「明日の約束」監修のカウンセラーが明かす、親子問題という”永遠のテーマ” さはらチャンネル

「明日の約束」監修のカウンセラーが明かす、親子問題という”永遠のテーマ”

telmin

   

img

12月12日(火)放送の「明日の約束」(夜9:30-10:24、フジ系※変更あり)第9話では、主人公の日向(井上真央)をはじめとする登場人物たちが、自分の抱える人間関係に正面から向き合い、それぞれの決断を下していく。

【写真を見る】ラスト2話!尚子(手塚理美)と日向(井上真央)の”親子関係”の行方に注目‼

同ドラマは、高校のスクールカウンセラー・日向(井上)が、人間関係に葛藤しながら男子生徒の吉岡圭吾(遠藤健慎)の死の謎を究明するヒューマン・ミステリー。

第8話では、これまで日向を支えてきた霧島(及川光博)の”裏の顔”が明らかになり話題に。そんな中、第9話で日向は、両親からの愛情不足という”親子問題”を抱える恋人・本庄(工藤阿須加)との関係にある結論を出し、「私はお母さんの所有物じゃない」と言い切った母親・尚子(手塚理美)とも深く向き合おうとする。

一方、息子・圭吾の自殺の原因として名指しされ、追い込まれた真紀子(仲間由紀恵)は、「ちゃんとした家族を作りたかった。私はどこで間違えたのか?どこがいけなかったのか?」と絶望する。

そんな真紀子について、本ドラマの監修も行う床心理士でスクールカウンセラーの鈴木水季氏は、「親は子のために一生懸命なのです。子供を強くコントロールしてしまう母親は実はすごく頑張り屋さんで、自分の気持ちを押し殺している人が多い。真紀子も自分のことを後回しにして頑張ってきたのだと思います」とコメント。

また、ドラマのテーマを通して鈴木氏は「親子の問題は昔からあった、普遍的で永遠のテーマです。人間関係には心理的距離がすごく重要で、近くなりすぎるほど、愛と依存が表裏一体のものになります。

相手を愛しているのだけれど、強くコントロールや依存をしてしまうということが、親子関係でとても多く見られます。この違和感にしっかり向き合わないでいると、同じような問題が別の人との間にも生じてしまうということが多々あります」と話す。

日向や真紀子がそれぞれ鈴木氏の言う”親子関係の違和感”に向き合おうとする中、第9話では、圭吾の自殺に陰で大きく関わっていた霧島も、圭吾や真紀子との間に起きたある出来事や、独自の教育観を日向に打ち明けていく。(ザテレビジョン)

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTcxMjEyLTAwMTMwODIxLXRoZV90di1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2017/12/12 12:20

視聴率が悪いらしいけど、一話から欠かさず観てます。

過保護という枠を超えて子どもと関わろうとする母親の姿…子どもの心に重くのしかかる圧。

大事にしたいゆえの縛りつけ。

脚本も演技も上手いなぁと思います。

2 :名無しのさはら|2017/12/12 12:39

親として とても 勉強になるドラマです 毎週録画して リアルタイムでも見ています すごく良いドラマだと 思います 視聴率とか 関係ない

3 :名無しのさはら|2017/12/12 12:39

本当によく出来たドラマ。

過保護すぎる親、ネグレクトする親、傷つける親。

毒親といっても三者三様。

それに加え、いじめや家庭内暴力などの問題提起も盛り込まれているのに、それが散漫にならずきちんとまとまっている。

脚本がとにかく素晴らしい。

あと、エモいサントラも魅力の一つ。

4 :名無しのさはら|2017/12/12 12:41

このドラマは、SNSの拡散の怖さ

クリックひとつの重さ

人の中にある闇

録画して毎週楽しみに見ています

こういう質の高いドラマが視聴率云々で語られる事こそ、闇なのでは?

5 :名無しのさはら|2017/12/12 13:23

今のご時世をそのままドラマにしたかのよう

とてもいいドラマだと思います

6 :名無しのさはら|2017/12/12 15:51

>人間関係には心理的距離がすごく重要で、近くなりすぎるほど、愛と依存が表裏一体のものになります。

人間関係ってほんと難しいもんだな…親子だと依存や支配がより強くなってしまうってのがまた悲しい

このドラマは勧善懲悪の構図はないし毎回スッキリする終わりでもないしほぼ全ての主要人物が闇を抱えているから 人によっては「重い」の一言でくくられるのも分かる

でもただただ続きが気になるから見るのは止められないんだよなーw

RE:2017/12/12 22:08

親は自分にとって一番身近な存在だからこそ、人間関係の中で一番ややこしくて難しい

気がつかないうちにお互い依存したり支配したりするんでしょうね。

7 :名無しのさはら|2017/12/12 16:21

重い作品と言われているが毎週どうなるか見るのが楽しみ 考えさせられる所あり すごく丁寧ですね 是非みなさんに見てほしいドラマです

8 :名無しのさはら|2017/12/12 17:45

ここに出てくる親たちはやり過ぎだけと、心配するあまり子供を干渉してしまっていた。

度が過ぎれば毒親になっていた自分がいる。

子を思わない親は少ない。子供だって一人の人間だから難しい。

考えさせられるドラマだと思う。

RE:2017/12/12 22:11

やり過ぎなところがあるけど自分がお腹痛めて産んだからこそ子供を人一倍思ってしまうところがあるかも

9 :名無しのさはら|2017/12/12 22:05

親子関係は離れすぎてもダメだけど近すぎてもダメ、自分や自分の親が毒親か否かのグレーゾーンを把握するのは難しいですね。

10 :名無しのさはら|2017/12/12 22:43

ただただ、毒親に最後まで苦しめられるストーリーかと思ったら、ここに来て、風向きが変わってきた。

今度は、親の立場の不器用さが浮き彫りになってきましたね。

最初は、毒親の恐さを露呈して母親から離れることも大事だと言いたいドラマかと思ってた。

それなら、一時流行った毒親ブームと同じだと思ったけど、親の気持ちにも寄り添う物語ならば、新しい毒親ストーリーだと思います。

あっ!でも、

日向は犯人探しよりもって言ってたけど、やっぱり犯人は気になるってば!!

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング