カゲが薄くても… カラヤン生誕110周年 さはらチャンネル

カゲが薄くても… カラヤン生誕110周年

telmin

   

img

「どこへ?」乗り込んできた男に、タクシー運転手が訊ねた。

「どこへでも。世界中どこでも私を待っているんだ」この男こそ“帝王”と呼ばれた指揮者・カラヤン(1908~89)その人だった。指揮者の代名詞でもあった不世出のマエストロが生誕110周年を迎える。

この記念の年、お膝元のドイツ・グラモフォン社は目玉商品を用意しているのか? 銀座の老舗レコード店担当者が語る。

「日本のファン向けスーパーオーディオCDは継続して発売されます。カラヤン全盛期の名盤をリマスタリングしています。ドイツでは全ての録音を網羅した“大全集”が発売されました」

とはいえ、若い世代にはカラヤンの名すら知らない音大生も。

となると、その威光で“便乗商法”など及びもつかない。

1981年の来日演奏会で勧進元だったTBSの関係者が回想する。

「指揮者としてすでに絶頂期は過ぎていました。ベートーヴェンの連続演奏会も棒の曖昧さから“運命”の第3楽章など空中分解寸前。73年の華麗な舞台が脳裏に焼き付いていたので、あまりに急激な老い方に愕然としました。亡くなる8年前で、ベルリン・フィル楽員との仲は最悪でしたね」

チョットいい余話も。

「サインを貰おうと持参したドイツ盤レコードを見るや“この女性にプロポーズしたが、断られた”とニヤリ。ナレーションを女優のロミー・シュナイダーが担当した『ピーターと狼』で、ジャケットにはツーショット写真が掲載されていた」(同)

嗚呼! シシーは帝王を袖にしていた? !

「週刊新潮」2018年1月18日号 掲載

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMTIxLTAwNTM2NDI1LXNoaW5jaG8tZW50
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/1/21 6:13

カラヤンを知らない、となると、フルトベングラーなんたて、誰?になっちゃうよね〜。

バーンスタインは作曲家として名が残るのかな。

カラヤンとバーンスタイン、対照的な二人がいて、クラッシック界は華やかでした。

2 :名無しのさはら|2018/1/21 6:35

音大生でカラヤン知らないとかないだろ。タイトルからしても酷いね。ライターはアンチ・カラヤンの方ですか?

RE:2018/1/21 6:55

いや、超有名な指揮者や演奏家を平気で知らないって言う人いますよ。そういう人は、過去のだけじゃなくて現在も知らないんです。

RE:2018/1/21 7:20

習い事でピアノだけやってきた子、部活で管楽器をやっててそのまま音大に入った子なんかは、いわゆる交響楽なんて聞かずに来ちゃってる可能性は大いにありますね。

RE:2018/1/21 11:05

指揮科で知らないとかだと流石にどうかと思うけど、音大生って一般のクラシック好きな人よりも、自分のやってる楽器のことしか分からんみたいな人結構いるんじゃないかな

3 :名無しのさはら|2018/1/21 6:39

最後の来日演奏会を22歳の時、5万くらいのチケを買い正装だったのでタキシードをレンタルして聴きにいきました。聴くというより当時は、生でカラヤンの指揮を目撃しておきたかったというのが目的で。バーンスタイン、スヴェトラーノフ、チェリビダッケ、そしてカルロス・クライバーと生で聴きに行ってたいい時代でした。

4 :名無しのさはら|2018/1/21 6:49

俺は79年と81年の来日コンサートを計12回程聴けたが、81年のブラームスなんかは良かったよ。 オーケストラをあれだけ自分に引き寄せて響きを熟成出来る指揮者は今はいませんね。ベルリンフィルとの関係が悪くなってもカラヤンの音楽から離れていかない所が凄くもあり、不思議でもあったね。

5 :名無しのさはら|2018/1/21 6:54

作り話が…

若い頃はアンチだったけど、安価なセットCDを最近聞き始めたら結構よい。もっと評価されたもよい指揮者。

6 :名無しのさはら|2018/1/21 6:58

カラヤン指揮のドボルザーク新世界最高にカッコいいですよね。

7 :名無しのさはら|2018/1/21 7:04

好き嫌いがはっきり分かれる巨匠!

8 :名無しのさはら|2018/1/21 7:25

ロミー・シュナイダーにプロポーズかぁ。

シシー(オーストリア皇妃エリザベート)役で大当たりした女優さんですね。

皇妃が帝王を袖にしたのね。

9 :名無しのさはら|2018/1/21 8:15

100周年の時の、グラモフォン240+2枚セットは、収録曲が

時系列順になっててとても興味深かったなぁ。

カラヤンの大ファンではないけども、嫌な書き方をする記者だね。

10 :名無しのさはら|2018/1/21 8:33

歌謡曲やロックの世界に置き換えたら、御三家やグループサウンズ、フォークソングの時代に絶頂期だったからなあ。無理ないよ。ただ、他のジャンルよりもリスペクトされていると思う。

11 :名無しのさはら|2018/1/21 8:44

ゴールウェイがいた頃のベルリンフィルが、カラヤン、ベルリンフィルの最盛期だね。

12 :名無しのさはら|2018/1/21 8:58

トスカニーニを生で聞いた。

RE:2018/1/21 14:54

カラヤンが学生時代にトスカニーニの演奏を聞いて感動したという話。

13 :名無しのさはら|2018/1/21 9:20

薄いとか書いてるから、てっきりカロヤンの記事だと思った…

テレビでカラヤン氏の指揮を観て、学校で習った指揮とは全然違うしリズムとかもよく判らない…と言ったら親父にご飯粒ぶちまけられながら怒られた。

14 :名無しのさはら|2018/1/21 9:58

カラヤンと言えば俺はボレロだな。

15 :名無しのさはら|2018/1/21 10:26

影が薄いなんて感じてる人はほとんどいないんじゃないですかね。自分はあまり好みではないけど、それでもいい演奏を探していると必ず候補に出てくる。

現役世代は優秀な人材が多いからスーパースターが生まれにくいんだろうけど、録音の世界ではまだまだ現役最高峰。この先も10年やそこらで色褪せることなんてあり得ないと思う。

16 :名無しのさはら|2018/1/21 11:26

パヨクはナチ協力者として批判してたな

アホらし

17 :名無しのさはら|2018/1/21 11:34

カラヤン知らない音大生はそいつがアホなだけだろ…

18 :名無しのさはら|2018/1/21 14:03

エリエッテ夫人、綺麗でしたよねぇ~・・

モデル出身の若い妻を娶る・・、、小澤さんもそれに倣ったのかな~(笑)

19 :名無しのさはら|2018/1/21 14:51

商業主義だとか批判する輩もいますがCDの普及には彼の存在は不可欠だと思う。ソニー大賀社長との縁も面白い。

20 :名無しのさはら|2018/1/21 20:40

影が薄くて生誕110年を記念なんかしないだろ。しかし、もし「薄くなった」のであれば、それはクラシック界がすべてカラヤン化したということかもしれない。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング