タモリが今のテレビに満ちる「許さない」空気を和ませる理由 さはらチャンネル

タモリが今のテレビに満ちる「許さない」空気を和ませる理由

telmin

   

img

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第39回は樋口卓治が担当します。「ジュニア、この世の中に入門編なんてないんだよ……」

千原ジュニアさんが、「僕、初心者なんで、入門編みたいなウィスキー教えてください」そうタモリさんに尋ねた時の言葉だ。

「そう言って、タモさん、めっちゃうまいウィスキーをご馳走してくれたんですよ」とうれしそうに語っていた。

今年、初めての連載、勝手に表彰するのは、世界を広げてくれる大人、タモリさんです。

「コツはね、適当にやること」

「俺、『いいとも!』観たことないからどんな番組かわからない」

「やる気のある者は去れ」~etc.

数々のタモリさんが言った言葉。初めは、面白いこと言うよな~と思っていたが、最近になって言葉たちが沁みてくる。

それは自分が年齢を重ねたからだけでなく、世間に「許さない」という空気が蔓延(まんえん)しているからかもしれない。

やる気満々、打つ気満々で、テレビからいろんなスキャンダルやゴシップが流れる。

コメンテーターは眉をしかめ、編集とナレーションも手馴れた感じで、オリャオリャと煽(あお)っている。

どのチャンネルを回しても、こんなシーン。そんな時、上記の言葉たちを思い出すとホッとする。まるでどこを歩いても人の波で、やっと裏路地に入ってホッとするように。

スターがふらりと町や村に現れる番組が好きだ。出会い頭にスターと出会い、驚く人の顔がなんとも好きなのだ。また、人との接し方がうまいスターを見るのも好きだ。素人を興奮、感動させながらも、同じ目線。そんな振る舞いのできるスターに品格を感じる。

『ブラタモリ』(NHK総合 毎週土曜 19:30~)がそれだ。(※この番組には地理の面白さを伝える魅力もあるが)

テレビのお約束を無視して、専門家の出すクイズにすぐ正解を出す。専門家の「さっさと当ててしまった……」と一瞬、唖然(あぜん)とする顔が好きだ。

番組を面白くするために、クイズは正解の前に、解答者はボケ回答を重ねる、そんな予定調和を崩す。それがタモリセンスだ。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMTE1LTAwMDExNDQwLWpwcmltZS1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/1/15 16:38

今、ブラタモリ、タモリクラブは凄く面白い!イキイキしてます

RE:2018/1/15 18:09

「毎度お馴染み流浪の番組~」

RE:2018/1/15 19:54

素人参加できませんか?

2 :名無しのさはら|2018/1/15 16:40

ほんと、懐の深い面白さ。

知識があるのにゆるぅっとしていて素敵です。

3 :名無しのさはら|2018/1/15 16:50

確かに打つ気満々とかクレームとか最近なにかとちょっとしんどい。タモリの独特のマイペースな空気感はいつも一緒で見てて安心できる。自分のペースで長ーくテレビに出てほしい人。

4 :名無しのさはら|2018/1/15 16:57

タモリさんはずっと控え目な司会や何気ない演出だけなんだけど

ここまでビックになった稀な天性持ってる人だよね。

RE:2018/1/16 5:21

イグアナ時代、四カ国麻雀時代も忘れないでね。

5 :名無しのさはら|2018/1/15 17:02

タモさんの魅力はその番組にいるだけで場を面白く見させてくれる頼もしさがある所じゃないかな

6 :名無しのさはら|2018/1/15 17:03

ブラタモリ最高っす♪

テレビ業界最大のミスはたけし、さんまとともにタモリをお笑いBIG3とくくったこと。

タモさんはお笑い芸人の範疇に入る人ではありません。(所さんとかもそう)

RE:2018/1/15 19:58

タモリさんは芸人では無く、「タモリ」というジャンル。

たけし、さんまは後継者がそのうち出てくると思うが、タモリさんは唯一一人です。

ギラギラした若い頃から、最近の飄々とした雰囲気までが、赤塚先生が作ったひとつの芸術。

RE:2018/1/15 22:38

さんまさんも『俺やたけしさんは演芸場で育ったけど、タモリさんは全く違う世界で生きてきた人』って言ってました。

7 :名無しのさはら|2018/1/15 17:04

タモさんは、「極めないこと」を極めてる、って感じがする。

「タモリ倶楽部」とかで、大概何やっても器用なんだよ、でも追求しようとはしない。まあ、これ自体が30年以上になる長寿番組なんだが、それを感じさせないユルさが味なんだな。

8 :名無しのさはら|2018/1/15 17:25

ブラタモリで地形の特徴を勉強したので、最近はネタが分かってしまう。

逆から見れば、そうそう特別な地域はない。

人間が考えることは、どこの町も共通している。

9 :名無しのさはら|2018/1/15 17:39

本当に賢い人の肩の力の抜けた余裕を感じます。

ふぁーっとしてるけどもこだわりも持つ男。

ダンディー森田さん。

こんな大人が増えると良いなぁ。

一流ホテルとかゴルフ場に数多くいらっしゃるオーラの上品で柔らかく鋭いおじ様の雰囲気。好きです。

10 :名無しのさはら|2018/1/15 17:39

タモリさん、大好きです。ブラタモリも面白い。博識すぎる、この方は。

よく、たけしと二人で「笑いの両巨頭」みたいに持ち上げるマスコミが多いけど、この方とたけしは全然違うと思います。

タモリさんは、どちらかと言うと、所さんにより近いような気がする。

RE:2018/1/15 21:30

「不仲説」が流れた原因と思われるこんな、出来事がありました。

ある番組で、所さんが嘘発見機の実験をしていたところ、「タモリさんが嫌いだ」に、針が強く反応したそうです。そこから「不仲説」が出たのと、「いいとも」以来、たまたま共演が少ないことから「不仲説」が根付いたそうです。

ちなみに、たけしさんとタモリさんにも「不仲説」がありましたが、それも「デマ」でした。

タモリさんがデビューする前、赤塚不二夫先生が、まだ駆け出しの漫才師だったたけしさんを気に入り、毎晩のように飲み会に参加させていました。そこで二人は知り合い、その頃からお互いを「タモさん」「タケちゃん」と呼び合っていました。

RE:2018/1/16 0:08

↑この話いいな

知らなかったです

ブラタモリは面白い。観始めてから

坂とか岩肌とか気になるようになり

ました

RE:2018/1/16 6:48

ヘイ・ユウ・ブルースさん、いい話をありがとうございます。

mas***さん、あの番組を見ると、みんなそんな気持ちになりますよね。(^-^)

11 :名無しのさはら|2018/1/15 17:46

たけしより、さんまよりタモリさん。

頭の良さが二人とは格段に違う。

頭の良さって、知識だけじゃないからね。

12 :名無しのさはら|2018/1/15 17:46

タモリさんは、共演している若い人をさりげなく、育ててる気がします。

笑っていいとも、ブラタモリからブレイクした人も多い。

共演者の長所を上手く伸ばしてる、理想の上司です。

13 :名無しのさはら|2018/1/15 17:49

毒にも薬にもならない

それが一番難しい

14 :名無しのさはら|2018/1/15 18:01

タモリの本性は【タモリ倶楽部】の時

他の番組では作られたタモリ

15 :名無しのさはら|2018/1/15 18:07

『ブラタモリ』の、“博識にも拘わらず、

それをひけらかさない、さり気なさ”や

“近江アナウンサーの天然キャラをしっかり

引き立てる懐の深さ”。

『タモリ倶楽部』の、“低予算でユルユルの

空間を「タモリという大道具」で嫌味なく

引き締める秀逸さ”。

この人の存在は、きっと、百年後も

二百年後も、テレビ界の大名跡として、

ずっと語り継がれることになるのでしょうね。

16 :名無しのさはら|2018/1/15 18:08

こんな上司がいてくれたら良いのな。

17 :名無しのさはら|2018/1/15 18:10

いつもご一緒するヨットレース大会。

「大会の趣旨を理解していないと思われる艇(^^)」と、早くゴールする艇をタモさんは屈託なく笑う。共に過ごして楽しくない訳がない。

18 :名無しのさはら|2018/1/15 18:27

タモリ様はワロッタ

19 :名無しのさはら|2018/1/15 18:32

今は朝から昼から 他人を批判するような番組ばかりで…

昼休みに「いいとも」を見て笑ったりしてた時とは違うもんね…

タモリはイレギュラーなことがあっても笑いに変えて、おだやかな時間が過ぎてた。

「いいとも」終わらせたフジテレビの責任って重いよな。

20 :名無しのさはら|2018/1/15 19:02

そう言えば、かなり昔…こんな番組がありました。

年を越した深夜、…スタジオに作ったアパートの一室のコタツに、タモリさんと井上陽水さんがふたりで入っている。

ミカンを食べながら、「ところで、あ〜たね。」「何をおっしゃる、あ〜たこそ。」と、だらだら2時間程「無駄話」をするだけの番組。

…しかも、2年連続で「生放送」で。

あんな「ゆるゆるな番組」をもう一度観たいものです。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング