クイズの女王・宮崎美子が見てきた “本当にすごい解答者” はあの人 さはらチャンネル

クイズの女王・宮崎美子が見てきた “本当にすごい解答者” はあの人

telmin

   

img

“クイズの女王”と呼ばれるほど、今やクイズ番組には欠かせない存在の宮崎美子(58)。クイズ番組の魅力や勝つための秘訣について伺った。『Qさま!!』『ミラクル9』(ともにテレビ朝日系)をはじめ数多くのクイズ番組の常連。そもそも往年の超人気クイズ番組『クイズダービー』のレギュラーでタレントとしての一歩を踏み出して以来、36年間、ずっと解答者席に座り続けている宮崎美子。“クイズの女王”の名はダテではない。

「実は『クイズダービー』以前にも一般視聴者として『アップダウンクイズ』に出演しているんですよ。そう考えると昔からクイズは好きだったんでしょうね。ただ、クイズのための勉強って正直、したことがないんですよ。『Qさま!!』で漢字検定の1級を受けたときくらいですね、真剣に勉強したのは(笑)。

それよりも楽屋での会話なんかが意外と役に立ったりするし、いろんな世代のいろんなジャンルの人が一堂に集まるのも楽しいじゃないですか。自然に自分が知らなかった話題になったりして、そういうのってどこか頭の片隅に残るんですよね」

教科書的な知識を競うクイズ番組で現役東大生に勝てるわけがないと笑うが、実際は水上颯などの東大生クイズ王を制し、悔しがらせることも。単なる知識比べではないところがクイズ番組のおもしろいところ。宮崎ほどそれを知り尽くした出演者はほかにいない。

「知力も瞬発力も若い人にはかなわないけど、クイズショーでの勝負となると経験が物を言うこともある。解答者席には独特の緊張感があって、なかなか平常心ではいられないんですよ。知ってるはずなのに答えが出てこない。わかってるのに怖くてボタンが押せない。そんなことばかり。

その日、その場所でいちばん集中できた人が勝つのがクイズ番組。重要なのは場数なんですよね。申し訳ないなとは思いつつ、人生そういうものよ、水上くんって(笑)」クイズ史に残るさまざまな番組、いまや伝説となった解答者たちと共演してきたことも彼女の財産となっている。

「『クイズダービー』のはらたいらさんは本当にすごかった。あるとき、お坊さんに関するクイズが出て、誰もわからないのに、さも当然のように正解なさって、“なんでそんなことまでご存じなんですか?”って尋ねたんですよ。そうしたら、先月号の『月刊住職』に載ってたよって。そんな雑誌にまで目を通しているのかと本当に驚きました。

やくみつるさんもそうですけど、社会批評を描く漫画家さんって森羅万象すべてにアンテナを張りめぐらせてらっしゃるんですよね。これはおもしろそうだと思ったら、どこか心の隅にとめておくと、そこから違う世界が広がることもある。そういう意味でクイズは知的好奇心を刺激してくれるいちばん身近なものだと思うんですよ」

出演者たちの知力の競い合いをスポーツ観戦のような感覚で楽しみつつ、そこに自分も参戦できる。クイズ番組の素晴らしいところは、その双方向性だろう。

「おじいちゃん、おばあちゃんからお孫さんまで、家族が世代を超えて楽しみながら勝負もできる。そんな番組ってクイズしかないですもんね。出演者側からすると、確かにスポーツをしているような爽快感はあります。もちろん、負けたときは悔しさも。この年になって息子のような若い子たちと真剣勝負ができるのは何ものにもかえがたい喜びです。

たまに小さな女の子からお手紙をもらうんです。こういうおばちゃんもいるんだって、励みや勉強のきっかけになったら、おばちゃんとしてはこんなにうれしいことはないです(笑)」

<プロフィール>

宮崎美子◎熊本大学在学中にミノルタのCMに出演、そのみずみずしい水着姿が大反響を呼ぶ。以来、才色兼備のタレント、女優として活躍。’81年に『クイズダービー』のレギュラー解答者に。現在まで、『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』ほか、数多くのクイズ番組に出演している。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTcxMjMxLTAwMDExMTQ0LWpwcmltZS1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2017/12/31 12:30

クイズダービー見るたびになんでみんな『はらたいら』に賭けないないんだろう?と不思議に思ってた

RE:2017/12/31 12:57

私もそう思ってました。

全問はらたいらさんに賭けとけば間違いないのにって。

RE:2017/12/31 13:25

私も思ってました(笑)

子どもにはあの倍率システム、理解できませんでした(笑)

2 :名無しのさはら|2017/12/31 12:49

やくさんは知識が半端ないイメージだったけど、年間ペナントレース優勝決定を賭けたその年のラストマッチに、暫定1位にいながら別番組のロケで欠席、結果本人何もできないまま天明さん逆転優勝から違和感を覚えた。

特に最近は正答誤答以前にボタンを押す事も極端に少なく、ほぼほぼ予選敗退な上に悔しさも見せず淡々とフェードアウトしていく姿に、無気力相撲なのか視聴者には解らない予定調和なのか、みたいな不自然さを感じるようになった。

まだまだ若手たちの高い壁でいて欲しいんですけど…。

3 :名無しのさはら|2017/12/31 12:53

はらたいらさんの博識ぶりは憧れでした。

4 :名無しのさはら|2017/12/31 13:09

以前のクイズ番組は司会者も知的だったりダンディーな素敵な人が多かったなと思います。もちろんクイズの内容も面白かったです。

5 :名無しのさはら|2017/12/31 13:21

クイズダービーのはらたいらさん、

ヒントでピントの浅井慎平さん、

マジカル頭脳パワーの所ジョージさん。

子供の頃、いつも「頭いいなあ〜」と思って見ていた!

RE:2017/12/31 14:54

ヒントでピント、難問だらけだった記憶がある。浅井慎平さん独り勝ちのなか、栗原薫もなかなか頑張っていたっけ。懐かしい〜

6 :名無しのさはら|2017/12/31 13:36

どうしても視聴率を上げないといけないので

大相撲の八百長とおなじでクイズ番組もやらせが入って居るじゃ無いか怪しい。

RE:2017/12/31 14:35

相撲の八百長とクイズショーの演出とを一緒にしたらダメだよ。別にクイズはガチンコでやる必要なんて全くないんだからね。

7 :名無しのさはら|2017/12/31 14:14

Qさまで見せるインテリっぷりとミラクル9で見せるコミカルっぷりの振り幅がとてもいい。

8 :名無しのさはら|2017/12/31 14:29

巨泉さんが最後にやった復刻版クイズダービーで、亡きはらたいらさんに代わりやくみつるが3枠に座ったが、違和感がなかった。

そして2枠の井森美幸さんが30年経っても変わってなかった。

9 :名無しのさはら|2017/12/31 15:33

月刊住職、検索したらほんとにあって草

10 :名無しのさはら|2017/12/31 15:43

篠沢教授の話を期待して読んじゃいました。

11 :名無しのさはら|2017/12/31 18:52

クイズダービーはヤラセだったはずだよ。巨泉が番組終了後、しばらく経ってから、言ってた。

12 :名無しのさはら|2017/12/31 19:12

ちょいとハンデありすぎですね。あまりにも芸能人チームが有利です。

13 :名無しのさはら|2017/12/31 19:22

この人嫌い、時々見える、本来の腹のどす黒さがえげつない。

14 :名無しのさはら|2017/12/31 19:34

宮崎美子が正解した時の表情やしぐさがわざとらしくて不快でまず番組は見ない。

だいたい「クイズ王決定戦」に出てるようなタレントはほぼイケすかないけど。

石坂浩二がよかったかな。

15 :名無しのさはら|2018/1/2 15:06

クイズダービーでは答えを知らされていたと、

原さんが亡くなる数年前だったと思いますが大手週刊誌に自分で暴露してました。既に病気にかかってたかもしれませんね。ポスト、新潮、文春、現代あたりの誰でも知ってるやつですよ。

常にトップ解答者で有り続けたのは、実は視聴率のためのTV局が作った虚像でした。暇な方は調べてみてください。事実ですから。

TVをあんまり信じすぎるとばからしいです。ほどほどに見ましょう。

タレントがよく解答しすぎるのを見ますが大抵疑います。

クイズ番組で一番やってはいけないのはこのようなやらせです。

ほんとかなと思う視聴者が多ければ、視聴率は低下しその番組はまもなく終わるでしょう。

普段気取ったタレントが間違えて恥をかくのが面白いという面もありますから。

16 :名無しのさはら|2018/1/3 8:11

一時期の、不思議発見の黒柳徹子も、気持ち悪いくらい正解していたね。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング