絵本作家のぶみ氏、「あたし おかあさんだから」の批判に謝罪 さはらチャンネル

絵本作家のぶみ氏、「あたし おかあさんだから」の批判に謝罪

telmin

   

絵本作家・のぶみ氏(39)が8日、作詞した楽曲「あたし おかあさんだから」の歌詞に、母親の自己犠牲を強いていると批判が集まっていることを受け、公式ツイッターで「本当にたくさんの方をやな気分にさせたこと深くお詫びします」と謝罪した。

お母さんになった女性の心情を歌ったこの曲は、「いまはふくもごはんも ぜんぶこどもばっかり」「新幹線の名前も覚えるの」「あたしよりあなたのことばかり」「それぜんぶより おかあさんになれてよかった」という歌詞。「母親はこうでないといけないという呪いみたい」などという意見がある一方で、「のぶみさんの歌詞に感動した。こういうお母さんになりたかった」と賞賛する声もあり、賛否両論で“炎上”している。

のぶみさんは「なんでダメだったのかな 一体どこからダメだったんだ?」と疑問を呈し、「批判されると批判したくなるから あの時強く言ってしまったのか 悪かったな」と批判について反論したことを後悔した。

そして「僕としてはおかあさんだから体験できたことを歌詞にしてます それで僕もおかあさんじゃないから おかあさんたちに聞いたり おかあさんにエピソード募集して作ってます」と、歌詞が母親たちの体験談を聞いて出来上がったと説明した。

「これは、元々 ママおつかれさまの応援歌なんだ 泣いてる人もたくさんいた」とのぶみ氏。「聞いてやはりダメ、嫌いというならそれでしょうがないし、よかったと感じる人もいると思う」と心境をつづり、「手遅れかもしれないけどチャンスがあれば歌詞をもう一度おかあさんたちになにがダメだったか聞いて書き直したい! 関係者の方もう一度だけチャンスもらえたら嬉しいです」と呼びかけた。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE4MDIwOC0wMDAwMDEzNC1zcGgtZW50
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/2/8 15:51

歌詞を批判する人間の心理がよく分からない。

2 :名無しのさはら|2018/2/8 15:51

あたし作る人、ぼく食べる人

3 :名無しのさはら|2018/2/8 15:52

いちいち批判する方もする方だけど、相手にして謝罪する方もする方だよ。

嫌なら聞くなよと思う。

4 :名無しのさはら|2018/2/8 15:53

謝る必要は無かったんじゃないかなぁ。

曲を作って発表したら、共感してくれる人がいた。反感を買った人もいた。

それだけの話だと思うんだけど。

反社会的な内容とかじゃないし、なんだかとても息苦しい話。

RE:2018/2/8 18:26

マスコミは「この作詞を問題だ」と煽るけど、

それならば朝日・毎日新聞を始めとしたマスコミの「イクメン賛美」も同様に批判記事書かないと「平等」じゃないよね

RE:2018/2/8 18:53

私は腹は立たないけれど、センス悪いなとは思った。

なんか、育児ノイローゼの歌みたいで。

私、お母さんだから我慢するの

私、お母さんだから…

このお母さん大丈夫?ってのが個人の感想です。

強がって仕事してたってのも共感は出来ないけど、問題だ!とは思わない

5 :名無しのさはら|2018/2/8 15:53

男だけどこの歌詞聞いてると心がどんよりしてくる。

RE:2018/2/8 16:18

男女関係無く母親の存在がある人はそういう気分になるのかもしれません…物心つく前に亡くなってしまったとかだと別ですが

母に初めての子だからこれだけやってあげたのに!と言われた事ありますけど0歳児の事だから知らんがなって思います

6 :名無しのさはら|2018/2/8 15:53

別にいいと思うけど。

自分は不愉快とは思わないよ。

RE:2018/2/8 16:46

不愉快というか反対だけど(自分や友達の親を思い浮かべても理想の母親なんてそういない、最悪虐待しなきゃいいと思う)、クレーム付ける程の話じゃないと思う。

7 :名無しのさはら|2018/2/8 15:54

めんどくさそうな商業作家だ

RE:2018/2/8 17:50

もう、黙った方がよさそうだよ、のぶみ…

RE:2018/2/9 12:37

結局最後の一文がいいたかっただけに感じてしまう。

8 :名無しのさはら|2018/2/8 15:54

作品でしょ!?

作品が嫌なら聞かなきゃ良いだけじゃないのかな。

全員が好意的なものしか発表したらダメなのかな!?

直す必要ってあるのかな!?

RE:2018/2/8 17:33

多分、元々の絵本の内容も軽いものが多く、本質を理解せず、ただ内容の無い浅い軽いタッチの文章でうっかり人気が出たにも関わらず『世界一の絵本作家』を名乗る思い上がりが今回の『本質が解ってない』『浅い』の批判に繋がったのでは?

彼の絵本『ママがおばけになっちゃった』など、親の死をこの作家はどう捉えて、子供にどう伝えたいのか?

決して子供には読ませたくないと思いました。

そう言う視点から、私も今回『浅さが彼らしい』と思います。

真剣に子と向き合う人からすると、無理解が透けて見えるのです。

『こう書けば感動するでしょう?』『こう書けば母親は賛同するでしょう?』ってのがものすごく冷めるのです。

この作家さんは取材で、親子を感動させるセオリーを嬉々として語っていました。

感動させるって何?

『謝れ』とは言いませんが、結局この人の作品は『何が言いたいの?』に尽きます。

今回は彼のメッキが剥がれただけかと。

9 :名無しのさはら|2018/2/8 15:54

世の中にはもっと不快な歌詞の歌がたくさんあると思うんだが。

RE:2018/2/8 20:54

「あなたよりもっと不幸な人はたくさんいる」と言ってもしょうがないのと同じだよ

10 :名無しのさはら|2018/2/8 15:58

じゃあ今度はお父さんで作ってみたら?

11 :名無しのさはら|2018/2/8 15:59

母に色々役割を求めすぎ。

今は兼業主婦が圧倒的に多いしワンオペ育児も多い。

家の事もすべて独りでしてる。

決めつけは自分がその立場に立ってないから。

押しつけだけだと現代の「母」は反旗をひるがえす。

それほど今の「母」は強い人が多い。

RE:2018/2/8 17:52

おうよ!母ちゃんなめんなっ!

12 :名無しのさはら|2018/2/8 16:00

「わたし おかあさんだから」の繰り返しがくどすぎて、そこに「作者の考えてもいなかった意味」が生じちゃったんだでしょ。手法の問題もありそう。

13 :名無しのさはら|2018/2/8 16:02

反対意見に、なんでも謝るのは良くない

全員がいいと思うものは無いのだから

14 :名無しのさはら|2018/2/8 16:04

批判は社会の病気みたいなもんだ。きにすんな。

15 :名無しのさはら|2018/2/8 16:08

子供にしてみたら、純粋に恩着せがましいだけだもんなぁ

この歌詞

RE:2018/2/8 17:51

いいこというわ

16 :名無しのさはら|2018/2/8 16:08

この人元ヤン。

元ヤンの作詞と考えれば

こんなもんだろう?

と思うけど。

RE:2018/2/8 16:28

なるほど!納得!

RE:2018/2/8 17:38

浅いんですよ、なんかね。

17 :名無しのさはら|2018/2/8 16:08

批判される筋合いもないが、日和ってヘコヘコ謝る奴が大嫌い。だから底辺クレーマーが調子に乗る。

18 :名無しのさはら|2018/2/8 16:08

作り直せば直したで

また批判を浴びそうな気がする

作詞したのが女性だったら反応も違ってたのかも

まぁそれを言い出したらキリがないよね

おかあさんといっしょにしても

父子家庭だっているんだぞ!って

番組名変えろってクレームもあるらしいしね

19 :名無しのさはら|2018/2/8 16:09

この程度がダメなら過去の演歌はどうなるんだ?

RE:2018/2/8 16:40

恨みま~す~

20 :名無しのさはら|2018/2/8 16:11

謝ってはいけない。

好き嫌いの問題なんだから、嫌いなら聞かなければ良い。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング