K-POPアイドルを追う“チクドク”と過激な“サセン”の違い さはらチャンネル

K-POPアイドルを追う“チクドク”と過激な“サセン”の違い

telmin

   

img

韓国や日本だけでなく世界でも人気のK-POPグループ「SHINee」のジョンヒョンさん(27)が2017年12月18日に亡くなった。警察は、自殺と結論付けている。うつ病に苦しんでいたという報道もある中、友人のミュージシャンにより12月19日に公開されたジョンヒョンさんの遺書には「世の中とぶつかったり、世の中に知られて生きるのは辛かった」という趣旨が述べられていた。この内容から、世の中の注目を浴びるK-POPアイドルである自分と、本来の自分との間で苦しんでいたということは推測できる。この件は、韓国の芸能界には自殺者が多いことと併せて言及されることが多い。過去に自ら命を絶った韓国の芸能人にはキム・ジフン、チェ・ジンシル、パク・ヨンハなど、多数存在する。俳優や歌手、モデルにタレントなど様々だが、その中でもジョンヒョンさんの自殺については特に“K-POPアイドル”だからこその苦しみがあったのではないかと、K-POPに詳しい女性ライターは指摘する。「K-POPのファン文化は独特です。日本人の感覚からするとやり過ぎではないかと思うほど、アイドルに踏み込んでいく傾向があります。例えば“チクドク”と呼ばれる、アイドルの追っかけをして一眼レフなどで本格的な写真を撮るファンがいますが、彼女たちはアイドルの芸能活動についてまわり、コンサートや公開収録時の写真だけでなく移動中の私服写真も撮影し、どんどんネット上にアップします。特に海外活動の多いアイドルは飛行機の搭乗前後も必ず彼女たちのカメラに捉えられ“空港写真“という名でリアルタイムにも近い速さで世界中に公開されるのです。その際の服装は“空港ファッション”と呼ばれ注目されるため、アイドルたちも特に空港での服装には気を使っているほどです」こうして常に追いかけられるだけでなく、その姿がネットによって世界中を駆け回る。海外でも絶大な人気を誇っていたSHINeeの一員であるジョンヒョンさんだからこそ、そのことを日常的に経験していたのだろう。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTgwMTEyLTAwMDAwMDA4LXBzZXZlbi1hc2VudA--
minkuru
1 :名無しのさはら|2018/1/12 7:14

韓国は独特の考え方があるからね

怖いよ

2 :名無しのさはら|2018/1/12 7:15

>チクドク

気持ち悪いし引く

こんな奴とは関わりたくない

3 :名無しのさはら|2018/1/12 7:16

ファンが自分たちの在り方を変えない限り 変わらないだろう。

4 :名無しのさはら|2018/1/12 7:21

可哀想なジョンヒョン

愛するファンに応援され

ファンの気持ちが過熱し生活を支配され

少しの自分の考えを言っただけで

酷い誹謗中傷に悩まされるようになり

何の為に生きてるか分からなくなった

応援したのはファン

殺したのもファン

過激な言葉を発する人は韓国人だけじゃなく

日本人のTwitterを見ても居る

アイドル=恋愛対象

なのか強めのストーカーちっくな人も沢山

ジョンヒョンはきっとアイドルを辞めても

追いかけ回され

彼女が出来てもファンに潰され

彼女さえの命さえも狙われ

恋愛も生活も仕事も24時間監視されてたら

普通の人なら気が狂うと思う

5 :名無しのさはら|2018/1/12 7:22

韓国政府があんな政策しか出来ない状態で、どんな神経でニコニコ来日してるんだろう。

6 :名無しのさはら|2018/1/12 7:23

日本の1960年代後半から、80年代までの歌手や、アイドルにもこんなこと有ったと思う。

特に80年代のアイドルには、タクシー使ってまでして移動車追いかける、「追っ掛け」なんて居たし。

だけど、携帯無かった、今みたいに写真を撮るにしても手ぶれ防止なんて、望遠何か(笑)

気を抜ける時も有ったと思う。

現代のアイドルは大変。

7 :名無しのさはら|2018/1/12 7:23

韓国って、アイドルとファンの距離が近すぎる。韓国の空港も近くまで寄ってプレゼントや手紙渡せたり、サイン会もあって、かなり話せたり、直接触れたり、、

日本でのジャニーズとかだと考えられない感じ。

RE:2018/1/12 16:43

どちらかというと地下アイドルに近い感じなのかな?

彼女たちもストーカーとかに悩まされてるよね。韓国のアイドルは知名度も高いから地下アイドルよりもっと大変なんだろうけど

8 :名無しのさはら|2018/1/12 7:26

韓国系ねぇ〜〜

ちょっとわからない。

9 :名無しのさはら|2018/1/12 7:34

チクドクのことはほとんどの人が

マスターと呼んでる気がします。

ファンの在り方を変えなければならないと

いう意見が多いですが、それはほぼ不可能。

サセンのひどさはshineeだけではなく

他のアイドルグループに対しても

日本人の想像の域を超えています。

韓国のファンは自分の好きなグループに対して

使うお金の額が大きすぎるから

それに見合った活動や結果じゃないと

満足いかないんですよね。

RE:2018/1/12 22:22

X さん

それを言うなら、AKBや関連グループ。

最近では、握手券プラス何かあるらしいですね。

特典のみのけて、買ったCDは、段ボールに入れて山に捨ててる人もいましたよ。

10 :名無しのさはら|2018/1/12 7:42

ジョンヒョンを死に追い詰めた暴君組織の存在は許せない。しかし、若い年齢で強制的に徴兵される国だから『入隊までに稼げる時に稼げ!』というのもあるのではないか?東方神起は除隊しても不動の人気があるが、前ほどの人気はない。入隊によって空白、損失になること、除隊後の考えるからこそ『稼げる時に稼ぐ』となるのではないか?その年齢に近くなればこその悩み、不安は本人が一番辛いのに。

RE:2018/1/12 16:09

暴君組織って、何それ???

ジョンヒョンの場合は子供時代からの重篤な鬱病なんですが?

死の何日か前の映像を見る機会がありましたが生気が全く感じられませんでした。

辛くて見終えられなかった。

遺書も読んだけど彼の苦悩が心に真っ直ぐ飛び込んできた。

徴兵の不安はあるにしてもそれが根本の悩みではないことは分かりますよ。

11 :名無しのさはら|2018/1/12 7:47

アイドルになる前から過激なファンの存在は認識していたと思う。

覚悟の上でみんな夢を叶えたのだから、ファンだけの問題では無いと思いたいが、もし、辛かったのならアイドルを辞めて作曲活動に専念するなどして、命を絶つのだけは避けて欲しかった。

素晴らしい才能があったなら他に道はたくさんあるはずなのに。

アイドルはファンに支えられていることもよく分かってる子達だから。

12 :名無しのさはら|2018/1/12 7:51

韓国人の執拗な粘着性、ストーカー性がよく分かる記事でした。

13 :名無しのさはら|2018/1/12 7:55

ジョンヒョンの場合は事務所の体質にもだいぶ問題あると思うけど…。

マスターの中でも貢ぎ度が高い人は中国人のお嬢様が多いです。自分で働かなくても高級一眼何個も抱えて世界中飛び回るお金も時間もある人。

サセンは論外だけど、マスターが付いて回るのは韓国で芸能人になるなら当然といえば当然なので仕方ない文化ですね。

日本のライブ会場で注意されてる人よく見かけます(^_^;)

14 :名無しのさはら|2018/1/12 8:01

ファンという名の暴力。「ファンだから」で何をやってもいいわけじゃない。最初は人気のバロメーターで嬉しく感じてもずっとそんな環境に置かれてるとおかしくなってくるんじゃないんだろうか。韓国ばかりでなくどこでもだけど、ある程度の規制で守ってあげないといけない気がする。

15 :名無しのさはら|2018/1/12 8:06

この記事は、韓国語を紹介する記事で、自殺は、そう呼ばれる変態ファンがいるのが原因と言いたいと言う事ですね~

16 :名無しのさはら|2018/1/12 8:11

韓国はおかしな人が沢山いるということか。

17 :名無しのさはら|2018/1/12 8:11

SMって超ブラックなイメージ

あるけど、

社長さんは日本人より日本語が上手く

考え方が全て的を得ている。

RE:2018/1/12 10:34

日本人より日本語が上手いというのはどんな感じなんだろうか

いまいちよく分からないけど、まあいいか…

RE:2018/1/12 15:56

確か高校卒業まで日本に住んでいたんですよね。

18 :名無しのさはら|2018/1/12 8:26

日本でのファンは同胞劇団が演じていますw

19 :名無しのさはら|2018/1/12 8:27

呆れる。

20 :名無しのさはら|2018/1/12 8:28

韓国アイドルのファンは基本痛い。

RE:2018/1/12 12:24

同感。

うちの会社にもいい歳してケーポップの追っかけやってる人がいますが、給料全部つぎ込んでて皆から引かれてます。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング