『99.9』第2話で早くもシリーズの核心に ネットを騒がせた疑問の行方は? さはらチャンネル

『99.9』第2話で早くもシリーズの核心に ネットを騒がせた疑問の行方は?

telmin

   

img

26年前に飲食店を経営していた深山大翔(松本潤)の父親・大介(首藤康之)は、大雨の夜に知り合いの女子高生を駅からコンビニまで送り届けた。しかし翌日彼女は遺体となって発見され、大介は現場に落ちていた傘を証拠品に、犯人として断定された。無実を訴えながらも実刑判決を受けた彼は、控訴中に獄中死した。

シーズン1で登場したこのエピソードは、深山が法曹界を志したルーツや、斑目法律事務所の所長・斑目春彦(岸部一徳)と深山を繋げた理由を明らかにしたものの、事件の具体的な真相は明らかにされなかったのである。とはいえ、当時の担当検事だった大友修一(奥田瑛二)が担当していた別の事件の冤罪を暴き出したことで、深山の父親の事件にも無罪なのではという兆しが見え始めたのである。

TBS系列日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』は第2話にして、早くもこのシリーズの核心に触れる。深山の父親の事件現場に落ちていたという見知らぬ遺留品を受け取った深山は、刑事事件チームの面々とともに26年前の事件を洗い始める。

その調査に協力するのは青木崇高が演じる検察官の丸川。シーズン1で深山たちとやりあった東京地検の検察官だった彼が金沢地検に赴任しており、当時の資料を調査する上で非常に役に立つのである。そして例によって事件の重要な証拠と証言をもみ消していたのは、深山にとって因縁の敵である大友だったとわかる。

検察が築き上げたシナリオ、劇中では“レール”として表現されるものから外れてしまう証拠を大友は排除していたのである。事件の真実に口をつぐみ続けた警察官の回想で登場した「最後に裁くのは裁判官」という前シーズンでも大友が語った言葉と、ラストで斑目が深山に語りかける「我々が戦う相手は闇が深い」の言葉。

今回のエピソードで深山の父の事件は解決を迎え、裁判官との戦いがいよいよ幕を開けることだろう。しかし回想シーンで登場する、深山の父に判決を言い渡した裁判官。これはもしかすると、前回のクライマックスで登場した川上裁判官(笑福亭鶴瓶)ではないだろうか。そうであれば、まだこの事件は尾を引いていくということだ。

ところで第1話の放送後、ネット上を騒がせた「なぜ真犯人が罪を犯した理由が描かれないのか」という疑問。今回の第2話でも、非常に重要な事件の真相を抱えたまま、真犯人の男が命を落としていたと語られるだけで、一切姿を現さない。そこには今回のシーズンの、むしろこのドラマの最も大きなテーマを感じることができる。それは深山自身が語る「事実を知りたかっただけ」ということだ。

事実の裏にあるドラマ性ではなく、あくまで主人公たち弁護士と依頼人の視点から見てわかる「誰が罪を犯したか」「依頼には罪を犯したのか否か」ということに焦点が当てられる。真犯人の動機というものは、真犯人当人の心の中にあるものであり、検察が事件を立証するための証拠として存在するものに過ぎない。事実という表層の先にある“何故”という内面は、弁護士と無実の被疑者にとっては遠いものなのかもしれない。

同じように、今回のエピソードで26年越しに事件の真相が明らかなことで表れてくる「赦し」の存在。事件の被害者の仏壇に手を合わせる深山と、被害者の妹から告げられる「ごめんなさい」の一言。加害者の家族が、深山自身が味わってきた“犯罪者の家族”としての人生から解き放たれることで、本作は次のステップにようやく進むことができるのだろう。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMTIyLTAwMDEwMDA5LXJlYWxzb3VuZC1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/1/22 13:16

第1話よりチームワーク・テンポもよくて、明らかに良かった。新加入の方も馴染んできた。次回も楽しみ。

2 :名無しのさはら|2018/1/22 13:17

もともとシーズン2はやる予定なかったのかなと思った。

本当なら、シーズン1の最終回でいいのかと思ったが。

まあ、面白いからええのだけど。

木村文乃がもすこし、コミカルな演技出きるとええんだけども、周りについてけてない感はわざとの演出?

RE:2018/1/22 16:58

まだ初めだから慣れてない感じじゃないかな?

3 :名無しのさはら|2018/1/22 13:19

深山の父の冤罪事件がいきなり解決してびっくり!

次回からの展開がますます楽しみです。

RE:2018/1/22 17:40

結局、透明人間だったわけだからすごいな、

4 :名無しのさはら|2018/1/22 13:41

明石、行きまぁーす!

RE:2018/1/22 14:06

明石分かりました。犯人は、透明人間!

5 :名無しのさはら|2018/1/22 13:48

おもろい!

6 :名無しのさはら|2018/1/22 13:55

2話で父親の冤罪が解決すると思わなかったからビックリしました。テンポが良くて見ててスッキリするドラマです!

7 :名無しのさはら|2018/1/22 14:53

赤石の、マチルダ行きま~す、は笑った。

ガンダムをリスペクトしてくるとは思わなかったな。

RE:2018/1/22 15:48

訂正、マチルダさ~ん、だったかも。

RE:2018/1/22 15:59

明石行きまーす。

マチルダさーん。

8 :名無しのさはら|2018/1/22 15:23

この記事の予想が正しければ、鶴瓶演じる裁判官の26年前の回想シーンは、息子の駿河太郎に演じて欲しい。

9 :名無しのさはら|2018/1/22 15:40

騒いでるのは、視聴率だよ、

10 :名無しのさはら|2018/1/22 15:55

軽そうな演出をしていても、話がしっかりしている。

片桐さんが面白い。

11 :名無しのさはら|2018/1/22 16:14

目が疲れて気持ち悪くなる けど、面白いから見たい。だからたまに目を瞑っている。

12 :名無しのさはら|2018/1/22 16:21

確かに一話は違和感残ったままやった。やけど今回は気持ち良く終われたし 今シーズンのテーマである裁判官への伏線になってるから十分満足。楽しみが増えた。

13 :名無しのさはら|2018/1/22 20:12

第2話をちらっと見たけど、期待できそうな気がする。楽しみ。

14 :名無しのさはら|2018/1/22 21:09

2話で真相が明らかになってしまって、あれ?最終回?って錯覚してしまった。これで、深山は前に進めるのかな。

15 :名無しのさはら|2018/1/22 21:46

2話の交番シーンで壁に石川秀美のポスターが凄く違和感だったのですが、ミスターポリスマンだから?と思ってたら、エンドロールで真犯人の警官役に薬丸翔さんのお名前。

そう言う遊び心が面白いです。

RE:2018/1/23 3:07

気付かなかった!

RE:2018/1/23 3:33

入山する時に「カマキリ大発生注意」の様な立て札がありました。これも、遊び心ですね~

RE:2018/1/23 9:12

カマキリは、香川さんへのソンタクかな

16 :名無しのさはら|2018/1/22 21:51

これから鶴瓶との闘いが始まるんですね?

17 :名無しのさはら|2018/1/22 21:52

鶴瓶のいやらしい悪党ぶりがみられそう。

18 :名無しのさはら|2018/1/22 22:05

まさかの第2話だけで完結してしまいビックリしました。

第2期は、深山の父親の事件がクライマックスだと思っていたので、あれ?最終回だっけ?って何回も確認してしまいました(笑)

19 :名無しのさはら|2018/1/22 22:42

早い段階でこの事件に決着をつけたのは良かったかもしれない

過去のしがらみから解放された主人公

改めて斑目法律事務所の一員になった尾崎

2人に手を焼きつつも温かく見守る佐田先生

毎回笑わせてくれるムードメーカーの明石さん

彼らのチームワークと2話に負けないくらい面白い展開を今後も期待しています

20 :名無しのさはら|2018/1/23 0:00

第2話でお父さんの事件の新犯人がわかるとは意外だった。

新しい感覚のドラマだね。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング