サルマ・ハエックがハーヴェイ・ワインスタインの卑劣なセクハラを激白! 映画『フリーダ』でヌードシーンを強要 さはらチャンネル

サルマ・ハエックがハーヴェイ・ワインスタインの卑劣なセクハラを激白! 映画『フリーダ』でヌードシーンを強要

telmin

   

img

これまで70人以上の女性からセクハラ行為を告発されている映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン。サルマ・ハエックも「ニューヨーク・タイムズ」紙に「ワインスタインは私にとっても怪物だった」と告発文を寄稿し、卑劣なセクハラ行為を明らかにした。ミラマックスから配給された2002年公開の映画『フリーダ』で、ワインスタインと仕事をすることになったサルマは、制作が始まるとすぐに「シャワーを一緒に浴びようと求められたり、マッサージやオーラルセックスをしてあげようと言われた」。

【写真】ワインスタインの圧力があった!? セレブが選んだ「マルケッサ」のドレスFILE45

拒絶したサルマは、「”ノー”という言葉以上に彼が嫌いな言葉はないと思う。私が断ると、彼は手段を選ばない人のように怒り狂いました」と振り返った。最初は優しい言葉で言うことを聞かせようとしていたワインスタインは、「君を殺してやる。そんなことはできないと思ったら大間違いだ」と脅したそう。ワインスタインのセクハラは、映画の制作にも影響を及ぼすように。サルマはワインスタインから制作の権利を法的に取り戻そうとしたけれど、そのためには脚本を書き換えたり、資金を集めたりする必要があるとワインスタインに要求されたという。当時サルマと交際していたエドワード・ノートンが、クレジットなしで脚本を書き換え、プロデューサーのマーガレット・ペレンチーノや監督のジュリー・テイモアが協力した結果、制作を再開できたそう。

制作を中止したがっていたワインスタインは、その後もサルマに執拗な嫌がらせを続けたそう。セックスを求められることはなくなったものの、サルマにはプロデューサーとしても女優としても実力がないと中傷し、「私にあるのはセックスアピールだけだと言いました。この映画ではそれが見られないと。彼は誰もこんな映画は見たがらないだろうから、撮影を中止すると言ったのです」。そしてワインスタインは「フルヌードのラブシーンを入れなければ制作を止める」と脅したそう。サルマは「彼の幻想を満たさない限り、この映画を完成させてくれないのは明らかでした。交渉の余地はありませんでした。私はイエス、というしかありませんでした」と当時の心境を語っている。女性とのラブシーンを演じることになったサルマは撮影の日、セットで体の震えも涙も止まらなかったそう。

「他の女性とヌードになることがつらかったのではありません。ワインスタインのために彼女と裸になることがつらかった。当時、私はそれを周囲に言うことができませんでした」と赤裸々に明かしている。このシーンの相手役、ティアを演じたのは、同じくワインスタインのセクハラ行為を告発しているアシュレイ・ジャッドだった。「私たちの業界が平等になり、男性と女性があらゆる側面で同じ価値を持つまで、このコミュニティは搾取者にとって豊かな土地であり続けるのです」というサルマ。「ついに声を上げた人たちの告発に私の告白が加わることで、なぜ告発することが難しいのか、私たちがなぜこんなに長く待っていたのかに光が当たればいいと思っています。男性はセクハラができるからセクハラをするのです。女性たちはいま、この新しい時代において、やっと声を上げることができたから語り始めたのです」。ハリウッドにおける長年のセクハラ体質が、これからどう変わっていくのか、今後の動きを見守っていきたい。

(text : Yoko Nagasaka)

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE3MTIxNS0wMDAxMDAwMS1lbGxlZ2lybC1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2017/12/15 21:47

私も眉毛が気になりました。

RE:2017/12/15 22:31

実在の画家の話です。

日本ではまだまだマイナーな画家なのかもしれませんし、

モデルのフリーダ・カーロ本人は眉毛繋がってるのが特徴的で(しかも自画像が多いし)

初めて観ると思わず目が行ってしまうけど

心にグッと来る力強い絵を描く画家です。

本人の生き方もスゴイし。

RE:2017/12/16 0:06

そうなんですね。

軽率でした。

RE:2017/12/16 9:36

残念ながら日本ではまだまだ認知度低いので知らなくて当然だと思います。

私も初めてみた時は絵より眉毛にビックリしましたから!

いつか機会があれば絵を見て(できれば本物)、こんな画家が居たんだなって知っていただければ幸いです。

現役油彩画講師より

2 :名無しのさはら|2017/12/15 21:48

良い映画だった。大物になればなるほど言わないのだな。それこそ、メリルなんてどんな経験して来たのだろう?

3 :名無しのさはら|2017/12/15 21:50

本物の眉毛はもっとえぐいよ、見てみ。

4 :名無しのさはら|2017/12/15 21:50

この映画、とても印象的でした。

5 :名無しのさはら|2017/12/15 21:52

美しい方だ

6 :名無しのさはら|2017/12/15 22:02

眉毛つながってる

7 :名無しのさはら|2017/12/15 22:03

権利の主張が激しいイメージのアメリカでこんなひどいセクハラが今まで告発されなかったなんてすごいな。

日本より女性の社会進出は進んでるはずだがそれでもまだ男性優位社会であるということか。

8 :名無しのさはら|2017/12/15 22:05

フリーダか。

「ちょっとした刺し傷」だっけ、すごい絵だよね。

人生も波乱万丈だし。

この映画ぜひ見たい。

9 :名無しのさはら|2017/12/15 22:06

藤吉さんも

しないと仕事をくれないのかも分かりませんが

この国ではソンタク等と言って葬ります

ヤフコメだって板尾酷い等と言っても

年末の特番は結局見るだろうし

ちょろいもんだと舌を出してる人々は居るでしょうね

10 :名無しのさはら|2017/12/15 22:08

フリーダは心に痛みを感じさせる作品でした。

11 :名無しのさはら|2017/12/15 22:14

乳に針刺したら・・・

12 :名無しのさはら|2017/12/15 22:16

眉毛は役作りだよ

フリーダってみんな知ってる画家だと思ってたけど違うのかな

13 :名無しのさはら|2017/12/15 22:17

乳すごいな

14 :名無しのさはら|2017/12/15 22:18

Oppaiが嘘くさい

15 :名無しのさはら|2017/12/15 22:29

どれくらいの確率でこのような眉毛の人が居るんだろう。

16 :名無しのさはら|2017/12/15 22:30

デスペラードに出てらっしゃいますが、大変美しい方。

ヌードを強要されたなんて悔しかったでしょうね。

17 :名無しのさはら|2017/12/15 22:30

サルマは凄い女優さんだ。スペイン語も話せる。おばちゃんになってしまったけど。

18 :名無しのさはら|2017/12/15 22:39

衝撃が半端ない…。この映画が好きでメキシコのフリーダの家まで見に行ったもん。ただサルマがそこまで愛した映画だということだけは嬉しい。

19 :名無しのさはら|2017/12/15 22:40

フリーダは私の好きな映画ベスト3にはいる。

あんなに情熱的で苦しい愛おしい映画はなかったな。

なのにこんな苦悩があったとは驚いた。

この女優さんますます好きになった。

20 :名無しのさはら|2017/12/15 22:44

オーラルセックスって何!?

RE:2017/12/15 23:27

お口の恋人

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング