<大林宣彦監督>「余命3カ月」宣告はねのけ「あと30年は映画作る」宣言 さはらチャンネル

<大林宣彦監督>「余命3カ月」宣告はねのけ「あと30年は映画作る」宣言

telmin

   

img

映画「転校生」や「時をかける少女」などで知られる大林宣彦監督が16日、東京都内で行われた映画「花筐/HANAGATAMI」の初日舞台あいさつに登場。昨年8月に肺がんが判明し、「余命3カ月」と宣告を受けていたが、「おかげさまで余命3カ月のまま、1年4カ月を過ごしました。あと30年は生き延びて、映画を作っていこうと思います」と宣言。「あの戦争(第2次世界大戦)で殺されてりゃ、まだ分かりますが、生き延びちゃって、がんごときじゃ死なねえぞ!と思っております」と力強く語ると、会場は拍手に包まれた。

【写真特集】常盤貴子、門脇麦…豪華女優陣に囲まれた大林監督の姿も大林監督は「がんになって一つ学んだ。がんも生き物なんです。でも私が宿主なんで、がんが生きるためにめちゃくちゃなことをして、宿主を病気にさせてしまうと、がんも死ななきゃいけない。バカなやつだな。ちゃんと生きたいなら、俺のことも大事にしろよ」と笑顔で語って観客を笑わせた。さらに「がんには『お前な、せっかく共存したんだから、お前をやっつけようとは思っていないよ。一緒に長生きしよう。もっと利口になりなさい。私と一緒に30年生きよう』と言ってある。(がんは)『はい(肺)』と言ってくれた」と明かしていた。映画は、大林監督のデビュー作「HOUSE/ハウス」(1977年)以前に書き上げられていた幻の脚本の映画化で、檀一雄さんの純文学「花筐」を原作に、戦争の時代に生きる若者たちを主軸にした青春群像劇。舞台あいさつには、窪塚俊介さん、満島真之介さん、矢作穂香さん、常盤貴子さん、山崎紘菜さん、門脇麦さん、村田雄浩さん、原雄次郎さんも出席した。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE3MTIxNi0wMDAwMDAwNi1tYW50YW4tZW50
minkuru
1 :名無しのさはら|2017/12/16 16:10

30年は流石に無理だろうが、癌に気負けせず頑張って下さい。

2 :名無しのさはら|2017/12/16 16:59

コニタン、ムラノなんかも助かったから、大林監督もイケルと思う!

RE:2017/12/16 17:14

そういえばドクター中松も。

RE:2017/12/16 19:01

竹原さんも。

3 :名無しのさはら|2017/12/16 17:02

尾道三部作は秀逸です

まだまだ、やれますよ、期待しています

.

RE:2017/12/16 19:17

尾道三部作ではないけど、幼い頃「ふたり」に食い入るように見た記憶がある。

RE:2017/12/16 23:04

>a63*****さん

僕も学生時代は土曜日も学校でしたが

次の日が休みだからか、土曜日は好きでした。

4 :名無しのさはら|2017/12/16 17:07

命が創作意欲そのものか。。。すごいな。。。

RE:2017/12/16 20:20

79歳ですか。。

RE:2017/12/16 20:53

こんなに頑張って創った作品がくっそつまらんという悲劇

RE:2017/12/17 7:32

くだらない映画を作ってないで

治療に専念してください。

5 :名無しのさはら|2017/12/16 17:13

三ヶ月と言われ、それを信じて自身に言い聞かせれば

脳もそう信じて生きる気力が萎える。

生きる気力があれば余命も、もっと延びるのだろう。

小生も余命1年余りと言われているが、死ぬ気配は

今のところ全然ないわ(大笑)。宣告した医師を絶対

見返してやる!!

RE:2017/12/16 17:21

俺の叔父も同じこと言ってたよ。

ただ、急に悪化してあっという間に死んだけど。

最期の一週間は薬で昏睡状態だったから実質的に入院して一週間で死んだな。

6 :名無しのさはら|2017/12/16 17:18

余命宣告って医者が当てずっぽうで言ってるだけだって聞いたけど。

RE:2017/12/16 17:33

そりゃ確たる根拠やデータに基づいてるわけじゃなけど当てずっぽうは言い過ぎですわ。

だいたい同じような状態の患者が標準治療を受けたらどのくらい生きたか、ある程度の予測は成り立つだろ。

でも結果のバラつきは大きいですよ、そりゃ。

ただ余命6ヶ月と言って3ヶ月で死んだら治療が悪かったみたいになるから短めに言っておくのが普通のようだな。

RE:2017/12/16 17:38

少し短めには伝えられるとは言いますよね。

確かに延長戦が長くなる方が痛くない限りはうれしいと思います。

余命半年のはずが実際一年半になっている方もいるので、確かに未来がどうなるかなんて本気でわからんなぁとは思います。

そして一方で延命治療が体力を奪い、活力やできることもみているだけに、人間にとって生きるとは何ぞやと改めて思います。

7 :名無しのさはら|2017/12/16 17:20

師匠の本田猪四郎の分も生きて、ゴジラでも撮ってくれ。

RE:2017/12/16 17:31

本多監督がゴジラの新作を撮る時、大林監督が助監督やる話もあったんだよ。

8 :名無しのさはら|2017/12/16 17:20

ガンと仲良くなる。

なかなか言えないですね。

病気と共存していつまでもお元気でいて欲しいです。

9 :名無しのさはら|2017/12/16 17:20

楽しく映画作りをすれば、まだまだ生きられると思う。

後、ストレスを貯めないこと。

10 :名無しのさはら|2017/12/16 17:22

生きる気力前向きな気持ちがあれば進行を止めることもできるんだね。

頑張ってガンに勝ってほしい。

RE:2017/12/16 17:51

計り知れない精神力の強さだと思います。敬服します。

11 :名無しのさはら|2017/12/16 17:22

茶目っ気のある監督、次回作が楽しみだ!

12 :名無しのさはら|2017/12/16 17:23

素晴らしい。

癌患者をたくさん治療させて頂いてる者として、大変参考になります。

とにかく最近は、自分は何かの病気に違いないと信じて疑わない人が多すぎる。うまく付き合ってくれ。医者自身も色々体調悪いけど、そうやってうまく自分の体と付き合って毎日激務をこなしてるんだよ。

RE:2017/12/17 3:25

謙虚なお医者さんも少ない。患者の質問に答えられない時は聞こえないフリとかでなく、わからんとか言えば良いのに。

RE:2017/12/17 8:16

手術はしてないんじゃなかったかな?若い時のガンは進行も速いので手術が必要になるが、70過ぎた後は進行も遅いし、共存していく方がQOL高い状態で延命できることが多い。

RE:2017/12/17 8:55

この考え方は良いね

最近の人はメンタルがしっかりしてないからまず本を読むことから薦めないとダメだね

医者の「共存しましょう」なんて一言で頑固なジジイババアが変わるわけもないから

った私も入院中

昔なら死んでる病気

今でもこれが発展途上国なら日本に来たら治る病気でも海外に行くという発想がないのか金がないのか医療上禁止なのかは知らないが、そのまま産まれた国で生涯を終えてるなら助け合いといってもかなり頑張っても国内で完結してしまうよなあ…と雲ひとつない晴天を病室の窓からみて思うのでした。

また寒くなるらしいですね。

ずっと院内だと全く分かりません。

13 :名無しのさはら|2017/12/16 17:23

少しでも長く生きて最高の映画を作っていただきたい。

14 :名無しのさはら|2017/12/16 17:23

まだまだ作品を観たいですが、決して万全ではないはず。

無理をしないでというのが無理なんでしょうが・・・

15 :名無しのさはら|2017/12/16 17:25

たしか、ヘビースモーカーだったよね。

16 :名無しのさはら|2017/12/16 17:26

抗がん剤がうまく効いたみたいですね。

17 :名無しのさはら|2017/12/16 17:26

異人たちとの夏

最後だけ作り直してもらえませんか

18 :名無しのさはら|2017/12/16 17:27

医者に癌に一番効く治療法は何ですか?と聞いたら医者は

「患者本人の生きようという気力、気力に勝る治療法は無い」と

答えた。

19 :名無しのさはら|2017/12/16 17:28

単にうれしいニュースですね

20 :名無しのさはら|2017/12/16 17:29

トークを生で見ていました。私たちも地球という宿主に寄生している。宿主をいじめてはいけない、とも言っておられました。全くその通りだと思います。

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング