ドヌーヴ魔女狩り発言後謝罪 ー セクハラ撲滅運動が広がる折に さはらチャンネル

ドヌーヴ魔女狩り発言後謝罪 ー セクハラ撲滅運動が広がる折に

telmin

   

img

ハーヴェイ・ワインスタインに対する告発をきっかけに、セクハラ撲滅運動が広がるハリウッド。これに対し海を隔てたヨーロッパーフランスでは、2018年1月9日(現地時間)、仏「ル・モンド」に「男性が女性を口説く」という“性の自由“を妨害すると、約100人の女優&作家たちが批判する内容の公開書簡を掲載されました。

【二十歳前後のカトリーヌの美貌、そこからの軌跡を画像で確認!】

そして、その代表として挙がったのが、フランスの大御所女優カトリーヌ・ドヌーヴ。しかし、それに対して大きな反発も起きていたのでした…。セクハラ被害を告発するムーブメントが世界各地で広がるなか、フランスではカトリーヌ・ドヌーヴをはじめとする女優&作家ら100人(以下にリスト添付)が、「#MeToo」を「魔女狩りのよう」と批判したのでした。

2018年1月9日(現地時間)、仏『ル・モンド』紙に掲載された公開書簡によると、女性たちは「#MeToo」が「男性が女性を口説く」という性の自由を妨害し、「膝に触れてみたい、あるいはキスしたいと思った多くの男性たちを無職に追い込んだ」と主張。

また、「レイプは犯罪だけど、誰かを誘ったりするのは(たとえそれがしつこく、ぎこちなくても)犯罪とは言えません。そして、男性が紳士的に振る舞うのは男尊女卑ではありません」と綴り、さらに過去のセクハラを告発する「#MeToo」や。フランスの「#BalanceTonPorc(あの豚野郎の実名を公表せよ)」を、「ピューリタニカル(清教徒的な考え)」と表現しています。

「セクハラに対して声をあげようという呼びかけからスタートしたムーブメントだけれど、今では女性たちに『正しい』発言をするよう強要し、行動をともにしないものを黙らせ、(新しい現実に)賛同しない女性たちを共犯者や裏切り者扱いしています」というカトリーヌらの訴えに対し、ハリウッドの映画業界や「#MeToo」に賛同している女性たちはどう反応するのか、引き続き注目していたところでした…。

…そして待つまでもなく、世界中から批判の声があっという間に「女性に対する嫌悪だ!」などと、多くの意見が挙がったのでした。すると次に、カトリーヌ・ドヌーヴは「リベラシオン」紙に書簡を発表しました。

今度は単独で、「人に心的外傷を与えるような耐えられない状況を作るのは、いつも権力であり、人を服従させたり威圧したりすることです。仕事を失う危険を冒さずに拒絶できないとき、侮辱や名誉を傷つけるような嘲りの標的になるときにこの罠は生まれるのです」と、セクハラの問題点を指摘しながらも…「『ル・モンド』に掲載された文書によって攻撃されたと感じた、憎むべき行為のすべての被害者に謝罪します」とコメントをしました。

その一方で今回の書簡でも、「自分たちに裁いたり調停したり非難するといった権利があると感じているような動き……SNSでの単純な非難が罰となり、仕事を失い、マスコミにリンチされることになる社会は、私は好きではありません」という意思ははっきりさせています。

また、最初の公開書簡に関しても触れていて、「(あの書簡で私は)ハラスメントを肯定しているわけではありません。肯定しているのなら、私はサインなどしなかった…」と説明。さらに、最初の書簡に署名した1人の女優がテレビ番組で発言した「レイプのときにオーガズムを感じることもできる」とのコメントに関しては、「犯罪の被害者の顔にツバを吐くよりも醜いこと」と批判し、自分の意見が異なることを表明していました。

このように世界中に広がる「#Me Too」ムーブメントに対し、新たなる議論を投げかけたドヌーヴの書簡。今後、どのような反応が起きるのかさらに注目したいところです。ちなみに皆さんは、どのようにお考えですか? 我々に日本でも、この件に関してもっと真剣に考えるべきかもしれません。

ドヌーブをはじめ、この「ル・モンド」紙に掲載された最初の書簡の起草者たちは、パワフルな女性解放運動家としても知られている方ばかり。その方たちの目には、まさに“キャンペーン(宣伝活動の一環)”にしか見えず、さらには結局は女性を「男尊女卑で支配される側の可哀そうな存在」という“犠牲者”であるかのよう処遇が気に入らなかったのではないでしょうか。女性側にも「口説き」と「性的攻撃」を見分ける十分な洞察力があるし、「ハラスメント」を受けても自らの力で克服するのが当たり前…それが男女平等の本当の姿では…と、言いたかったではないでしょうか。

そして再び、謝罪しながらも主張した論点にも注目してほしいのです。SNSを代表として現代のメディアによる「密告」への危惧。そこから生まれる「私刑(リンチ)」…さらには「検閲」「粛清」、そして「迫害」にまで至る危険性も孕むピューリタニカルな姿勢を正したかったのでは?と、推測できるのです。そして、だからこそドヌーヴも賛同したのだろうと…。

かつては犯罪とされていた妊娠中絶をしたことを認め、合法化を求めたこともあるカトリーヌ・ドヌーヴ。最近では、同性婚について賛成というよりも「結婚制度そのものが時代遅れだ」という観点から同性カップルの養子に賛成していました。そうカトリーヌ・ドヌーヴはずっと以前から、女性解放運動家でもあったのです。

カトリーヌ・ドヌーヴはいまもなお、カトリーヌ・ドヌーヴだったのです。このたび「リベラシオン」紙に謝罪の書簡を発表したからと言って、セクハラ告発キャンペーンを認めたわけではないのです。これは、「謝罪文」の最後にあるよう、「彼女たちだけに謝罪する」ものなのです。また、反女性解放運動に鞍替えしたわけでもありません。「私を支持するという策略を見つけたあらゆる類の保守派、人種差別主義者、伝統主義者に対して、私は騙されるようなバカではないと言いたい…」と、はっきりと注意書きを加えているところも、彼女の賢さの表れではないでしょうか。

それではこの機会に、『シェルブールの雨傘』からおよそ50年にわたって、なおも活躍を続ける偉大なフランス人女優、カトリーヌ・ドヌーヴを振り返ってみたいと思います。多くの作り手たち、そして共演する男優たちが放ってはおけなかったゴージャスな美しさ。さらに、衝撃的な作品や難しい役どころに取り組んできた実績、その演技力の奥深さ…。彼女の魅力をここに一望してください。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMTI0LTAwMDEwMDA2LW1lbnNwbHVzLW1vdmk-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/1/24 12:56

欧米の女優は意見を同じくする人たちの代表として旗を振る勇気があるね。立派。

2 :名無しのさはら|2018/1/24 12:58

男をかばう女がババアばかりな件w

そもそもセクハラと口説くのは全然違う

3 :名無しのさはら|2018/1/24 12:58

>「#MeToo」が「男性が女性を口説く」

性犯罪支援をしたいマスコミが

性犯罪やセクハラを「男性への口説き」変換するために彼女を徹底的に利用したのが

今回の真相です

これから性犯罪のニュースがおこるたびドヌーブを隠れ蓑にして犯罪から目を背けるため

「性犯罪のすり替えマジック」のために彼女を美化する必要があるのです

性犯罪支援のためのすり替えのマスコットとして利用したマスコミの目的は明白です

今回の黒幕はドヌーブではなくマスコミです

4 :名無しのさはら|2018/1/24 13:23

強い共感を感じます。もちろん、犯罪に当たるものは厳しく罰するべきです。しかし、仮に犯罪としても作品は別として評価されるべきです。また、犯罪者だとしても更生と社会復帰はどのようにすべきか、更には予防としてどんなことを社会は作るべきかの議論が必要です。

5 :名無しのさはら|2018/1/24 13:25

魔女狩りナチには、ヨーロッパは敏感。多分、日本人の感覚とは全く違うんやろうなぁ…

6 :名無しのさはら|2018/1/24 13:53

右側に映ってる男性?、黒髪の髭面の人は誰なの?

男性なんだよね?

髭面だけど、化粧してる?ツケマ付けてる?

インパクトが凄くて……(笑)

7 :名無しのさはら|2018/1/24 14:14

流れに乗らない女優さん達や過去の作品に出演した人たちまでが批判されるのは間違っている。

そして、女性の本当の意味での自立や男女平等が議論されているのに、今回の動きは単なるキャンペーンで女性がいかに弱い立場なのかを逆に見せつけられている、というか”女性ってか弱いのよ、だから皆んなで力を合わせて立ち上がりましょう”って言ってるみたいで違和感もある。

あと、ワインスタインを利用してのし上がった女優さんを非難するのも違う。別に利用したくて利用したんだからそれはそれで彼女達の意思。

無理矢理ってのは勿論犯罪だし、誘いを断ってその後のキャリアに影響したのなら残念だけど運も実力もなかったということ。実際断っても有名になった人達はいる。

それを、どういう手段でものし上がりたくて誘いを受け入れ有名になった女優さん達を非難するのは単なる嫉妬。

勿論レイプは犯罪。でもTimesupのやり方には違和感を感じる。

8 :名無しのさはら|2018/1/24 14:20

彼女の「口説く〜」の流れはこいつ馬鹿じゃねえのか、って感じだけど、metooとは切り離してなんで彼女が声を挙げたのか初めの方に話してる部分はすごくよく分かる。主にネットでこういうことすることの恐ろしさ・リスクについて。

9 :名無しのさはら|2018/1/24 14:29

ドヌーブは、性的嫌がらせと口説きが分からない的外れな発言するからだろ!

セクハラされて心身ともに傷を追った人の事を、この人や同じ意見の人は理解が出来ないんだろうね。

女性でありながら、それが分からないなんて、この世の中、安心する事は出来ないね。

RE:2018/1/24 21:22

賛同しないからといって、ドヌーヴさんを攻撃するのが正しいことだ、とでもいうのでしょうか?その発想が稚拙さが出てます。感情的になる前に少し冷静になってみたらいかがでしょうか。

10 :名無しのさはら|2018/1/24 14:39

まさに魔女狩り。フェミらがもはや狂乱状態

11 :名無しのさはら|2018/1/24 15:01

恋愛依存症の女

12 :名無しのさはら|2018/1/24 15:02

差別を意図してないということに対しての謝罪ですが。主張は一貫してるやん。

13 :名無しのさはら|2018/1/24 16:59

このドヌーブのうしろにいる

ヒゲのお姉さんが気になる

14 :名無しのさはら|2018/1/24 17:37

カトリーヌドヌーブさんの言おうとしている深い意味は理解できる。セクハラはダメ。もちろん!しかしなにもかもがダメ。とは、?今の時代はロマンが無いね。

15 :名無しのさはら|2018/1/24 19:42

アメリカ、ハリウッドの振りかざす正義に嫌気が差したんでしょうか。

16 :名無しのさはら|2018/1/24 21:28

正直、ドヌーヴさんには発言を撤回してほしくなかったです。これ以上、物議をかもしたら、仕事がなくなることも懸念されたのかも知れませんけどね。どうやら、ドヌーヴさんらの考えに、躍起になって誹謗中傷する人たちは相当確信をつかれて、焦ったのでしょう。

17 :名無しのさはら|2018/1/25 22:11

謝らないで良いです

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング