深田恭子の“困った笑顔”が切ない 『隣の家族は青く見える』が男女から共感されるワケ さはらチャンネル

深田恭子の“困った笑顔”が切ない 『隣の家族は青く見える』が男女から共感されるワケ

telmin

   

img

ドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ)は、様々な家族が暮らすコーポラティブハウスが舞台だ。それぞれ悩みを抱えている4組のカップル・家族が暮らしているが、2月1日放送の第3話では、不妊治療に励む主人公夫婦に焦点が当てられ、妊娠・出産に悩む女性の気持ちを代弁する印象的なシーンがあった。

『隣の家族は青く見える』場面写真

主人公・五十嵐奈々(深田恭子)と大器(松山ケンイチ)は引き続き不妊治療に励んでいる。第3話で奈々は、担当医からクロミッド(排卵誘発剤)の服用を勧められる。

子づくりに励み始めて1年経っても妊娠しなかった奈々。精液検査や卵管造影検査では特に異常は見られておらず「原因不明不妊」と診断されている。不妊治療の初期段階に行われるタイミング療法(排卵に合わせて性行為をする方法)を行っているが、芳しい結果は得られていない。次の段階(人工授精等)へ進む前にタイミング療法で結果が得られるため、担当医は奈々にクロミッドを勧めたのだろう。

クロミッドの副作用からか、奈々は些細なことで苛立つようになる。そんな奈々の姿に大器は戸惑いを見せつつも、不妊症を除けば、2人の生活は順風満帆に見える。大器は職場の大きなプロジェクトに参加することになり、奈々もそれを喜び、大器をサポートする。

そんな中、ある出来事が奈々の心を静かにかき乱していた。大器の妹・琴音(伊藤沙莉)がはじめて胎動を感じた時である。琴音は、大器の両親が営む焼き鳥屋のバイト店員・糸川啓太(前原滉)と予期せぬ妊娠をした。しかし、大器の母・聡子(高畑淳子)は「孫の顔が見たい」と望んでおり、待望の初孫ということで啓太と琴音の間にできた子供のことをあっさり承諾する。琴音のお腹の中にいる子供はスクスクと成長しており、琴音はお腹の中で動く赤ちゃんを感じるのだ。胎動を感じて喜ぶ啓太と聡子。しかしそんな彼らの様子を見て、奈々は複雑な表情を見せる。奈々は琴音の妊娠が発覚した時もその場にいた。その時は、大器の家族とともに喜ぶ表情を見せた奈々だったが、今回ばかりは“素直に”喜べなかったようだ。

クロミッドを服用し、タイミングを取り、苛立ちや眠気などを感じていた頃、奈々は生理(劇中では「あれ」と呼ばれていた)が来ていないことに気付く。今までの奈々の症状が妊娠の兆候に当てはまっていることを知り、喜ぶ奈々と大器。しかし薬局で妊娠検査薬を購入した日、生理が来たことが分かる。残業していた大器のもとには「妊娠してなかった」「期待させちゃってごめんね」と書かれたメールが届く。任されたプロジェクトの準備を楽しそうに進めていた大器だったが、メールを読んだ後、不妊治療に励む奈々の心の内を察した彼の背中が印象的だった。

翌日、休日の土曜日にも関わらず、大器は朝早くから奈々を連れて出かける。富士山の麓にある御胎内神社へ行き、子宝祈願に向かう2人。奈々は大器の思いやりに触れ、優しげな表情を浮かべる。自宅へ戻り、奈々のために食事をつくる大器。大器は冷蔵庫からビールを持ってくるのだが、なぜか奈々の分も用意する。驚く奈々だったが、大器は「(妊娠していなかったと)落ち込むのも仕方がない」と声をかけ、一旦全部リセットしてまた挑戦しようと声をかける。優しく励ます大器の言葉に思わず涙ぐむ奈々は、大器の妹・琴音の赤ちゃんがお腹の中で動いた時、素直に喜べなかったことを吐露する。自己嫌悪に陥ったと話す奈々の肩を優しく抱き寄せる大器は言う。

「大丈夫。絶対いつか俺たちのところにも来てくれるって」

涙を必死にこらえながら、奈々がつらい本音を漏らすシーンではもらい泣きしてしまった。子供が好きな奈々だからこそ、スクスクと育つ琴音の子供のことを素直に喜べなかったのは悔しかったに違いない。奈々は、接する人の心情を察し、優しく声をかける女性だ。そんな心優しい奈々だからこそ、自分と相手とを比べて、子供ができない悔しさを感じ、「なんであの人には子供ができて、私には……」と思ってしまったことがとても心苦しいのだろう。不妊症に悩み、他人と自分を比べてしまう女性の姿を、深田はその目に浮かんだ涙と震える声で演じきったのだ。

困ったように笑う深田の表情が、奈々が無意識のうちに隠してしまう不妊への不安やつらさを物語っている。深田は奈々をステレオタイプのか弱い女性として演じていない。しっかり者だからこそ不安やつらさを隠して抱えてしまう、ある一人の女性を見事に演じているのだ。それが、本作が女性からも男性からも共感される好感度の高いドラマとなっている大きな要因だろう。

次回予告を見ると、奈々と大器は人工授精を勧められている。不妊治療の次の段階に進んだのだ。孫を望む大器の母・聡子は、2人の家に子宝グッズを持参し、明るく楽しそうな姿を見せるが、一方で奈々の母・春枝(原日出子)が「お母さんは反対よ」と言っているのが気になる。2人の妊活がどう進んでいくのか、奈々の精神面も気になり始めた第3話以降、楽しみでもあり不安でもある。

参考:「男女ともに不妊原因がはっきりしない場合、どのように治療に取り組んだらいいの? WOMAN PARK」

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMjA2LTAwMDEwMDAxLXJlYWxzb3VuZC1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/2/6 6:26

このドラマが放送される前は批判とかあったみたいだけど、すごく良い内容のドラマだと思います。いろんな家族、それぞれの家族の生き様が描かれているし、色々考えさせられます。

何より、深キョンと松ケン夫婦が素敵。役柄にピッタリだと思います。他の俳優さん達もだけど…皆 良い配役だと思います。

2 :名無しのさはら|2018/2/6 6:27

この人、形成手術したよな

3 :名無しのさはら|2018/2/6 6:46

「来なきゃ損じゃん」っていうセリフにじんとした。素敵な家庭だから、赤ちゃん安心してきてねっていう思いが素直に伝わる。

4 :名無しのさはら|2018/2/6 7:13

共感されているというドラマが、

どうしてこんなに

視聴率が低いんでしょうかね?

RE:2018/2/6 8:23

学生や独身者辺りには興味持てなさそうな内容である事、

同世代の夫婦辺りでは録画のケースが少なくない事、

辺りが視聴率悪い原因かと

5 :名無しのさはら|2018/2/6 8:44

真剣に不妊治療に取り組んでいる女性の気持ちが少しでも伝わればいいと思う。

「周りの妊娠出産に素直に喜ぶことができない」ことを

「そんな気持ちだから子供が来てくれないんだよ」なんて言う人もいるでしょうから。

望んでたわけじゃないのに何の苦労もなく妊娠した人を見たら

望んで頑張ってるのになかなか妊娠できない人が微妙な気持ちになるのは当たり前。

6 :名無しのさはら|2018/2/6 8:50

フジテレビ、今回のようなドラマが作れるのなら。まだまだいける。

素晴らしいドラマだと思う。

7 :名無しのさはら|2018/2/6 8:54

不妊治療に詳しい人や、進んだ治療をしている人にこそ、ちゃんと見てほしいです。

そういう人ほど、高度治療をしなければ不妊治療じゃない!初期の人なんか大した悩みじゃないから不妊ヅラするな!って言うけど、人工授精すら家族に反対されてできなかったり、ヘンな姑がいたり、お金が間に合わなかったりなど、人それぞれ色々と悩みどころがあるんだから。

8 :名無しのさはら|2018/2/6 9:28

高橋メアリージュンの役もすごく好きだ

彼女の役のように、子供を産む事を必要としない人だっている

例え望んでも産めない人だって世の中沢山いる

子供を産む事が女の全てじゃない

彼女のように、声を大にしてそう叫べる人がまだまだこの社会には必要と感じた

9 :名無しのさはら|2018/2/6 9:31

最終的には妊娠してめでたしめでたし…なんだろうな。

卵管造影って、ドラマではすんなり終わったけど、のたうち回るくらいもの凄く痛いんだよ。これから体外受精へ話が進んでいくようだけど、卵子採取も痛いのなんの️

不妊治療って、お金も掛かるけど女性の身体にも大きな負担。そういう現実を描いて欲しいです。

RE:2018/2/7 11:13

確かそうだったと思います。

私はすぐに意識なくなって、術語15~20分後に目が覚めるので、全く記憶はなかったですが、主人曰く痛い痛いって唸ってたようです。

1度目は私も低刺激のショート法でしたが結果は良くなく(採卵7胚盤胞2陽性0)軽度のOHSS、

2度目はロング法で採卵19胚盤胞9と驚きの結果でした。

重度のOHSSで腫れが引かず3ヵ月移植できませんでしたが、1つ目の移植で妊娠する事ができました。

因みにグレードはどれもそんなに良くありませんでした。

RE:2018/2/7 12:05

胚盤胞が9個も!すごいですね。

低刺激もされたんですね。副作用の出やすさは個人差があるのかもしれないですね。

私はアンタゴニスト法で、最高で7個ぐらいだったと思います。

副作用で大変な思いをされたけれど、1回の移植で妊娠されて本当に良かったですね。

私は何度か移植してもなかなか授からず、数をこなす覚悟でしたが、子宮鏡でポリープを取ってもらった直後の2個移植で両方とも着床し、昨年双子を授かりました。

私が高度生殖医療を受けるとは以前は想像もしていませんでしたが、一歩を踏み出して良かったと思っています。

RE:2018/2/7 12:32

痛くない人もいるんですね。

友人からも医師からも「この検査は相当痛いのよ。」と言われて挑んだけど、叫びたいくらい痛かった。因みに詰まり等の問題は無かったです。

10 :名無しのさはら|2018/2/6 10:21

夫婦で観ています。

最初は、一軒家なのに中庭が共有なんてプライベートがないようでイヤだよね。なんて話しながら観ていましたが、内容が深くなるにつれて各家庭に、共感できる所がたくさんあり、涙することもありました。

旦那さんが失業中の家庭の奥さまの気持ちはさっぱり理解できませんが、それはそれで話が盛り上がります。

みんなそれぞれの幸せの形を見つけられたらいいな。

眠い目を擦りながら毎回楽しみにしています!

RE:2018/2/6 15:53

本当に小宮山さんあり得ないですよね(笑)

でも、プチ小宮山さんは周りにちらほらいるなぁ(笑)なんて思いながら見てます。

11 :名無しのさはら|2018/2/6 10:36

深キョンが「バカの方がいい」といった時、不妊治療をやっていくうちに、なりたくない自分になってしまっている辛さが伝わってきて、切なくなりました。

12 :名無しのさはら|2018/2/6 14:50

ドラマの質はとても良いと思う。

このドラマをきっかけに、不妊治療や家族の在り方について考えてくれる人が増えると嬉しいと思う反面、、、子供を持たない夫婦や不妊治療をしている人の事を酒の肴扱いして、陰口を叩いたり、妙な噂を立てるような社会になってほしいと思う。

会社の人間関係とか、ご近所親戚。マタハラをマタハラと捉えない人って、想像以上にたくさんいると思う。

13 :名無しのさはら|2018/2/6 15:41

不妊治療経験者ですが、本当に丁寧に描かれているなぁ、と感じます。

毎回治療中を思い出しては涙してしまう。

私も薬の関係で、生理来てから5日目までしかビール飲めなくて、生理きて悲しいけど、ビールが死ぬほど美味しかったのをしみじみ思い出してた。

治療してる人にしか分からない事がたくさんあるから、少しでも周りの人に不妊治療の辛さや大変さ分かって貰えるのは素直に嬉しい。

不妊治療だけではなく、子を持つ・持たないという選択があるという事や、ゲイの人達、養子の問題。インスタばかりの見栄っ張りママ等、社会の問題にも触れていていいドラマだと思う。

14 :名無しのさはら|2018/2/6 16:23

私も散々不妊治療をしてきたので、このドラマのリアルさに驚きます。今後どこまで描くのか。体外、顕微、流産、不育…とことん現実を描いてほしい。世間の理解、国の補助。大きなキッカケになるくらい、重要なドラマだと思います。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング