大河で話題…“難解”薩摩ことばで「けっけっけっ」ってどういう意味? さはらチャンネル

大河で話題…“難解”薩摩ことばで「けっけっけっ」ってどういう意味?

telmin

   

img

《……ちごっ……ちごっ……旦那さぁはこげなお人じゃぁあいもはん!》

鈴木亮平(34)が主演し、西郷吉之助(隆盛)の生涯を描く大河ドラマ『西郷どん』(NHK・日曜夜8時~)。1月7日に放送された初回は、西郷隆盛の没後、東京の上野公園にて、西郷隆盛像の除幕式を行うシーンから始まった。そのとき、銅像を見た西郷の3番目の妻・糸(黒木華)の口から、この“薩摩ことば”が飛び出したのだ。

このセリフは「違う、違う、旦那さんはこんな人ではありません」という意味。見ていた人ならば、なんとな~くニュアンスがつかめたはず。しかし、独特な方言が飛び交う内容に、放送直後「薩摩ことばが難しすぎる!」「テロップ必須」とネット上で話題となった。

今回、鈴木亮平をはじめ、出演者たちに薩摩ことばの方言指導を行っているのは、鹿児島県出身の2人の俳優、迫田孝也さん(40)と田上晃吉さん(35)だ。田上さんは『龍馬伝』('10年)でも薩摩ことばの方言指導を務めている。

これからも劇中にどんどん出てくるであろうこの薩摩ことば……。その意味をしっかりキャッチし、『西郷どん』をさらに楽しめるよう、本誌は迫田さんと田上さんに、薩摩ことばの解説をお願いした。“かごんまことばを、お伝えいたしもす! これでわっぜ『西郷どん』を楽しめっちょ!”(薩摩ことばをお伝えします。これですごく『西郷どん』を楽しめますよ!)

まずは、薩摩ことばが持つ特徴について迫田さんはこう語る。

「薩摩ことばは、発音が難しい方言だといわれています。独特のアクセントがあり、抑揚が激しい。関西弁も抑揚が大きい方言とされますが、それとはまったく逆の抑揚の取り方をするのが、薩摩ことばなんです」(迫田さん)

独特の言い方として挙げられるのが、冒頭の糸のせりふのように「違う」を「ちごっ」と、つまらせることだ。

「たとえば、『けっけっけっ』と3つ『けっ』を繰り返すだけで一文が成立するんです。これは『貝を買って来い』という意味です。『貝』のように、通常『ai』と発音する音が、『e』に変化するのも大きな特徴と言えますね」(田上さん)

ちなみに「長い(nagai)」は「長げ(nage)」という言い方になる。「難しい……」と思うかもしれないが、これはまだ序の口。薩摩ことばのなかには、知らなければ誤解を生んでしまうような、かな~りまぎらわしい表現も!

「薩摩ことばで使う主語は『おい』と『わい』。吉之助のセリフにも多く出てきます。『おい』は、“俺・自分”という意味。そして『わい』は、関西弁では“自分”を指しますが、薩摩では、“お前・君”と、相手を指す言葉なんです。誰が誰に向けて話をしているか、この使い分けが手がかりになると思います」(田上さん)

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMTI4LTAwMDEwMDAxLWppc2luLWVudA--
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/1/28 6:56

良い味出てますね。

2 :名無しのさはら|2018/1/28 7:15

薩摩の国内でも地方で違いがある。地方のオバァが話す言葉と鹿児島市内で生まれ育ったオバァでは全く違う。

故宮尾進(阿久根市出身)と西郷輝彦(鹿児島市出身)がTVで披露していた「かごっま弁」は違った。

公家さんの言葉と津軽弁位の差がある。

離島では更に違う。

3 :名無しのさはら|2018/1/28 7:17

そうそう。懐かしいなぁ。鹿児島にいた頃をを思い出すよ。

4 :名無しのさはら|2018/1/28 7:40

鹿児島に転勤した時、地元のお爺さん同士が話してのを聞いたけど、何を話してるのか全く分からなかった。確かに難解です。

5 :名無しのさはら|2018/1/28 8:41

うちの猫もたまにケッケッケといいます。鹿児島だったのですね。

RE:2018/1/28 13:21

窓越しに雀を見ているときに言ってますね。

RE:2018/1/28 17:58

同じです

6 :名無しのさはら|2018/1/28 9:18

名探偵コナンで鹿児島のことをかごんまといって時最初言い間違え?と思ってしまってた(笑)

7 :名無しのさはら|2018/1/28 9:28

わいが、おいに、わいっちゅーで

おいもわいに わい!っちゅーのよわいもー!

ってセリフと言うか、名言というか、ありますよね笑

お前が俺にお前って言うから俺もお前にお前!って言うんだよ!ったく!みたいな?意味笑

8 :名無しのさはら|2018/1/28 9:30

けぇをけけーけっ!

が分かり易いですが文字だけだと発音が分かりにくいですね。

イントネーションで意味が変わるので外国語です。

9 :名無しのさはら|2018/1/28 9:33

買って来いなら、

こっけ!の方が近いと思うんだけどな・・・

10 :名無しのさはら|2018/1/28 9:40

「けけけ」はクイズダービーで出題されたよね?

11 :名無しのさはら|2018/1/28 9:54

わいは相手に対する言葉で気がついたのは、大阪では、「われ」が相手に対する言葉。

われ、なんぼのもんじゃ

12 :名無しのさはら|2018/1/28 10:05

鹿児島に居ても、これほどまでの薩摩言葉は、なかなか聞かないよ。特に、今の若者は、標準語に近い言葉遣いが多いです。

忘れ去られそうな昔の言葉を、ドラマをきっかけにして、皆が遣ってくれたら嬉しいです。

RE:2018/1/28 14:51

唐芋標準語を使ってますよねw

他県民から見たら かなり なまってますよ 鹿児島人は

RE:2018/1/28 17:01

唐芋標準語って、分かる人にしかわからないよ(笑)

13 :名無しのさはら|2018/1/28 10:35

関西でも、自分と言って、会話している相手を指すこともあります

言語のニュアンスの違いは興味深いですね

14 :名無しのさはら|2018/1/28 10:48

『ぼぼ』ってどういう意味?ブラジル

RE:2018/1/28 11:21

岐阜の飛騨地方のお土産で「さるぼぼ」って人形ありますよ!

語源を調べてみたら???

15 :名無しのさはら|2018/1/28 10:59

佐賀あたりの方言では、貝は「きゃー」ですね。

九州言葉で3つ同じ音が続くのは、「とっとっと?」が有名ですね。

意味は違いますが、佐賀では「ワイワイ騒ぐ」の「ワイワイ」を「ワイワイワイ」、

「ドンドンやろうよ」を「ドンドンドンで...」とか、

「雨がザーザー」を「雨がザーザーザー」とか言ったりすることがあるようです。

3回同じ音が続くのは九州言葉独特な感じですね。

因みに、関西の「チャウチャウちゃう」は偶然の産物ですからね。

RE:2018/1/28 21:05

「とっとっと?」と聞かれて「とっとっとよ」で会話が成立しますよ☆

16 :名無しのさはら|2018/1/28 11:15

江戸時代の参勤交代制以前は中央政権から遠い地方は文化の到達(伝播)

が遅かったので地方に行くほど昔の話し言葉が残っていると聞きました

沖縄で本土(九州以北)の人をヤマトンチュー(大和の人)というのは

大和時代の名残りと思えばそれもそうかなと勝手に理解しています

そういうのって誰か卒業論文とかでやってもらえないかなぁ~

17 :名無しのさはら|2018/1/28 11:39

うちの地元でいう、「でーこんてーてーて(大根たいといて)」みたいなものかな?

方言って面白い。

18 :名無しのさはら|2018/1/28 17:23

そりゃぁ、大平洋戦争中、海軍で、暗号の代わりに薩摩弁が使われた

くらいですから・・・

19 :名無しのさはら|2018/1/28 20:18

けっけっけっ は大鷹の鳴く声だわな

あれを聞くと、小鳥さんたちは、恐れて逃げる

20 :名無しのさはら|2018/1/28 22:01

奄美は貝をニャっていいます。

あー、どびんにゃ食べたい。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング