真矢ミキ 専業主婦になりたかった過去の自分を振り返る さはらチャンネル

真矢ミキ 専業主婦になりたかった過去の自分を振り返る

telmin

   

img

2015年3月から情報番組『ビビット』(TBS系)のMCを担当している元・宝塚歌劇団花組トップスターの真矢ミキ。幼い頃の夢は、専業主婦だったという彼女が、10代の頃、そして実母と義母について語る。* * *

幼い頃の夢は、専業主婦になることだった。と、先日友人に話したら「まっ、冗談はさておき~」なんて会話を変えられた。こう見えて私は、家にいる事が好きなのだ。早い話がインドア派。家にこもり、手の込んだ料理を、オーブンでメイン料理が出来る間にチャチャッと作り、部屋はDIYで、せっせせっせと我が家のオリジナル感をだす。そして子どもを癒し、私も癒され、戯れ(実際、子どもはそんな簡単じゃないぞ~)、片付けたり、本読んだり、夫関係の方へのお礼状書いたり…とにかく、朝から晩まで家の中で楽しく暮らしていたい。こんな思いは小学生の時聴いた、小坂明子さんの『あなた』という唄が流行っていた事も大きい。歌に登場する光景が当時の幼い私にも想像でき、それは女性の幸せを象徴していた。幸福は家に詰まっている。そうか、短大行ってお嫁さんになろう!「そうだ、京都に行こう」に似たような感動を求めての安住への旅だ。それはやはり、母が専業主婦という影響もあった。幼い時から、美味しい食事は勿論、キレイに型に流したゼリーやポテトチップスまで母の手作りだった。そして夏物の綿シャツから冬物のニットのワンピースやセーターまで、すべて。まっ、時代も今とは違い、可愛らしい物があまり売っていなかった事もあるのだけど。そんな母を見ていたから、私は至極当たり前のように結婚して専業主婦になるのだと、真っ直ぐにそう思っていたのだ。しかし小学6年から、父の転勤で大阪・豊中市に住む事になり、たまに乗っていた阪急電鉄の終点が宝塚だった。そんなある日、宝塚行きの車内で宝塚音楽学校生と遭遇した母と私。「みきも宝塚、受けてみたら?」と母のちょいとした宝塚熱が、突然私を押してきたところから、我が人生は一気に変わりだした。ちょうどベルばらブームと何度目かの転勤のタイミングが重なり、人生がガラガラガラー!!っと音を立てるように動いた中学3年生。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTcxMjEzLTAwMDAwMDA0LXBzZXZlbi1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2017/12/13 7:28

真矢さんのコラムはいつ読んでも素敵。そして嫌味がない。

2 :名無しのさはら|2017/12/13 7:32

素敵な女性だなと思っていたけど

その根源は

お母様の愛情と手間を一身に受けて

育ってきたそんなお育ちにあったんですね。

3 :名無しのさはら|2017/12/13 7:37

あきらめないで!よかったですね。

4 :名無しのさはら|2017/12/13 7:41

真矢さん、素敵な人だよね!

5 :名無しのさはら|2017/12/13 7:42

結婚してからますます素敵です。きっと真矢さんにぴったりなご主人なんですね。

6 :名無しのさはら|2017/12/13 7:47

だらけた中途半端な兼業主婦だけど、あらためて専業主婦の素晴らしさを感じるなぁ

7 :名無しのさはら|2017/12/13 7:49

専業主婦が叩かれますが、人生は人それぞれ色々あっていい。自分の暮らしのスタイルに合っていればそれでいい。

8 :名無しのさはら|2017/12/13 8:01

真矢さん大好き︎ ビビッド観てますが、言葉の選び方も大人で、本当に素敵な女性だな、と思います。

9 :名無しのさはら|2017/12/13 8:09

実の親にも恵まれて理解ある夫、姑にも恵まれてやり甲斐のある仕事を続けている

ご本人の肩ひじ張らず自然体で感謝を忘れない姿勢が、この幸運を引き寄せるのですね

10 :名無しのさはら|2017/12/13 8:23

もっと夫も家事や育児をシェアすればいいのにね。外食にするかの判断まで妻の役目じゃ疲れちゃうよ。半端な兼業主婦より専業の方が偉いみたいな意見あったけど、好きで半端しかやらないわけじゃなくてできないの。ワンオペってあれだけ話題になったのに知らないのかなぁ?

時間がないと言い訳するなと非難ありそうだけど、仕事しかやらない、できない人、家の事を軽んじている人達にこそ、その言葉を投げかけたいものだ。

11 :名無しのさはら|2017/12/13 8:34

義理息子、義理娘を虐めることしか頭にない義理母に聞かせてやりたい話だ。

12 :名無しのさはら|2017/12/13 8:49

黒革の手帖も、さくらの親子丼も良かったなー。

この人が出ると、作品が締まる!

13 :名無しのさはら|2017/12/13 9:28

本当にいつ聞いてもどんな話題になっても、素敵なお話を聞かせてくれる方ですね。

こんな方がお姉さんや親せきにいたら幸せだなぁ。憧れを超越した存在。

年齢を重ねる事が怖くなくなる。

素敵な年齢の重ね方と成長に尊敬しかありません。

14 :名無しのさはら|2017/12/13 9:36

きっと専業主婦でも輝いていられるタイプですね。素敵

15 :名無しのさはら|2017/12/13 9:47

凛としていてしなやかで素敵な人って思っていたけど、この方の品の良さはお母様からの愛情のおかげなのかな

どんな生き方を選んでもこの方は楽しく美しく生きていけそう

RE:2017/12/13 12:16

宝塚に出会わなかった、案外いいお母さんになっていたかもしれないが、やはり能力の引き出しの多い人。あそこで出会ってよかったね。後押しがあったのも素晴らしい。

16 :名無しのさはら|2017/12/13 10:16

真矢さんとだったら幸せな家庭を築けそう…

と妄想したのはオレだけではないはず

17 :名無しのさはら|2017/12/13 10:16

真矢さんのお父様は日本エアシステムの重役だったので、お母様も専業主婦で経済的な苦労はなかったと思います。

そういう恵まれた家庭で育った人は、勉学に芸術に自分の能力を最大限に活かすことができ、優秀な人材として活躍できる可能性が高くなると思います。

RE:2017/12/13 11:00

そうなんですね。お父様が立派というのはこの国では生きていきやすいです。

18 :名無しのさはら|2017/12/13 10:36

お母さま、みきちゃんに愛にあふれた理想のお母さん。

真矢さん、しあわせな子供時代だね。

真矢さんの生き方も、

お母さまの生き方も、お義母さまの生き方も、

いきいきと輝いてて、

すてきだなぁと思いました。

19 :名無しのさはら|2017/12/13 11:01

専業主婦になろうと思えばなれたはず。。。

20 :名無しのさはら|2017/12/13 11:17

旦那デスノートがあるぐらいだから

姑デスノートがあってもいいと思うのだが

これだけ素敵な嫁姑関係っていいですね

このお義母さんあってこそのご主人なんでしょうが

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング