宇野昌磨、羽生結弦……平昌オリンピックフィギュアスケート出場選手の演技を彩る音楽 さはらチャンネル

宇野昌磨、羽生結弦……平昌オリンピックフィギュアスケート出場選手の演技を彩る音楽

telmin

   

img

2月9日に開幕した『2018平昌オリンピック』。フリースタイル男子モーグル・原大智選手、スキージャンプ女子・高梨沙羅選手、ノルディックスキー複合個人ノーマルヒル・渡部暁斗選手が銅メダル、スピードスケート女子1500m・高木美帆選手、スノーボード・平野歩夢選手が銀メダルを獲得するなど、日本人選手の活躍も目立つ。

そんな中でも注目が集まるのが、やはりフィギュアスケートだろう。テレビ東京に出演した、団体ソチ五輪フィギュアスケート代表・町田樹によるスケーター目線の率直で明確な解説も話題だが、特に2月16日、17日にそれぞれ行われる男子ショートプログラム、男子フリーには、羽生結弦選手が右足首の怪我から復帰後初出場するとあり、大いに盛り上がりそうだ。そこで今回は、選手一人一人に寄り添って、その演技を彩る音楽に注目したい。

フィギュアスケート団体戦ショートプログラムでは、ペアの須崎海羽、木原龍一組が「Yuri on ICE」を使用。同楽曲はアニメ『ユーリ!!! on ICE』(テレビ朝日系)で主人公・勝生勇利がフリースケーティングで使用しており、勇利はこの曲に乗せて、何度もストーリーの重要なキーとなる滑りを見せてきた。柔らかいピアノの音色、徐々に盛り上がりを見せる切実なメロディは透明感があり、同時にどことなく色気も感じさせる。『ユーリ!!! on ICE』のオープニング映像を彷彿とさせる、二人のシンクロした繊細なダンスに加え、会場を大きく使った大胆な動き、ペアならではの華やかなリフト。その振りと音楽の盛り上がりはしっかりとマッチしていた。

また、五輪初演技ですでに団体戦に出場した宇野昌磨選手がショートプログラムで使用するのは、ヴィヴァルディ「冬」。ストリングスの激しいメロディに合わせ、4回転トーループ+3回転トーループや3アクセルといった難度の高い技を力強く見せていたのが印象的だった。楽曲が激しさを増すに連れ、宇野選手の演技もより勢いづいていく。終盤で見せる美しいスピンをオーケストラによる楽曲が彩っているようだ。

さらに、宇野選手はフリーでは歌劇『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」に乗せて演技を披露する。同楽曲はこれまで、荒川静香選手が『2006年トリノオリンピック』で使用するなど、様々な選手に愛されてきた。テンポはゆったりとしているが、クライマックスに向けて熱量を増す歌声が印象的だ。宇野選手は過去にも同楽曲を使ってきたが、オリンピックの舞台でどんな演技を見せてくれるのか、楽しみにしておきたい。

そして羽生選手はフリーで映画『陰陽師』の「SEIMEI」、ショートでショパンの「バラード第1番ト短調」を使用。和風な衣装も印象的な「SEIMEI」は、オーケストラやピアノによって演奏されるフィギュア定番の楽曲とは大きく異なり、和太鼓や和笛の音色が響く。2015~2016年に同楽曲に乗せ、難易度の高い技を次々と披露した羽生は、優美な表情を見せて数々の観客、視聴者を虜にした。

一方「バラード第1番ト短調」は2014~2015年にも使用していた楽曲。過去の演技では、シンプルで静かな出だしから徐々に複雑さ、深みを増していくメロディに乗せて軽々と妖精のように飛ぶ姿を見せてくれた。怪我による2カ月のブランクを経て挑む、今回のオリンピック。「やるべきことをこなしてきたし、これ以上ないことをしてきたので、何も不安要素はないです」という羽生の言葉を信じ、さらなる進化を見せてくれることを期待したい。

他にも宮原知子選手は映画『SAYURI』、歌劇『蝶々夫人』の楽曲、坂本花織選手は「月光」、映画『アメリ』の楽曲、田中刑事選手は「ザ・プロフェット」、「フェデリコ・フェリーニメドレー」をそれぞれ使用する(前曲はSP、後曲はFS)。振り付けと楽曲がどうシンクロしているのか、曲の盛り上がりと演技がどうマッチしているのかなどにも目を向け、各選手の演技を見守りたい。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMjE1LTAwMDEwMDA0LXJlYWxzb3VuZC1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/2/15 7:21

その選手の特徴もありますが、やはりクラシックが良いですね。あと映画音楽やミュージカルみたいなストーリー性のあるものがイメージ湧きやすく、よく使われる。

真央ちゃんはクラシックが似合っていたし、織田くんはコミカルな映画音楽が似合ってましたね。

2 :名無しのさはら|2018/2/15 7:30

演技時間が決まっているので仕方のないことですが、曲をここで切ってここに繋げるか?ってすごく違和感ある編曲はキライ

3 :名無しのさはら|2018/2/15 7:34

>曲の盛り上がりと演技がどうマッチしているのかなどにも目を向け、

>各選手の演技を見守りたい。

採点対象にもなるし曲選びも結構重要だと思いますね。

4 :名無しのさはら|2018/2/15 7:34

高橋大輔のブルースやマンボもよかった

5 :名無しのさはら|2018/2/15 7:35

アイスダンスも取り上げて下さい。

6 :名無しのさはら|2018/2/15 7:37

浅田真央ちゃんの「仮面舞踏会」好きでしたが、曲の使い方、切り方、繋ぎかたがバラバラで、びっくりしました。

フィギュアでは仕方ない事なんでしょうけどね(^_^;)

7 :名無しのさはら|2018/2/15 7:46

明日は有給消化が増えるんだろうなー

8 :名無しのさはら|2018/2/15 7:50

いつかのエキシビションでやった

織田信成のマリオが印象が強い

9 :名無しのさはら|2018/2/15 7:51

ダンス競技全般に言えるけど、定番曲ばっかりってのは普段そんなに観てない側としては飽きるんだよなぁ。

そんな中、記事中にもあるペアの演技で使ってた曲は新鮮さもあったし雰囲気づくりもすごくよく、印象的だった。

幅広い曲選びの研究ももっと進んでほしい。

10 :名無しのさはら|2018/2/15 7:52

選手の個性や特徴を最大限にいかすために曲選びはすごく大切だと思う。

同じ曲のアレンジでも別の選手が滑ると全く雰囲気が異なることはよくある。

選手は毎年いろいろなジャンルの曲にチャレンジするが、オリンピックでは一番評価が高く自分の気持ちが入りやすい曲に戻すこともよくある。

何より大事なのは選手が自信をもって気持ちよく演技に集中できる曲を選ぶことだ。

明日から始まる男子ショート、フリーが本当に楽しみでたまらない。

全ての選手がオリンピックという最高の舞台で素晴らしいパフォーマンスができるよう心から応援している。

11 :名無しのさはら|2018/2/15 7:54

オペラ座の怪人やレミゼなどミュージカルも多いですよね。

真央ちゃんの愛の夢もすごく合っていて良かったなあ。

12 :名無しのさはら|2018/2/15 8:17

「仮面の男」聴くと

ヤグディンが思い浮かぶ。

あのヤグディンの後に

何人か仮面の男使ってたけれど、

あれはヤグディンのためだけの曲だと

思いました。

13 :名無しのさはら|2018/2/15 8:21

シーズン毎に「フィギュアスケートミュージック2017-2018」みたいなCDが出てて、以前にも出てたのと同じ曲が入ってたりするけど、つい買ったりレンタルしてしまう。競技時間の関係でブツ切りになる曲も多いが。

ただ、全ての曲が試合で使ったのと全く同じバリエーションが必ず収録されてるとは限らない。

例えばソチシーズンのリプニツカヤのフリー「シンドラーのリスト」

試合ではジョン・ウィリアムズの版を基本に、間にポール・モーリアのバージョンを効果的に差し込んだものが使われている。これが権利の関係からかみつからない。どっかから出さないかな。

このニュースの画像にある「Oh! スケトラ!!! ユーリ!!! on ICE/オリジナル・スケートソングCOLLECTION」はアニメのサントラだが名盤。

オリジナル曲は一流の作曲家に頼んでたり、沖仁のフラメンコギターをフューチャーしてたりと凄く力が入っている。

14 :名無しのさはら|2018/2/15 8:31

コリヤダのエルビスメドレー

15 :名無しのさはら|2018/2/15 8:33

渡部暁斗選手は銀メダルではないでしょうか。

16 :名無しのさはら|2018/2/15 8:43

フィギュアスケートが特に注目を集めてるというわけではないよ、報道が多いから、そう思えるんでしょ

17 :名無しのさはら|2018/2/15 8:45

織田くんの 吉田兄弟の三味線、雷神とか座頭市が新鮮だったなあ。荒川さんのトゥーランドットも良かったが、死にそうにない一人で生きていけそうなかっこいい蝶々夫人も好きだった。斬新だったのは高橋さんのブラックスワン波ヒップホップ。そして意外に滑る人がいない安藤さんのメンデルスゾーン。反対にもう飽きてしまって見たいと思わないのはラフマニノフ。みどりちゃん、本田さん、高橋さん、村主さん、真央ちゃん。私の中では真央ちゃんのソチ演技で完結したので、もうお腹いっぱいです。

18 :名無しのさはら|2018/2/15 8:49

自分を演出する、鼓舞する為の曲ではなく、曲に溶け込む演技が好き。見てるうちに選手が曲を奏でてるかと錯覚するほどだったのは浅田真央さん。宇野選手やハビエル選手や高橋大輔さんの音の取り方も才能だと思う。

19 :名無しのさはら|2018/2/15 10:17

ジャンプが注目されがちですが、曲や衣装も採点に関わるのがフィギュアの面白いところですよね。

20 :名無しのさはら|2018/2/15 12:15

オリンピックの場だと重厚感ある選曲の選手がいいかな、と思った

団体の田中選手は本人の緊張感とは裏腹に曲と振り付けが陽気でギャップを感じてしまった

和、要素を入れている宮原選手や羽生選手の選曲はいいなと思う

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング