【あらびき連載 Vol.1】ハリウッドザコシショウ「あらびきが沈んだら私も沈む」 さはらチャンネル

【あらびき連載 Vol.1】ハリウッドザコシショウ「あらびきが沈んだら私も沈む」

telmin

   

img

12月29日(金)夜11時50分から、TBSで「朝まであらびき団スペシャル あら-1グランプリ2017」が放送される。

【写真を見る】ハリウッドザコシショウは人気アニメのキャラクターで勝負!

「あらびき団」は、“あら削り”な一芸を持ったパフォーマーを紹介する番組で、2007年10月から2011年9月までレギュラー放送されていた。MCを東野幸治(ライト東野)と藤井隆(レフト藤井)が務め、ファンの中では“伝説”と称される異色の番組だ。

WEBサイト「ザテレビジョン」では番組を盛り上げるべく、短期連載企画を開始。番組に登場する“あらびき団員”の番組への思いや約3年ぶりに開催される「あら-1グランプリ」への意気込み、今後の野望などに迫っていく。

今回は、番組に第1回から出演し、「あら-1グランプリ」の2代目王者でもある“キング・オブ・あらびき”ハリウッドザコシショウに直撃。

■ あらびき団と私

――ご自身にとって、「あらびき団」という番組はどのような存在ですか?

…地獄の舞台ですよ。でも、ふるさとに帰ってきたみたいな、実家のお母さんのご飯を食ったみたいな感じですかね(笑)。

んー…あの舞台の変な感じの造りの…見世物みたいな感じのところでネタをやらせていただくと、スタッフさんとかどっと笑わなくてクスクスって笑うんですけど、そういうのが「あ、昔撮っていた感じだな」って思いますね。

だって、普通の収録だったらね、(スタッフが)笑ってくれるんですけど、(あらびき団のスタッフは)笑わないですからね! 第1回から出てますけど。

――今回は人気キャラクターのネタを披露してましたね。

あれはあらびき用です。普段あんなことやっていいって番組ないですもん。誰があんなネタ「やってください」って言う?(笑) 普通だったらあんなの「やめてください」って言われるんですけど、(あらびき団では)「ああいうのやってください」って言われますからね。逆いっちゃいますもんね。

BPOとの戦いですよ。あらびき団の中でもBPOからキツくマークされているのが僕(笑)。だから戦いですね。そこをいかにギリギリのところを攻められるか、というのが課題ですね。

■ あらびき団員としての心得

――あらびき団員としてネタを披露する上で、大事なことはありますか?

“あらびき団”っていうイメージがあるじゃないですか。でも、芸人がそこに寄せる必要は全くなくて、自分で一生懸命やったネタを、スタッフさんとか東野さんがガツッと料理してくれるんで、そこは別にあらびき団のイメージに寄せる必要はないですね。「ありのままで~♪」みたいな(笑)。

よくオーディションで「あらびき団だからこういうネタがいいんじゃないか」ってやって、ことごとくスベってるやついますからね。

――そこは直球勝負で?

僕がNON STYLEみたいなことやったってね、ダメなんですよ。そういうのと一緒じゃないですかね。

■ あらびき団と苦悩と喜び

――この10年の中で、苦悩だったり、「こういうことがあってうれしかった」みたいなことは?

苦悩はいっぱいありますよ。当時、「エンタ(の神様)」(日本テレビ系)、「レッドカーペット」(フジテレビ系)、「あらびき団」って三大お笑いブームになったという番組が3つあって、「エンタの神様」でブレークしたって人は、すげー営業も入りゃ、他の番組にも出る。

で、「レッドカーペット」も、レッドカーペット賞とか取ったら一晩でスターになってる人も見てきましたよ。

でも、「あらびき団」だけそういうのないです。営業も何も呼ばれないし、他の番組にも呼ばれないっていう。増えるのはあらびきの回数ばかり(笑)。出番がただ増える。

で、あらびき終わっちゃった。「じゃあ、どうしようか」「何もねーや」ってなってしまって、そこで考えるようになって、一応(2016年に)「R-1(ぐらんぷり)」で優勝したから、感謝はしてますけどね。

ずーっとあらびきが続いていたら、たぶんR-1取ってないから。

――1回レギュラーが終わったことがきっかけに?

世間の…あらびきのバブルじゃないけど、そういうのが全くなくなったときに、自分を見詰め直すことができましたからね。だから復活してやっぱりうれしいです。

――東野さん、藤井さんは“R-1優勝”を喜んでいましたよ。

ほんとですか。その割に昨年末の「オールナイト祭!」では東野さんは「ネタつまんねえ」とか言ってましたけどね。オンエア見てガックリしましたよ。途中でカットされてたから。

つまんねえからカットしろって(笑)。扱いがまったく変わらないのが、あらびきらしいですね。

いくら“R-1チャンピオン”になろうが、あらびきだったら普通、昔のまま扱われるっていう。それがうれしいですね。それがまた、実家に帰ったみたいな感じで。

■ あら1-グランプリと私

――今回「あら-1グランプリ」の第3弾ということで、2014年の2代目王者ですが、今回グランプリを取る自信はありますか?

2013年に第1回の「あら-1グランプリ」があって、賞金が10万円あったんですよ。それで、バターぬりえが優勝してから、(村上)ショージさんの娘だって話題になって、ちょこちょこメディアをにぎわせたんですよ。

それで「あ、これはあらびき団のコンテストも、レベルが低いながらも、なんかちょっと影響があるのかな」と思って、第2回で優勝したんです。そしたら賞金ゼロ円で! 何も表彰されないっていう。

しかも何にも仕事が増えないっていうね。これで第3回の賞金が1円でも発生したら、もう怒りますからね! なんで第2回がゼロ円!? 第1回が10万円あって、第3回が5千円でもあったら、「なんで俺がゼロなんだ!」「おかしいだろ!」って訴えたいですね。

嫌がらせじゃん! 俺が優勝するからゼロって。優勝できたのはうれしいですけど。

普通ね、こういうコンテストやったらね、みんなから祝福のメールとかあるでしょ? 1件もなかったんですよ(笑)。何も変化なくて。ちょっとWEBニュースになっただけくらいですよ。

僕なりにビジョンみたいなのがあって。ちょっとズレましたけど、「あら-1グランプリ」が始まると聞いた時、これ優勝したら、「R-1ぐらんぷり」への弾みにできるから絶対優勝したいなっていうのが自分の中であったんです。

第1回で惜しくも優勝を逃して、第2回で優勝できました。じゃ、この年の「R-1ぐらんぷり」、決勝に行けるかなと思ったら、行けなかったんですけど、その次の年に(決勝に)行けて優勝できたから。で、まあ結局何かしら話題にはなるから、良かったなとは思いますけどね。

…だから第3回も、優勝したいですね(笑)。2連覇したい。

■ あらびき団と野望

――あらびき団を通しての野望みたいなものがあれば教えてください。

「あらびき団」のねぇ…この番組結構長くやってますよね。だからあらびきは市民権みたいなものが絶対あると思うんですよね。

番組が復活ってなった時や今回の年末のやつも、「絶対面白いから、絶対見る!」って結構言われたので、再レギュラー化がいいですね!

毎週のように出て、またクソ番組だって言われる方があらびきらしいじゃないですか。「レギュラーになったらダメだな」って言われる方があらびき団ぽいですけどね。けなされる方が。

うすーく残るっていうのが、いいと思いますよ。僕はずっと続いてほしいですね。僕、ピンになってから一番最初に出たのがあらびき団で、名前が売れたのがあらびき団だと思うんで。

“キング・オブ・あらびき”って付けてもらってますし。 “キング・オブ・あらびき”って、別に何をしたわけでもないんですけど(笑)。うれしかったです、だって、他の人は付けられてないですもんね。

あらびきが沈んだら私も沈みますから(笑)。そんな感じですよ。(ザテレビジョン)

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTcxMjIyLTAwMTMxNzQzLXRoZV90di1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2017/12/22 5:05

あらびき団楽しみ♪

2 :名無しのさはら|2017/12/22 5:23

好みの問題だとは思いますが、ハリウッドザコシショウのネタの笑いどころがわからなく、未だに笑ったことがないです。

何回見てもわからなく、どのネタ見てもわかりません。

悩ましい。

RE:2017/12/22 6:20

「笑いのツボ」は、人それぞれ。

自分のツボにハマらない芸人を無理に理解する必要はないと思います。

「あらびき団」という番組は、ザコシショウのような芸人が、「ドイヒー」なネタを披露する番組です。

ザコシショウや、RG、アキラ100%、とろサーモン、にゃんこスターなど、「この手のお笑い」が好きな俺のような人間に取っては、最高に面白い番組ですが、趣味に合わない方に取っては「地獄のような番組」ですし、オススメ出来ません。

3 :名無しのさはら|2017/12/22 5:23

ほんとに王者だったん?って言う人がここにも。

4 :名無しのさはら|2017/12/22 5:46

そう言えば…

「M-1」で頂点に立った「とろサーモン」は、

お笑い番組「あらびき団」では、ナレーションをやっていましたっけ。

それにしても、あらためて「あらびき団」という番組は凄い。

この番組から生まれた、主な「あらびきスター」は、

「♪ もしかしてだけど ♪」のどぶろっく、

「細かすぎる物まね」のエハラマサヒロ、

「暇をもてあました神々」のモンスターエンジン、

「エアあやや」のはるな愛、

「3の倍数が付くとアホになる」の世界のナベアツ、

「ラブ注入」の楽しんご、

「冷やし中華始めました」のAMEMIYA、

「滝川クリサヘル」こと、サヘル・ローズ、

「椿鬼奴」率いるキュートン、

「スモササイズ」の「あかつ」

そして、「R-1チャンピオン」ハリウッド・ザコシショウ、

「M-1チャンピオン」とろサーモン。

…「そうそうたるメンバー」じゃないですか。

RE:2017/12/22 6:09

ウーマンラッシュアワーがお馴染みのバイトリーダーネタをテレビでおそらく初披露したのもあらびきでした。

RE:2017/12/22 6:16

良くも悪くもB級感が半端ねぇな!

RE:2017/12/22 7:19

阿佐ヶ谷姉妹も忘れないで。

5 :名無しのさはら|2017/12/22 6:05

この番組の良いところは、全く素人やお笑い始めましたやそこの地域だけ有名って人がネタを披露出きるところ、面白くなくてもカメラワークで悪の編集とあの雰囲気でなぜか笑ってしまうのが好きだな

6 :名無しのさはら|2017/12/22 6:30

エンタと同様、ネタ中に字幕が出まくるのに、こっちはエンタの万倍おもしろいよなー。東野藤井は有能だな…。

7 :名無しのさはら|2017/12/22 6:39

この人はネタよりも、ファミコンこうりゃくが面白すぎる、、、。

8 :名無しのさはら|2017/12/22 6:42

あらびき芸人はいいね

9 :名無しのさはら|2017/12/22 6:57

テレビに出てるって事は人気があるのかな?

この人の笑いどころが自分には分からないけど

芸人の間では評価が高いらしいとなんかの番組で見た記憶がある

10 :名無しのさはら|2017/12/22 7:05

風船太郎、りなんなん、好きだったなあ

11 :名無しのさはら|2017/12/22 7:07

ザコシショウのネタは、全く面白くないどころか、観ていて不快になる。

12 :名無しのさはら|2017/12/22 7:15

アシュラマン漫談のアイデアはすごいと思う

13 :名無しのさはら|2017/12/22 7:18

ザコシ最高。

全くおもしろくないのに笑える不思議な人。

14 :名無しのさはら|2017/12/22 8:28

「なんだコレ」というのが、あらびき団の良さ面白さ。一般的なネタ番組やコンテスト番組でやるネタではない、小ネタ一発思いつきネタ、ニッチな層にしか受けなさそうなネタ、様々なタイプの玉石混交の笑いがあるのが魅力。まあ大半はガラクタなんだけどねwでもガラクタ箱ってなんか楽しいんだよな。

15 :名無しのさはら|2017/12/22 8:36

その前に浮いてますか?

最近、笑いの嘘ばかりでつまらない。

笑うところではないタイミングで、笑いを加えてるとしか思えないものばかり。

16 :名無しのさはら|2017/12/22 8:36

もう沈んでるようだがどこからその自信が出てくるんだろ。

17 :名無しのさはら|2017/12/22 9:30

あらびき団好きだったなぁ

太っちょカウボーイとか、NEWカノンとか、

焼肉屋に強盗はいってナムル~!って叫ぶ奴とか

18 :名無しのさはら|2017/12/22 10:33

来年も「ハンマーカンマーハンマーカンマー…」ってかw

19 :名無しのさはら|2017/12/22 13:13

身内受けだけで何が面白い?

気持ち悪くてチャンネル変える。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング