綾野剛演じるサクラは「理想の上司」! 不育症に向き合った「コウノドリ」第9話 さはらチャンネル

綾野剛演じるサクラは「理想の上司」! 不育症に向き合った「コウノドリ」第9話

telmin

   

img

産科を舞台にした医療ヒューマンドラマ「コウノドリ」は、さまざまな出産、そして時には死と隣合せの過酷な医療現場のあり方を描いている。鴻鳥サクラ(綾野剛)、四宮春樹(星野源)ら産科の医師や、小松留美子(吉田羊)ら助産師たちの奮闘が、毎週出産の喜びや悲しみに寄り添い、多くの視聴者を勇気づけている。第9話は、流産を繰り返してしまう不育症の妊婦の葛藤、故郷に戻った四宮と父の対話や、医師たちそれぞれが人間として成長する様子が描かれた。

とある外来の日、サクラは篠原沙月(野波麻帆)に流産を告げた。沙月はこれまでにも流産を繰り返しており、自分は「不育症」なのではないかと悩んでいた。夫の修一(高橋光臣)はそんな妻が心配でならないが、何もしてやれない自分にもどかしさを感じている。

一方、父、晃志郎(塩見三省)が倒れたという連絡を受けて、四宮は能登へふたたび帰郷した。そこへ、晃志郎の診ていた妊婦が早剥のため、緊急カイザーが必要な状態となった知らせが入った。自分が手術をすると言い張る父に、四宮は代わりに執刀することを申し出る。

手術の場面ではお産に不慣れな整形外科医による前立ち、輸血用血液の不足など、地方での医療の実態が短い中でも細かく描き込まれていたのが印象深い。そして無事に赤ちゃんを取り上げた四宮のマスク越しには、かすかな笑顔が浮かんでいた。

手術を終え、四宮親子がぽつりぽつりと語り合うシーンは今回の中でも印象深いものだった。無念をにじませる晃志郎に、四宮は初めて、故郷を愛し、故郷のお産のために尽力し続けてきた父親の思いを知るのだった。別れ際、そっと交わされた親子の握手。晃志郎の表情は、自分の老いへの悔しさと息子が立派な産科医になった嬉しさに満ちていた。そして今度こそ、四宮も父へ微笑みを返したのだった。

父(あるいは母)と同じ職業に就くということはどういうことなのか。あらかじめ敷かれたレールに反発する子もいれば、その上であえて選び取る子もいるだろう。親を尊敬しながら、その親を超えたいと思う心が人にはある。親の仕事を尊敬しているからこそ、別の道を選んだ者、事業を継いだ者を私は多く知っている。それと同じくらい、親を嫌悪して「ああいうふうにはなりたくない」というモチベーションで生きている者も知っている。

「子どもは親を選べない」とよく言われるが「コウノドリ」はまさにそのようにして子どもが産まれる瞬間を描くドラマだ。しかしこの四宮親子のエピソードは、親を選べず産まれてきた子どもたちが、成長してどのような道を選択するか、人生の遥か先を照らすものだった。そうした意味で、医療ヒューマンドラマという枠を超えた人々の生き様を描いているセカンドシーズンは意義深い。

そして私は改めて、親のいない孤独な身でみずから道を切り開いてきたサクラの人生にも、思いを馳せた。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTcxMjEyLTAwNTM0MjQ0LXNoaW5jaG8tZW50
minkuru
1 :名無しのさはら|2017/12/12 16:31

妊娠出産は奇跡と思わずにはいられない。

2 :名無しのさはら|2017/12/12 16:35

ドラマも終わりに近づいて、早くもロスです。

確かにサクラのような上司は理想…

だけど現実はそういう上司にはなかなか巡り合わないなぁ…

あと二話、必ず見ます!

3 :名無しのさはら|2017/12/12 16:49

サクラみたいな上司と姉御肌の小松さんが居る職場なんて最高だよ。

4 :名無しのさはら|2017/12/12 16:55

こんなステキな職場は、現実的にはなかなかない。羨ましい。第9話。あまりにも昔の自分とかぶりすぎて号泣

RE:2017/12/12 17:32

どの人も、自分の仕事に熱意と誇りを持っている。

妊婦さんや、生まれてくる赤ちゃんを第1に考えて、自分たちが何ができるか懸命に考えてくれる。後輩は先輩に自分の夢を語り、それを受けた先輩は後輩の成長のために、自分がしんどくなっても、新たな旅立ちを応援してくれる。理想の上司というより、理想の病院であり、理想の職場だと思いますね。

RE:2017/12/13 0:25

真っ直ぐな人達ばかりの職場ですよね。方向性ややり方を間違えそうになる瞬間はみんな一度は有ったけど全部仕事への誇りや情熱が故で利益に固執したり人を落とし入れようとしたりするような人が1人もいないのがいいところだと思います。

5 :名無しのさはら|2017/12/12 16:55

不育症で治療しながらの妊活では、お医者さんは『次はきっと大丈夫!』なんて言わない。 心拍確認できても『第一段階クリアですね。今後も冷静に行きましょう』と言われます。私達も『喜びすぎない、喜びすぎない』って繰り返していたな…。治療しても心拍確認後に何度も流産したし…。時間の限られたドラマだからそういうものかもしれないけれど。

RE:2017/12/12 20:24

今年1月に流産が確定して手術しました。

心拍確認は第1段階。一つ一つ壁を乗り越えないと赤ちゃんとは会えないですよね。

妊娠検査薬で陽性判定が出た時は嬉しいですが、それからは不安と喜びと複雑な感じです。

RE:2017/12/12 20:50

そうですね。友達としては励ましたいし、その気持ちもありがたい反面本人としてはうまくいかなかった時には、その報告自体が辛い、それならいっそ話さない方が楽…っていう

のはあるでしょうね。

ただ今回の話を見ていて思ったのが、それ故にどんどん孤独になっている姿が気になりました。旦那さんにも罪悪感を持っていて、その優しさが逆に辛かったりして。。

こういう方がホッと息抜きする時間をどこかで持てると良いのになぁ、と胸が締め付けられました。

こんな風に患者に寄り添ってくれる医者なら嬉しいですよね。

RE:2017/12/12 21:39

私は不育症ではなく不妊症でしたが、初めての移植で化学的流産だったとき、「今回は残念な結果になってしまったけど、着床できるということがわかった。これは大きな前進です。流産の後にまた妊娠して今度は継続できる人って多いんですよ」と看護師さんに言われて、希望になりました。先生は淡々と事実を説明するだけで、励ましてくれるのは看護師さんだったなぁ…。

6 :名無しのさはら|2017/12/12 17:04

同じく3回流産、不育症の治療をしながら4回目の妊娠で出産できましたが、それまで辛すぎてほとんど誰にも言えず夫婦で苦しみ乗り越えてきました。

出産後、友人に話をしても「不育症ってなに?」とだいたい聞かれます。

こういうドラマを通じて、不育症のことを知ってもらえたり、治療できる病院が増えるといいなと思います。

RE:2017/12/13 1:34

お辛かったでしょうね。今回のコウノドリ見て、命って尊いんだなと思って号泣しました。

二人で乗り越えられる夫婦のありがたさに気づかされますね。

7 :名無しのさはら|2017/12/12 17:09

私は大森南朋さんの役が理想の上司だと思うな。

RE:2017/12/12 23:27

時に優しく、時に厳しく。

確かにそうですね。

サクラ先生は、単独では理想の上司には…(^^;

四宮先生とコンビでこそ

いいバランスを保ってる印象。

RE:2017/12/12 23:57

いろんな上司いたけど、あんな人今まで誰1人としていたことないぞ。

実際は名ばかり上司で、仕事はできない指示も決断もできない、部下に仕事や責任押し付け、上にはへこへこみたいな奴ばかり。

RE:2017/12/13 0:00

satさん、どんまいヽ(´o`;

貴方が素敵な上司になればいいd( ̄  ̄)

8 :名無しのさはら|2017/12/12 18:06

塩見三省さんはヤバイだろ

9 :名無しのさはら|2017/12/12 19:13

私は、「ヨロシクお願いします」と頭を下げた実直さも、さりながら下屋の良い所とした「下屋は良く食べます!(笑)」の台詞、それを聞いた仙道部長も「それなら続くだろう(笑)」と、サクラ先生が下屋先生にかける期待と賛辞を潜ませた台詞に、仙道部長もしっかりとその意味を受け止めて笑ったやり取りを見ていて、優れた上司とは、かくあるべし。と感心したものでした。

10 :名無しのさはら|2017/12/12 19:14

今橋先生も四宮先生も理想の上司ですよ。

というかあんな先輩や上司、小松さんのような同僚に囲まれて下屋先生が羨ましい。

11 :名無しのさはら|2017/12/12 19:27

サクラが上司のほうがいいです

12 :名無しのさはら|2017/12/12 20:44

最初は、綾野剛がサクラ役?って納得出来なかったけど、

今は綾野剛以外思い浮かばない。

RE:2017/12/13 1:20

つうか、原作の最新刊のサクラ先生、綾野剛そっくりなんだけど(笑)

原作者が綾野剛を意識したみたいね。

13 :名無しのさはら|2017/12/12 21:00

次シリーズありますかね?サクラと今橋先生以外は総入れ替えかも?今作はサクラのピアニスト側面があまりなかった。

14 :名無しのさはら|2017/12/12 21:39

「子供は親を選べない」でも赤ちゃんを授かった時、「赤ちゃんは親を選んで来てくれる」っていう話しも聞いたよ。産まれた先で虐待だの育児放棄だのされると、「選べない」になるのかな。

15 :名無しのさはら|2017/12/12 23:15

個人的には倉橋先生のメタル女がツボだった

16 :名無しのさはら|2017/12/12 23:55

いちいち「まだ結婚しないの?」「なんで結婚しないの?」「子供まだなの?」「なぜ作らないの?」と、「女の幸せ=結婚と出産」前提に他人事に口出しする人は辞めるべき。

17 :名無しのさはら|2017/12/13 0:28

私は、高齢出産の為、総合病院で産みました。分娩の時の先生は、妊婦の時外来で一度も顔を見たことのない先生でした。今思うと、私のカルテみた事あるのかなと。もちろん、助産師さんにもお会いした事がなく。他の総合病院はどうなのだろう。ペルソナみたいな病院なら、妊婦さんは本当に心強いですよね。

RE:2017/12/13 5:07

私は町の産婦人科で生みましたが、担当制ではなく曜日ごとに先生が変わるところでした。いろんな先生に診てもらった方が異常とか見つけられることがあるから、との方針らしいのですがみなさん個々に顔を覚えてくれるはずもなく診察後に「何か質問はありますか?」なんて聞いてくれるのは若い先生1人だけ…。名乗ってくれる先生もいなかったし、助産師さんと看護師さんの区別もつかなかったから出産当日に「もしかしてあなたは助産師さん?」って感じでした。そういえば検診の時にいたかもね?って人もいたし、全く初めましての人も多かったし。外来担当とお産担当が別れている感じでした。

ちなみに、帝王切開のとき産声は聞こえたのですがドラマみたく生まれた顔を見せてくれることはなく、綺麗になってから一瞬だけ見せてもらいましたが出産当日はそれだけ。お腹から赤ちゃん消えたなぁ、くらいの感覚でした。涙

RE:2017/12/13 15:48

そう言えば、曜日の違う日に受診になったら、その日の若い先生が、お腹の子の病気を見つけてくれました。出産後も対応してくれたのはその先生。今まで主にかかっていた先生は何処に。。分娩時顔を見れなかったのは寂しいですね。病院によって、やり方も違うのでしょうね

患者数に対して、医師の数が少ないっていうのもあるだろうし、色々ですよね。

18 :名無しのさはら|2017/12/13 2:54

リアルに悩んでいると、なかなか見れないドラマ。

悩みが過ぎ去ったらみたいな。

19 :名無しのさはら|2017/12/13 12:37

コウノドリで、現実にある産科病棟やNICUでの問題も取り上げて欲しい。社会的ハイリスクのお産やベビーたちを取り上げて現実を知って欲しい

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング