芳根京子らの恋愛描写が見事! 『海月姫』第6話を支えた新鋭演出家の正体は? さはらチャンネル

芳根京子らの恋愛描写が見事! 『海月姫』第6話を支えた新鋭演出家の正体は?

telmin

   

img

天水館を救うために鯉淵蔵之介(瀬戸康史)が企画したファッションショーの後、突然蔵之介からキスされたことに狼狽しつづける倉下月海(芳根京子)の姿からはじまった、2月19日放送のフジテレビ系列月9ドラマ『海月姫』第6話。折り返し地点を迎えて、後半戦に突入した今回のエピソードは序盤から何かいつもとは違う、ただならぬ雰囲気が漂っていたと感じる。

『海月姫』第6話を振り返る【場面写真】

その狼狽しながら起きたことを整理する月海の動きに、回想シーンで登場する蔵之介の弟・修(工藤阿須加)の幼少期を演じる子役から漂う“北大路欣也”っぽいオーラ、そして月海のイメージの中に登場する女装姿の修。極め付けは第5話で登場した安達祐実演じるノムさんを超える強烈キャラ、ニーシャ(江口のりこ)の存在感というかシュールさ。

このドラマのメイン演出は『リーガル・ハイ』シリーズや昨年公開された映画『ミックス。』などで知られる石川淳一が務めているのだが、回によって演出家が変わるテレビドラマの例に従い、今回の演出を務めたのは紙谷楓。昨年秋に放送された『世にも奇妙な物語 '17秋の特別編』の中でひときわ異質な笑いを作り出した短編『女子力』などを手掛けた新鋭なのだ。

前半戦と変わらぬ個性的なキャラクターたちを巧くさばきながら(特に要潤の使い方がまた巧い)、テンポ感が途切れない編集でキレのある笑いを生み出していく。また、ファミレスのテーブルの下に月海と修が隠れる場面での、修から放たれる後光と、それを受けて眩しそうにする月海。そのあとの天水館で稲荷翔子(泉里香)からの電話を受けたときの月海を照らす、水の中のような揺らめいた照明も冴え渡る。

それと同時にようやく進み始めた月海をめぐる蔵之介と修との三角関係の描き方も卓越していて、キスに狼狽していた月海は蔵之介の「キスは挨拶」という言葉で瞬く間に気にしなくなる一方で、蔵之介と修の兄弟が月海に向ける想いはすべて“視線”だけで表現されていく。そして今回の終盤での修からの告白。恋愛描写の描き方だけを抽出すれば、この第6話だけでひとつの作品として仕上がっていると言ってもいいくらいだ。

そんな見事な演出の中で、月海を演じる芳根京子の持つ良さも第1話に匹敵するほどの輝きを放つ。前述したキスの一件の整理している所作であったり、オープニングタイトル前の天水館を出たところの表情。“尼~ず”の面々が縫製作業に嫌気がさしてきた中で、ひとり黙々と作業を続ける熱心な姿。

そしてクラゲのデッサンに夢中になりながら、食事の用意ができたことを告げにくる“ばんばさん”(松井玲奈)と“まやや”(内田理央)に「大丈夫です」と断りをいれる台詞の、なんとも言えない“心ここに在らず”感。月9ドラマらしいスタンダードな恋愛描写と本作の要であるコメディー描写に加え、“尼~ず”の結束を揺るがす深刻なシーンさえも一定のトーンのまま演じられるだけの才能の豊かさを、改めて実感させられた。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMjIwLTAwMDEwMDE3LXJlYWxzb3VuZC1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/2/20 12:55

こういう視聴率だけではない内容に迫った記事は賞賛に値する。

2 :名無しのさはら|2018/2/20 13:16

最後の最後まで手を抜かない演出!

まるでホラー映画のような稲荷顔!

3 :名無しのさはら|2018/2/20 13:23

コメディが大好きな私にとって、『逃げ恥』以来の面白さです。

配信をリピートして観ています。

何度観てもおもしろい!

来週にはもうカイが登場!

原作と鯉淵兄弟の役所を反対にし、年齢も1歳違いにした狙いにちょっと興味もありますね。

4 :名無しのさはら|2018/2/20 13:31

毎週楽しみ!!どんどん面白くなってる!!

5 :名無しのさはら|2018/2/20 13:31

1番再放送が力になると思うんですが。

テレビ朝日は、飽きるくらい昼間再放送していますよ。

ネットに力入れてもねʅ(◞‿◟)ʃ考え方からしてダメだね。

6 :名無しのさはら|2018/2/20 15:25

各々のキャラ設定を其々の役者が

見事なまでに演じきっていて面白い。

他のドラマの中途半端な演出や脚本に比べたらダントツだと思います。

7 :名無しのさはら|2018/2/20 15:28

ドラマを観て初めて、誰かに恋をする瞬間の気持ちを味わいました。

8 :名無しのさはら|2018/2/20 16:35

フジじゃなくてテレ朝とかにすれば今後も動画や再放送で愛される作品になると思う。

9 :名無しのさはら|2018/2/20 17:23

演じている女優さん達が、始めは葛藤や気恥ずかしさもきっとあったと思いますが、回を重ねるごとに、これが地かも?と思わせるほどの振り切り方で素晴らしい。

マヤヤとバンバコンビが好きでしたが、最近の千絵子さんも侮れない。

瀬戸康史さんの女装は、どんな髪型か衣装か毎回楽しみだし、芳根京子さんの月海は、夢見る子って雰囲気が合ってる。

コメディドラマって楽しいなとしみじみ。

10 :名無しのさはら|2018/2/20 17:34

楽しく一生懸命に作っている印象感じる作品☆

最近こういう感じの楽しいドラマなかったからなぁ〜(笑)

セリフのテンポ感や役者さん皆の持ち味がすごいよ!

オモコーとかのよしねちゃん好きで見はじめたけど

『海月姫』では主役にスポット当てるよりも

むしろ周りそれぞれに光を当てて中心を描写していく感じで

より話の幅が広がるんだよなぁ!だからいろんなキャストが好きだし

こういう手法って上手いなあと思ってる☆

毎週☆クラゲを楽しみにして暮らしてるんだ(笑)☆彡

d(^_^o)

11 :名無しのさはら|2018/2/20 18:00

わかるような、わからないような言い方だけど、

表情が生きている、とか、活きている、というのだろう。

可笑しくて、ちょっぴり切なくて、また可笑しくて。

面白いです。

ミーシャじゃないよ、ニーシャだよ(笑)

12 :名無しのさはら|2018/2/20 18:23

『~合唱部』の時から思ってたけど…

芳根さんはコメディ演技がキュート過ぎる!!

13 :名無しのさはら|2018/2/20 18:43

江口のりこ、期待を裏切らないわー。男性の名バイプレイヤーが遠憲なら、女性は彼女だな。

14 :名無しのさはら|2018/2/20 21:18

個人的には要潤が一番おもしろい!

[男子~女子~そうじゃない人~]

かなりウケました(笑)

15 :名無しのさはら|2018/2/20 22:36

誰が主演だかわからない所が、面白い。 芳根さんが変にはしゃがず、騒がず、改めてオーディション荒らしと言われた、演技力を遺憾なく演じてる、とても楽しそうに見えます

16 :名無しのさはら|2018/2/21 4:27

インドのおばちゃん面白かった。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング