瀬戸内寂聴「最後の長編小説」に横尾忠則も「なんとけばけばしい業の美意識よ」と嘆息 さはらチャンネル

瀬戸内寂聴「最後の長編小説」に横尾忠則も「なんとけばけばしい業の美意識よ」と嘆息

telmin

   

img

2月14日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、単行本 文芸書第1位は『おらおらでひとりいぐも』が獲得した。

第2位は『銀河鉄道の父』。第3位は『いのち』となった。

3位となった『いのち』は瀬戸内寂聴さんの「最後の長編小説」。9日放送のNHK「あさイチ」に瀬戸内さんが出演し、大きな話題に。同作のなかで瀬戸内さんは自身のこれまでの人生を振り返りつつ、親友だった2人の女流作家もとりあげ、3人それぞれの壮絶で業の深い生き様が描かれている。

画家の横尾忠則さんは『いのち』を《三人三様の女性作家の俗界の魔境の深奥で男と女の愛憎の沸騰する河底を渦巻く濁流の情念の土石流に、あゝなんとけばけばしい業の美意識よ、とかなんとか意味不明の言葉しか浮かばないもどかしさにただただ嘆息するしかない。》(朝日新聞1月28日掲載書評より)と独特の表現で評している。

出版元の講談社は「最後の長編小説」としているが、瀬戸内さんはインタビューでまだ書きたいものが「一つあるんです。家族のことを書いていないんですよ。」(朝日新聞デジタル12月8日掲載インタビュー)と執筆に意欲をみせている。1位『おらおらでひとりいぐも』若竹千佐子[著](河出書房新社)

結婚を3日後に控えた24歳の秋、東京オリンピックのファンファーレに押し出されるように、故郷を飛び出した桃子さん。身ひとつで上野駅に降り立ってから50年――住み込みのアルバイト、周造との出会いと結婚、二児の誕生と成長、そして夫の死。「この先一人でどやって暮らす。こまったぁどうすんべぇ」40年来住み慣れた都市近郊の新興住宅で、ひとり茶をすすり、ねずみの音に耳をすませるうちに、桃子さんの内から外から、声がジャズのセッションのように湧きあがる。捨てた故郷、疎遠になった息子と娘、そして亡き夫への愛。震えるような悲しみの果てに、桃子さんが辿り着いたものとは――(河出書房新社ウェブサイトより抜粋)

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMjE3LTAwNTQ3NzY1LWJvb2tiYW5nLWVudA--
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/2/17 7:49

さすが、経験者は語る。

2 :名無しのさはら|2018/2/17 8:02

夫と3歳の娘を捨て不倫し、その後も不倫しまくってた人物が、あたかも素晴らしい人間のようにメディアで扱われていることが理解できません。

3 :名無しのさはら|2018/2/17 8:11

どんなに苦手な人物でも、いいところは拾うようにしている…つもりでも、この人には嫌悪感しか抱けなくて。

生や名誉など、欲に執着していて反吐が出そう。

4 :名無しのさはら|2018/2/17 8:32

先日テレビで見ましたが、今までの経験が人相に出て来てるなと、怖くキツイ人相でした。

あのお年ならお優しく穏やかになりそうなものですが、それなりの事をされてきてるなと。

僧侶と言うだけで、私にはこの人を尊敬しようとか全く思いません。

5 :名無しのさはら|2018/2/17 8:45

人は何もかも完璧ではないと思う。

それでも私よりは善くも悪くも多くの経験をして生きてきた人。

彼女が発する言葉全てではないけど、心に残るものはいくつかある。

6 :名無しのさはら|2018/2/17 8:47

いろんな人の本を読むけど、この人の本は2~3ページ読んだだけでいいやと思いやめた。

好き好きだからいいんだけど、私は好きではない。

7 :名無しのさはら|2018/2/17 9:20

くだらん

8 :名無しのさはら|2018/2/17 9:51

夫と妻が支え合って

家事も育児も円満に皆でやって

可哀想な犬猫を助ける話なら

ヤフコメは大絶賛ですよ

9 :名無しのさはら|2018/2/17 21:12

娘を捨てたんでしたっけ

隠れて不倫

家では良妻賢母

最低なのは後者かな

10 :名無しのさはら|2018/2/18 4:50

戦前の東京女子大学卒業だからすごい

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング