天才の邂逅

12 :名無しのさはら|2018/2/24 21:29

たけしは新宿のアングラ文化を通過してるから、たぶん転形劇場のことも知ってたんだと思う。

プロフィール見て事前に目をつけてて、会って「おっ」て思ったことも考えられる。

13 :名無しのさはら|2018/2/24 23:34

大杉さんと言うよりかは改めて、北野武と言う人物の凄さを思い知った。

14 :名無しのさはら|2018/2/24 23:50

劇団時代見てみたかったな。苦労人なんだね。

大杉漣氏に対する愛ある良い記事でした。

15 :名無しのさはら|2018/2/25 0:41

人との出会いや転機ってのは、有るんだねーーーー。

16 :名無しのさはら|2018/2/25 5:26

文章から若い大杉さんの肉体美が見えるようだ…

転形劇場のこと初めて詳しく知りました。

独特で実験的なことをされてたんですね。

大杉さんの演技はシンプルで余計なことをしない印象だけど、そこに元があったとは。

映像があれば見てみたいです。

17 :名無しのさはら|2018/2/25 5:56

たけしの天才ぶりが際立つエピソードだな。

18 :名無しのさはら|2018/2/25 9:14

昨日武さんが話されてるのを見ました。

俺が生かして殺したようなもん、と。

「縁」なんでさすよね。

大杉さん、武さんに感謝されていると思います。

合掌。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング