「希望にあふれ、明日に向けて軽やかな気持ちになれる最終回に」岡本幸江(制作統括)前編【「おんな城主 直虎」インタビュー】 さはらチャンネル

「希望にあふれ、明日に向けて軽やかな気持ちになれる最終回に」岡本幸江(制作統括)前編【「おんな城主 直虎」インタビュー】

telmin

   

img

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」がいよいよ今週、最終回を迎える。過酷な運命に立ち向かい、戦乱の世を、知恵と勇気で生き抜いた主人公・井伊直虎(柴咲コウ)に魅了され、近づく別れを惜しんでいる視聴者も多いことだろう。そこで今回は、本作の企画から携わり、制作統括を務めた岡本幸江氏に、作品に込めた思い、最終回の見どころなどを聞いた。

-女性の殿様が主人公ということで、当初は、女性の時代を象徴する作品という受け止め方もあったかと思います。そのあたりについては、どのようにお考えでしたか。

私自身、一度もその目線からこの物語を作ったことはありません。男性に対する女性ではなく、メジャーに対するマイナー、強者に対する弱者が、自分の居場所や自分が生きる道をどう確保して切り開いていくかという目線で作ってきました。現代社会では、もしかしたら男性に対しては女性が弱者になるのかもしれませんが。ただあくまでも、私の中では世界における日本、日本の中でも中央に対する地方、あるいは、日本にも日本人だけでなくいろいろな方がいますので、そういう幅広い目線を意識していたつもりです。

-女性の立場だけではないということですね。

女性としての生き方と捉えると、選択肢が限られてしまう気がします。直虎自身も、女性でありながら出家をするので、もはや男でも女でもなく、ただの人です。だからこそ、大胆な選択をして思いも寄らないところから道を切り開いていくことができる。そういうところにとても魅力を感じましたし、だからこそ主人公足り得ると思っていました。

-そういう意味では、今の時代にふさわしい主人公ということになりますが、物語も随所に現在の日本と重なる部分が見受けられました。例えば、借金だらけの井伊家を立て直していく様子は財政赤字の日本の姿と重なりますし、井伊谷が武田に焼かれるあたりは東日本大震災など、全国で頻発する災害を連想しました。そういった比喩的な部分が物語に深みを与えていたと思いますが、どの程度意識して作っていたのでしょうか。

テレビドラマというものは、今を生きている人、あるいは今より先を生きる人に向けてのメッセージだと思っています。だから、舞台そのものは450年前だとしても、今の人に届くものでなければなりません。そういう意味では、ものすごく意識しています。今の社会の問題が、この方法で解決するとは思いませんが、例えば財政赤字の問題や人手不足の問題をどう解決していくのか、あるいは、心や体に負った傷とどう折り合いをつけて生きていくのか。そういった現在の日本や世界で起きていることと、どこか合わせ鏡になるような題材は、意識して盛り込んだつもりです。

-戦国時代を舞台にしたドラマというと、一般的には昨年の「真田丸」のように、合戦や覇権争いを繰り広げるイメージが強いと思います。今回、綿花の栽培や材木の商売など、生活に近い部分を中心に据えることに対して、不安はありませんでしたか。

あまりなかったです。直虎の生涯で、井伊谷が直接戦火に巻き込まれたのはほんの1、2回なので、合戦を描くとしても限られた回数になると思っていました。私自身も合戦そのものがドラマチックだと思ったことがあまりないんです。それよりも、合戦に至るまでの駆け引きや、なぜそういう事態に至ってしまったのかという前段の部分、起こってしまった後の勝者と敗者の悲しみにこそドラマがある。だとすれば、合戦こそしないけれども、多くの人を奪われ、多くの物を失いながらも、生き永らえ、後に大きな家になる井伊家でも十分ドラマチックになると思っていました。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTcxMjE2LTAwMDAwMDAxLXR2ZmFuLWVudA--
minkuru
1 :名無しのさはら|2017/12/16 12:19

後半は直政の方が目立って直虎が脇役みたいになってたな。

2 :名無しのさはら|2017/12/16 12:27

直政。。。

直虎の直

直親の直

政次の政

を取って志を継ぐのでしょうね。

RE:2017/12/16 15:38

政次の政。これ重要ですよね。

今でこそ小野政次の名が通っていますが、このドラマが始まるまでは但馬守や小野道好の名が通っていた様ですからね。

RE:2017/12/16 17:01

三人が皆亡くなっても視聴者を哀しませず締め括るには、政次という名前にしておく必要があったと思えてならない。

3 :名無しのさはら|2017/12/16 12:34

ハッピーエンドになりそうで良かった。

4 :名無しのさはら|2017/12/16 12:56

三年後の大河ドラマは、直政をお願い申し上げます。

RE:2017/12/16 14:39

いや、来年春頃、特番扱いでスピンオフドラマを3時間枠くらいでやってもらわないと、待てないです。

RE:2017/12/16 14:47

高橋一生さんも菅田将暉さんも

大人気で引っ張りだこになってしまいましたから、スケジュールも大変でしょうか…

何とか!何とかお願いしたいですよね!

RE:2017/12/16 21:41

脚本もキャストもスタッフもそのままで直政のお話見たいです!

5 :名無しのさはら|2017/12/16 12:56

竹やぶの中にひっそりと、あったらしい直虎の墓と伝わる場所に行った。

今は近所の声で、竹やぶが刈り取られたらしく

ボツンとあった。

ずっと400年ひっそりと、名を知られることもなく置かれた墓と2017年大河ドラマの主人公となり全国に名前を放送された直虎

それがダブって見えた。

RE:2017/12/16 15:41

なんとも言えない気持ちだったでしょう。

6 :名無しのさはら|2017/12/16 14:21

真田丸も派手な戦のシーンは上田城と大坂の陣くらいだったもんな…。

特に戦国時代を描く大河ドラマは戦のシーンのインパクトは大事かもしれないけど、それ以上に余白のある日常生活や政治的な部分の方が重要だよな…。

7 :名無しのさはら|2017/12/16 14:41

あれだけ恐怖の対象だった武田の遺臣が

直政の下について忠誠を誓うシーンは是非じっくり見せてもらいたい。

8 :名無しのさはら|2017/12/16 15:40

先週、「つづく!」の後、最終回と知って驚いた。

普通に毎週…て、感じだったから。

真田丸ほどのインパクトは無きにしも、柔らかく深みのあ?ストーリーだっただけに尚更、寂しくなるね。

9 :名無しのさはら|2017/12/16 15:41

菅野よう子さんという方の音楽だったんですね。ストーリーの良さに加え、音にも意識がいきました。

RE:2017/12/16 23:01

メインテーマは、近代フランスのピアノ協奏曲みたいで快活だけど耳に優しく引き込まれた。

でも、菅野さんはクラシックの要素ばかりではなく、ロックもワールドミュージックも念頭に入れている。龍雲丸登場のコーラスは、アディエマスやブルガリアンヴォイスを意識してエスニック感を出したように聞こえたし。

とにかく、この人は音の引き出しが多いのだ。

RE:2017/12/17 10:12

打ち込み系の音楽どこかのシーンで入りましたよね。あれで、これは1人の人がやっているのかとか、若い人が手がけているのか、とか気になるようになりました。分かったのは、女性なんですね。

10 :名無しのさはら|2017/12/16 15:52

合戦シーンはなにかと金がかかるからなあ。

真田丸の関ヶ原の戦いは全く戦闘シーンなしで話題をさらったから、今後も合戦シーンは最小限になるだろう。

受信料は裁判で有利な判決が出たし、合戦シーン激減などで節約できたお金は、誰の財布に行くのだろう?

RE:2017/12/16 18:10

金以前に、大掛かりな合戦シーンを撮影しようとすると、自治体からロケの許可が出ないそうです。環境破壊につながるとか・・・。

RE:2017/12/16 23:11

今回のドラマは、合戦はそんなに重視していないと見た。ギリシャ悲劇をはじめ、なんとなく古典劇を思わせる箇所が数多く見られた。

古典劇とは、限りなくミニマムで余計な装飾品は排する。朝から日中を経て夜に至るまでの出来事を同じ場所でドラマが展開される。

古典劇を真似たかどうかはさておき、恐らく舞台芸術を意識した演出なのでは?

11 :名無しのさはら|2017/12/16 16:43

直政の活躍を描くには時間が足りないと思うけど、

楽しみにしています。

12 :名無しのさはら|2017/12/16 17:59

殿を日の本一の殿にします!

13 :名無しのさはら|2017/12/16 18:40

小国寡兵の井伊家が絶妙のタイミングで徳政令を受け入れて井伊谷を明け渡すことにより戦闘を避けた機知、それに続く政次の槍ドンシーンが自分的にクライマックスだったかな。やっぱり井伊家を滅ぼすはずの徳政令が逆に救いになった、そしてそれを企図したというくだりが直虎のハイライトだと思った。

14 :名無しのさはら|2017/12/16 22:16

万千代が家康の家臣になってからは、とても楽しみになりました。

瀬名と信康が家康に疑われて、亡くなる回は、涙がでました。歴史で、はっきりしない事を、描く脚本家さんと演じる役者さんは、すごいなあと、感激してます。

最終回で寂しく思ったのですが、内容が明日に向けて、軽やかな気持ちになれる。前向きで、よかったです。楽しみです。

15 :名無しのさはら|2017/12/17 1:22

良く見ればチョンマゲって凄い髪型だよね。モヒカンより変わってるよ〜

16 :名無しのさはら|2017/12/17 6:29

浜松に生まれ育ったのに直虎様のことは全く知りませんでした。何年も井伊谷宮に参拝していたのにも関わらず。

どんな人だったのだろうと毎週欠かさず見てました。そして次回が待ち遠しくなるほどの面白いドラマでした。

俳優の皆さんの渾身の演技に感動し、笑い、涙も流し、こんなにも日曜の夜が充実した気持ちにしていただき大感謝です。今夜は心して見させていただきます。来週からさみしくなるなー。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング