増える「分析型」音楽番組 若手ブレイクのきっかけに さはらチャンネル

増える「分析型」音楽番組 若手ブレイクのきっかけに

telmin

   

img

「分析型」の音楽番組が人気となっている。『関ジャム 完全燃SHOW』(以下、関ジャム/テレビ朝日系)、『バナナゼロ♪ミュージック』(NHK総合)、『バズリズム02』(日本テレビ系)といった番組で、音楽にまつわるテーマを、実演などを交えて分かりやすく解説しながら伝える。番組発のブレイクアーティストも生まれて、新たなヒットの発信源となりつつある。制作者に番組の企画意図を聞いた。

音楽趣向の細分化が進み、誰もが知る国民的ヒット曲が生まれにくくなるなか、音楽番組は冬の時代が続いている。ゴールデンタイムでは、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)のような、複数の歌手が新曲を披露する番組が減少。かつての『HEY!HEY!HEY!』(フジテレビ系)のようなトーク中心の音楽バラエティも見られなくなった。

しかし、22時以降の遅い時間帯に放送時間を移した音楽番組から新たなトレンドが生まれている。ストレートに音楽と向き合う『関ジャム』『バナナ♪ゼロミュージック』『バズリズム02』のような「分析型」番組だ。これらは、音楽初心者でも分かりやすく楽しめるように、ミュージシャンに曲作りの過程を実演させたり、ヒット曲のコード進行を考察するなど解説に力を入れている。また、音楽業界の裏側の人たちに焦点を当てた企画も多い。15年5月に始まった関ジャニ∞がホストを務める『関ジャム』は、その象徴的な番組だ。ミュージシャン、音楽プロデューサー、音響エンジニアなど音楽に携わる様々なゲストを招き、教養的な視点で音楽トークやジャムセッションを繰り広げる。番組プロデューサーの藤城剛氏は「16年1月のゲスの極み乙女。さん出演回が、現在の番組スタイルを方向づけるきっかけとなった」と言う。

その回では、彼らが即興での曲作りに挑戦。「3時間で曲を作ることもある」と語るフロントマンの川谷絵音が、「牛丼屋で1人でいる女、夜12時前、場所は渋谷センター街」というお題を受けて、曲が完成するまでの過程を披露した。川谷は歌詞をスマートフォンでわずか8分で書き上げ、約30分で1コーラス分のイントロからアレンジまでを完成させるという離れ技をやってのけた。藤城氏は、「どうしたらこの感じを伝えられるかと考え、特に会話がないシーンも含めほぼノーカットで放送しました」と明かす。

MCのバナナマンが「音楽ゼロ年生」という音楽知識ゼロの代表として、いまさら聞けない音楽の疑問や悩みをひも解くのが、16年4月スタートの『バナナ♪ゼロミュージック』。17年4月には小室哲哉がゲストで出演。実際に使用するシンセサイザー7台をスタジオに並べ、「小室サウンド」のコード進行の秘密に迫った。番組後半では、バナナマンにもシンセサイザーを担当させ、TM NETWORK時代の名曲『Get Wild』の即興セッションを行った。

15年4月にスタートした『バズリズム02』(17年10月にリニューアル。以前の番組名は『バズリズム』)は、クリエイター気質のお笑い芸人バカリズムがホストとなり、ミュージシャンの音楽性と人間性を深く掘り下げていく。17年10月にはジャズピアニスト上原ひろみと、ピアノの連弾にチャレンジ。ピアノ初心者のバカリズムが指1本で弾く童謡『チューリップ』に合わせ、横で上原がアドリブで飛び跳ねるようなジャズアレンジを施し、珠玉の1曲へと変貌させた。番組プロデューサーの前田直敬氏は、「これまで伝えきれていない、ミュージシャンの『素材の良さ』の部分をいかに引き出せるかということを常に考えています」と語る。

こうした「分析型」番組では、新人アーティストの紹介にも積極的だ。『関ジャム』では定期的にヒャダインなどの有名音楽プロデューサーたちをゲストに迎え、彼らがすごいと感じた曲をプロ目線で論理的に解説。『バズリズム02』では毎年、音楽雑誌の編集者など、シーンをよく知る人たちにブレイク必至のミュージシャンを挙げてもらい、「コレはバズるぞランキング」を発表する。音楽性の高さを保証したリコメンドは説得力が高く、番組がきっかけで人気となるミュージシャンも生まれてきている。

(ライター 中桐基善)

[日経エンタテインメント! 2018年2月号の記事を再構成]

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMjExLTAwMDAwMDA0LW5pa2tlaXN0eS1tdXNp
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/2/11 8:20

マギーのゲス不倫はなかったことになってるみたいね(^_^)

RE:2018/2/11 16:21

マギーが出てなかったら見るんだけどなあ。

RE:2018/2/11 18:49

Ken Yokoyamaは ?

2 :名無しのさはら|2018/2/11 8:24

いやマジでマギーだけは出さないで消えてほしい…本当にこいつだけなんでのうのうと普通にしてられるのかな?マジ不倫女消えてほしい

RE:2018/2/11 9:37

円楽もね

3 :名無しのさはら|2018/2/11 8:31

口パク、演奏なし音当てのクソ番組より、ちゃんと音楽に向き合っている番組の方が面白いよ。

RE:2018/2/11 10:10

分析する分演奏の部分が減ってるけどね。

RE:2018/2/11 10:10

結局ヒット曲がないからそういうところに行き着いたんだろうな。

4 :名無しのさはら|2018/2/11 8:35

「バズリズム」を、毎回楽しみにしています。

俺も「音楽全般」が大好きで、どちらかと言えば「分析して楽しむタイプ」なので。

これらの番組の、アーティストを含めた音楽性の分析も面白いのですが、昨年まで放送されていた、フジテレビの深夜番組「久保みねヒャダ」のような「こじらせた歌詞」の分析も、なかなか深くて楽しい。

フジテレビには、どうか「久保みねヒャダ」の復活を望みたい。

…マツコさんもあの番組のファンで、「ゲストとして参加したい」と、

「夜の徘徊番組」で、ヒャダインさんに直接言っていましたし。

5 :名無しのさはら|2018/2/11 8:47

歌番組からお笑いタレント排除してくんないかな。つまんない。

6 :名無しのさはら|2018/2/11 9:01

マギーの不倫の分析は?

7 :名無しのさはら|2018/2/11 9:25

ヒャダインはももクロ初期の曲の評判だけでここ4年くらい飯を食ってるな

8 :名無しのさはら|2018/2/11 9:27

関ジャム好きで観ている。バズリズム2は観るのやめた。

9 :名無しのさはら|2018/2/11 9:29

だから「岡崎体育」みたいな音楽が生まれるんだろうな

だけど

そればっか

もやだな。

10 :名無しのさはら|2018/2/11 9:29

一回につき、一つだけを掘り下げてほしい

11 :名無しのさはら|2018/2/11 9:31

MステのVTR、CDTVのくだらねえサブランキングとか流すならゲストをもっと映すべき

12 :名無しのさはら|2018/2/11 9:36

あ~、バナナの涙ね、今でもたまに口ずさんじゃうよね~。

13 :名無しのさはら|2018/2/11 9:40

トレンドではないと思うけど、見たくなったよ。ぜひ、一流の人気歌手や普段見られない作曲家を起用してらしいな。

14 :名無しのさはら|2018/2/11 9:41

「関ジャム」「バリズム」両方とも見ています。

音痴ですが、聴く方は大好きなので、

分析とか解説してくれると本当に助かります。

15 :名無しのさはら|2018/2/11 9:44

川谷って、見た目と声はいらっとするけど曲は好きかも。

裏方にまわった方がいいな。その方が女遊びもやりやすそうだし。

RE:2018/2/11 12:12

まぁ、あれ見たら、音楽かじったことある人なら誰でも尊敬するし、

悔しいけど女にもモテるのも頷けるわ

16 :名無しのさはら|2018/2/11 9:44

それよりも前に、NHKのEテレでやっていた「亀田音楽専門学校」。

こっちが「分析」の元祖に近いのでは?

この番組は、歌詞に関しては一切ノータッチだけど、

J-POPとは何か?

J-POPが、日本の歌謡曲とも演歌ともフォークとも、

洋楽のPOPSとも違う構造を持っている事を明らかにし、

その構造こそが、J-POPが日本独自のJ-POPである理由。

確か、このような切り口でJ-POPを分析・解明した

初めての音楽番組ではなかったかな?

RE:2018/2/11 10:31

そうでしたね。あの番組は素晴らしかった。毎回ワクワクしながら観ました。もちろん録画して保存しています。

RE:2018/2/11 11:38

趣味レベルだけど曲作りしてる俺には

目からウロコな番組だった。

定期的に放送されてたけど、しないのかな?

RE:2018/2/11 18:03

音楽が聞く時代から、ライブに行って楽しむかつ踊る時代が来てるからダンスミュージックが増えてる(うろ覚えですが)っていう分析はなるほどって感じだった

17 :名無しのさはら|2018/2/11 9:45

関ジャム好きだなー

ちゃんとテーマに合わせて専門の人呼んでるのが良い

18 :名無しのさはら|2018/2/11 9:45

上原ひろみの回、見たかったなぁーー!(>人<)

19 :名無しのさはら|2018/2/11 9:53

テレ東は今こそ「タモリの音楽は世界だ」を復活してほしいところですね。

関ジャムを細かく見てくと時折「今日はどこからどう見ても某学会の日だ」という回があったりするんだけど見せ方が進歩していてさほど気にせず楽しめるところが良い。

いっぽうどこかの局は一社提供の夕方の長寿番組なんかであまりに唐突すぎるキャスティングでの代役歌唱や、「異色の」といいつつ実はそちらで繋がっているだけの何も生み出さないコラボばかりやっているイメージがあって、その局が制作する大型音楽生特番まで見る気が失せるのよね。

RE:2018/2/11 10:52

「タモリ倶楽部」で 珍しい楽器の専門店を巡る回では 「音楽は世界だ」のタモさんを思い出してしまいます

20 :名無しのさはら|2018/2/11 9:55

眉毛つながり不倫すっとぼけ性悪女なんかの画像貼るなや。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング