ご存知ですか? 2月19日はYMOが結成された日です さはらチャンネル

ご存知ですか? 2月19日はYMOが結成された日です

telmin

   

img

1980年代初め、テクノポップで世界を席巻したバンド、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)はいまから40年前のきょう、1978(昭和53)年2月19日に結成された。

この日、ミュージシャンの細野晴臣(当時30歳)は自身のアルバム『はらいそ』の1曲「ファム・ファタール」の録音で、坂本龍一(当時26歳)と高橋幸宏(当時25歳)とセッションしたあと、彼らを自宅に招いた。そこで細野がおにぎりをふるまい、こたつに入りながら、かねてより考えていたYMOの構想を話すと、2人も意気投合、グループ結成にいたる。説明にあたり細野が見せたノートには、アメリカのミュージシャン、マーティン・デニーの楽曲「ファイアークラッカー」を、シンセサイザーを用いたディスコサウンドでカバーし、そのレコードの売り上げ目標は世界で400万枚と書かれていた。

ただし、結成の時点で決まっていたことは、「ファイアークラッカー」をディスコ化するということ以外にほとんどなかった。作曲や演奏にコンピュータを使うことも、準備を進めるなかで決まった。細野によれば、1stアルバムの録音が1978年7月から正式に始まる前に、一度「ファイアークラッカー」を人力でカバーしてみたものの、思わしい出来にはならず、そこで初めてコンピュータは必需品だと気づき、再度録り直したという(細野晴臣『細野晴臣インタビュー THE ENDLESS TALKING』北中正和編、平凡社ライブラリー、田中雄二『電子音楽 in JAPAN』アスペクト)。

細野としては当初、YMOは、バンドというよりは企画性の高いプロジェクトというイメージが強かったらしい。そのため、メンバーも3人に限定するつもりはなく、1stアルバムの制作段階では、彼とレコードをつくったこともある美術家の横尾忠則を“第4のメンバー”に迎える構想もあった。記者発表には、横尾も3人と一緒にテクノカット(刈り上げにもみあげを落とした髪型)にタキシード着用で出席する予定だったが、仕事の締め切りがあって行けず、結局この話は立ち消えとなる(「ほぼ日刊イトイ新聞」2016年11月28日)。

坂本と高橋はこのころ、スタジオミュージシャンとして多忙をきわめていたが、YMOへの参加を機に、裏方から独立したミュージシャンへと転じた。グループの1stアルバム『イエロー・マジック・オーケストラ』の発売(1978年11月25日)に先立ち、高橋は『サラヴァ!』、坂本は『千のナイフ』とそれぞれ最初のソロアルバムをリリースしている。翌79年には『イエロー・マジック・オーケストラ』がリミックスのうえアメリカでも発売され、「ファイアークラッカー」はシングルカットされた。海外での評判が先行したYMOだが、このあと同年9月に、のちのヒット曲「テクノポリス」や「ライディーン」を収録した2ndアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』をリリース、これと前後して行なった米ロサンゼルス公演と欧米各地でのワールドツアーを経て、日本でもブームを巻き起こすことになる。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMjE5LTAwMDA2MjUwLWJ1bnNodW4tZW50
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/2/19 7:21

YMOも40歳か

今日はファイヤクラッカーからM16まで聴くぞう

2 :名無しのさはら|2018/2/19 7:29

そうですか、今日だったんですね。

もう40年も聴き続けていたのかと思うと、そのサウンドの未来性があったということなんでしょうね

3 :名無しのさはら|2018/2/19 7:49

結局おにぎりだったのか?焼おにぎりって説もあったりしたな。

4 :名無しのさはら|2018/2/19 7:59

1980年武道館ライブの ラストの1000のナイフは 神。

5 :名無しのさはら|2018/2/19 8:05

最初は「細野晴臣」名義だったのだけど。

6 :名無しのさはら|2018/2/19 8:06

YMOのファンですが今日結成したとは知らなかった。

僕にとっては神ですね。

こんな凄いバンドは二度と出てこないでしょう。

この時代に生きれた事に感謝です。

ありがとう

イエローマジックオーケストラ!

7 :名無しのさはら|2018/2/19 8:13

今でも普通に聴きます

時代を考えたら当時こんな音楽を作った事がエポックメイキングだったと思います

歌番組とかは「歌手」がフルバックバンドの生演奏で歌うのが当たり前でロックバンドも出ないって中でコンピューターとシンセとドラムで構築する音楽が出た事はものすごいと思います

若い人にもYMOの初期から散開までの音源を機会があれば聴いてもらいたいです

8 :名無しのさはら|2018/2/19 8:18

よく「テクノポリス」と「ライディーン」の区別がつかないヤツがいたっけ、当時は。

9 :名無しのさはら|2018/2/19 10:30

ライディーンは高橋さんが作ったにもかかわらず、オイラの周りの人達は、坂本さんが作ったと思っている。

そしてその都度、高橋さんが作ったと言っても、高橋って誰?、マニアックな話はやめてくれない?っと言われる。

どうやら世間はYMO=坂本らしい。

嘆かわしい事だ。

10 :名無しのさはら|2018/2/19 12:48

ビハインド・ザ・マスク。

マイケルジャクソン、エリッククラプトンがカバーしてます。渡辺香津美もYMOで知りました。イモおそるべし!

11 :名無しのさはら|2018/2/19 19:47

そうか、今日はYMOの誕生日だったんですね。

これから1stアルバムの「YELLOW MAGIC ORCHESTRA」の日本版(US版には収録されていない「ACROBAT」も収録)を聴きます。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング