人気女性コラムニストが書き下ろした「産まない」という選択 さはらチャンネル

人気女性コラムニストが書き下ろした「産まない」という選択

telmin

   

img

アラサー&アラフォー女性だれしもがぶつかるといってもよい「妊娠・出産」の問題。子どもを産むか産まないかの選択は、女性ならではの経験といえるでしょう。また、「子どもが欲しい」と思って妊活に励んでも、簡単にできないこともありえます。

本書『産まないことは「逃げ」ですか?』は、人気女性コラムニストの吉田潮さんが自らの体験を通じて気づいた出産にまつわるさまざまを書き下ろした一冊。産みたい人も、産みたくない人も、産んだ人も、いまも女性が背負う問題はこれほど大きいのかということに、きっと気づかされることと思います。

たとえば、まだまだ今でも根深い、子どもがいない人に対する偏見。「子供がいない人にはわからないよ」「子供を産んで育てて一人前」といった「母親マウンティング」に辟易したことがある人も多いのではないでしょうか。しかも相手には悪意があるわけではなく、ナチュラルにそう信じているからよけいに厄介だったりも......。

けれど「そこに引け目を感じることはないと思っている」と吉田さん。「子供のいない人が、自分を卑下しなくていい世の中になりますよう。家族構成や属性で優劣をつけない世の中になりますよう。まずは自分の中の引け目をなくすことだ」と言います。

では、「引け目をなくす」ためにはどうすればよいのか。これは、吉田さんが本書で訴えている「自分が主語の人生を生きる」ということと深く結びついているのではないでしょうか。

吉田さんは34歳で当時付き合っていた男性の子どもが欲しくなり、39歳で不妊治療をスタート、一度は妊娠したものの流産。そして、ホルモンやテンションの乱高下に心身ともに疲れ果て、40歳で不妊治療をやめることになります。こうした経験を経て吉田さんは、「子供が欲しいと思ったが、できなかった。しかし、突き詰めて考えてみると、本当に子供が欲しいわけではなかった」ことに思い当たります。

そうして最終的に得た気づきが、「自分が主語の人生をいかに楽しむか」ということ。「親でもなく、夫でもなく、世間でもなく、私は私。主語が自分だと、こんなにラクなのかと思うし、そこに気づくと3倍くらい楽しいです」と書いています。そして、産んだ人と産んでいない人を比べるのをやめること。人生の選択肢は自分で決めること。自分を卑下したり人のせいにしたりせず、今を楽しむこと。それが重要だと続けています。

不妊治療のすえに子どもを授かったという感動的なストーリーの本に比べ、「産まない人生を選択した」人の本はどうやら数が少ないよう。だからこそ、こうした内容を自身の経験を踏まえて赤裸々に掘り下げた本は参考になるものです。女性であること、子どもを持つということ、自分の人生を生きるということ......いま一度、本書を通して皆さんも考えてみてはいかがでしょうか。

引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTcxMjEyLTEyMDAwMDI5LXdlYmhvbi1lbnQ-
minkuru
1 :名無しのさはら|2017/12/12 12:19

私の同僚(女性)は、話の主語が必ず「娘がね」から始まる。

きっと彼女は娘の成長や育てる苦労が幸せなのだろう。

それはそれでいいと思う。

でも子供のいない私に「(娘の世代は)これが流行りなのに、知らないの?」と上から目線をよくする。

私は「産まなかった」ことを後悔していないし、お子様世代の流行りなんて知らなくてもい。

気楽です。

RE:2017/12/12 16:02

そうバカでもブスでも生める。でも子育ては頑張らないとできない。

RE:2017/12/13 8:09

うちの会社のあの女と同じだわ

2 :名無しのさはら|2017/12/12 12:23

産む・産まないの選択は個人の自由。子供がいるからエラい、いないからヘンなんて事は絶対にない。

3 :名無しのさはら|2017/12/12 12:27

私も考え方が幼いガキだった頃があって(天の声曰く:「今もでしょ」)、派遣時代に結婚してるけど子供を産まないオバさんがいたので、若気の至りで大胆に「なんで結婚してるのに子供産まないんですか?」なんて聞いたら「子供が嫌いだから」と答えたので、私は心の中で『なんてヤツだ!!じゃあ結婚するな!!』なんて独りで勝手に憤慨したけれど、今考えるとコレもまた正解だと思う。

というのも、SNSなどで自分の子供を『王子様』だの『姫』だのと持て囃しておきながらも、ちょっと子育てに蹴つまずくと虐待して殺してしまう嘆かわしいニュースをイヤという程見てしまい、こういう不幸な思いをさせたりしないのであれば、『親子』ではなく『夫婦』のみの家庭・家族の方が断然いいと思った。

お金や家柄や階級も大事だけど、本当に大事なのは夫婦・親子間の愛だよ。

4 :名無しのさはら|2017/12/12 12:30

無理に産むことないない。

私は子供は本当に可愛いし大切だけど、妊娠・出産・育児、どれもしんどくて大嫌いだった。リアルでは口に出して言わないけどね。

妊娠・出産は女性にとって素晴らしいかけがえのない経験、みたいな言葉を聞くと反吐が出るよ。

子供がいてもいなくても、楽しい人生を送れるかなんて自分次第。

RE:2017/12/13 1:22

わかります。

虐待とかネグレクトしていない親がみんな聖人みたいな思考になってる訳でも無いし。

妊娠、出産してみたら、軽々しく他人に勧める気にはなれない。

何人産むかもそう…。

結婚自体も別にすすめない(笑)

お互いに、自分に訪れなかったまったく別の人生について想いを馳せるのは、苦労についてでも憧れでも、大事なことでは無いでしょうかね。

妬むのではなく、想像して思いやれるようになりたいものです…。

でも他人は自分より恵まれてるようにみえる時もあるのが正直なところ。

RE:2017/12/13 8:03

ほんとにそう思います。

私は産むまで随分「なぜ産まないの?」とかすごく言われたけど、いまだにそんなこと言う人の気持ちが全くわからない。

もちろんいい事もあるけど、正直それ以上にと言っていい程キツイ事が多い。

鬱で自殺ってなってもおかしくないくらいのレベルだからなぁ。

まだまだキツイのは続くけど…。

RE:2017/12/13 9:37

私も。子供は可愛いけど、育児しんどいです。人には絶対勧めません。

大変なところも楽しいところも、人に話すつもりは無いです。

5 :名無しのさはら|2017/12/12 12:30

産む産まないは個人の自由だが、産んで初めて知る事は多い。

偏見ではない。

RE:2017/12/12 15:01

私が思うに、この著者の方は、『産まない人生を選択した』訳ではないですよね?

34で子作りを始めて、39で不妊治療をし、40で不妊治療を辞めた。実に6年間も子作りに励んでいたんです。

最初から産まない人生を選択したのではなく、『精神的、肉体的な理由から妊活をやめた』んですよ。それは何も悪いと思いません。だって、限界だと思うまで頑張ったんですよね?十分じゃないですか。

個人的に思うのは、交際ではなく、婚姻関係の元での妊活をすべきだったのでは?という思いはありますが、限界まで頑張って、子作りを諦めた人を見下したりする権利は誰にもありません。子供のいない人生を楽しもうとするのは当然だし、思い切り楽しんで欲しいと思います。

しかしはたまた、迷いながら妊活を続けている方を、もう辞めちゃえば楽になるよ?と誘惑するのもどうかなとも思います。皆、自分の人生の梶はしっかり自分で握りましょう。

RE:2017/12/12 23:12

〉産んで初めて知ること

それを経験出来ない苦しさがどんなものか理解できませんか?

トピ主さんの、一つの意見です。子供を産んで、今まで知らなかった世界に触れ、命の重みや温かさ、充実感、無垢の愛情。そういったものの積み重ねを、初めて改めて実感しました、という意見です。

いちいち、産みたくても産めなかった人の辛い気持ちがわかるのか、とケンカを売る必要無し。

6 :名無しのさはら|2017/12/12 12:31

欲しくてできなかった人と、産める状況でも産まなかった人は違うと思うけど。でもそれも人の自由だし、子供がいようがいなかろうが、未婚既婚にかかわらず他人の状況にいちいち口挟む気もない。

母親マウンティングに遭遇したことはないけど、産んでから思ったことはやはり子供がいるかいないかで世界がかわる。でもそれは知らなかった世界を知っただけで上と下もない。子供を産む前は全く知らなかった経験をして新しい考え方になったりする。

RE:2017/12/12 15:13

他の経験と同じとは思えないかもしれないです。正直、妊娠出産は、他のどんな経験よりもいい意味でも悪い意味でも想像を絶することで、人として大成長するチャンスであるし、かけがえのない物をたくさん手にする贈り物でもあるし、ものすごい人生のターニングポイントになる事は間違いないです。ただし、この経験はするに越したことは無いとは思いますが、だからといって、個人の意思は必ず、どんな人生にも尊重されるべきだと思います。親になるということは楽しいことばかりでは無いし、必ず全ていい方向に転がるとは限りませんからね。

さまざまな事情があって産めなかった人もいらっしゃるでしょうし、さまざまな理由から妊娠、出産に至らなかった方も沢山いるでしょう。そういった方達の経験もまた、人生の中での貴重な経験の一つであり、頑張ったけどどうにもならなかったのに、他人に責められる筋合いなどどこにも無いのです。

7 :名無しのさはら|2017/12/12 12:40

この人とこの本の話題はいつまで出てくるのだろう。

RE:2017/12/12 12:54

berさま

>生んだ人のことも、ほっといてくれない?

本当にそう思います!

言われなきゃ生まないことなんか気にならないですよね。

RE:2017/12/12 14:35

私も、吉田潮さんのこの本に限って言えば、berさまと同意見です。この本があちこちで取り上げられるたび、そのうち「産んだ人」の側がいろいろ理由を聞かれたり、旧態依然とした生き方のように言われるんじゃないかと勘繰ってしまいます。

RE:2017/12/12 14:44

少子化社会だから、子供が生まれないことに関して、世の中(特に性的に「産めない」男)が過敏になってるんじゃないかな。

8 :名無しのさはら|2017/12/12 12:48

「子供が居ないから分からない」よく聞きますね。この台詞。そんな女性が人の子の親やってるんですもん。虐めなんてなくなりませんよ。

RE:2017/12/12 13:38

激しく同意。

RE:2017/12/12 14:11

産後すぐ娘の検診に行った際、偶然バスで乗り合わせたご高齢のご婦人に『うちの娘は50過ぎても独身でバリバリ仕事ばかり。子供がいないから自己中心的で駄目。やっぱり子供育てないと人として半人前なのよね』と言われました。私からすれば、その歳までキャリア組ですごいしカッコいいなと思いました。

たまたま子供が持てただけ、大人とか半人前とか関係ないと思いました。

RE:2017/12/12 20:02

激しく同意!!

色々な生き方を認められないからいじめが起こるんだよ。

9 :名無しのさはら|2017/12/12 12:52

この人、生んだ、生まないだけでしか、女性を見れないの?なんなの、いちいち、そこだけに噛みついて。被害妄想も甚だしい。こういうタイプが実は最も、マウンティングしたがるよね。

何においてもお互いの価値観を認め、選択した事への責任を取れば、それでいいことでしょ。生まないあなたのこともほっとくから、生んだ人のこともほっといて、と言いたい。

10 :名無しのさはら|2017/12/12 12:54

本来なら、産まないのでも産まないのでも、欲しかったけどどうしてもできなかったのでも、自然に任せてて結果として授からなかったのでも、卑下することも引け目に感じる必要もないんだよ

ただ敢えて「選択した」って言わなければ押しつぶされるくらい、世間からは「あれ、子供は」「なんで子供を」っていう有形無形の圧力があるってことでしょう

RE:2017/12/12 15:23

子供を産んだことだけがよすがだったり、子供のことでイビられまくった世代が淘汰されつつあるから、今くらいに生まれたお子さんは感覚の違う大人になりそう。

11 :名無しのさはら|2017/12/12 12:55

子供を持つ前は子供が大嫌いだったが、

持った後は嫌いではなくなった。

RE:2017/12/12 13:35

私も3人産んだけど…。

自分の子供以外は、積極的に関わろうと思わないな。

親のタイプも色々だし、面倒くさいと思っちゃう。

自称、『子供嫌いな両親に』育てられた娘でした。

RE:2017/12/12 14:18

私も、子供を持つ前も、子供を産んだ後も子供が嫌い。

でも自分の子供は何歳になってもカワイイです。

12 :名無しのさはら|2017/12/12 12:57

きっと妊娠が継続して出産していたら

「欲しくなかった」とは思わなかった

のではないだろうか。

産めなかったツラい気持ちを収めるため

そんな気持ちに至ったとツラさに決着を

つけただけな気がします。

産まないことを必要以上に美化することは

ないのでは。

RE:2017/12/12 13:26

本当にそう。

自分の内にとどめて、納得してればいい話。

他人に発信する必要は無いかなと。

同情して欲しいだけなのかなって思ってしまいます。

RE:2017/12/12 19:58

泣きたいくらいの悲しい出来事には、素直に泣いていいと思う。ご主人の前とかで。世間に発する前にとてもそれは重要なことと思う。むしろ世間はそんな話 要求してない。

13 :名無しのさはら|2017/12/12 13:01

子供って、産んだら戻せない訳ですよ。

だから、産んだ人は絶対に、死んでも、産まない方が良かったなんて言えない。

女性は子供を産むべき論には、そういう側面もあるのだと思います。

産んだことは、母親の意思に関わらず、絶対的に「正しい」のだから。

14 :名無しのさはら|2017/12/12 13:04

こんなに金がかかる世の中で、子ども持たない人に対して偏見なんてあるのか?20代の私はあんまり感じない感覚ですね。私は既婚子ナシですが、子アリの友人たちと子供たちも一緒に遊んだりしますし、「子供いないって楽でいいよね。」みたいに言われたことはありません。もしそんなこと言う人がいるのなら、仕事に打ち込める子ナシが羨ましいのでは?

子育てしていても主婦なら、暇でいいよね~みたいな嫌味も言われるようですよね。どんな選択をしても必ず何かしら言ってくる人っていると思います。自分が幸せなら気にしなければいいのではないですか?

あと、高齢になってしまい出産が難しいのであれば、養子をとるという選択はしないのでしょうか。

RE:2017/12/12 15:05

あなたは産もうと思えば産めるから悩まないのです。

この内容の愚痴を熱く語る人は想いの叶わない人達。悩んでいるから、人の発言が気になって仕方ないの。

RE:2017/12/12 15:52

養子養子って簡単に言うけど、

そんな簡単なもんじゃないよ。

養親希望者は多いのに、

養子になれる子の数が圧倒的に少ない。

RE:2017/12/12 23:45

jmtさんの言う通り、20代のうちはまだ選択肢があるので何も言われないです。

30超えたら状況は変わってきますよ。

15 :名無しのさはら|2017/12/12 13:07

この本

推し過ぎじゃない?

16 :名無しのさはら|2017/12/12 13:09

子供を生んで初めて知る世界、産んで初めて分かること…

それと同時に、産まない、産めないことで見えてくる世界、分かることもある。

どちらの人生でも、苦労はある。

今をどう生きるか、どう楽しむか。

大事なのは子供の有無だけではないってことね。

17 :名無しのさはら|2017/12/12 13:23

苦労して資格を取ったとしても、子供を産めば負担が増して苦労するのはどんな女性でも一緒。

だから子供を望むなら、お勉強はほどほどでいい、それより甲斐性のある旦那を探す方がお得だと思います。

仕事を男性と同様に頑張って出世したいのであれば、子供はあきらめた方がいいと思います。(もしくは、専業主夫となって支えてくれる夫を探すかです)

しょせん、女性は男性と同じには働けません。

これ、経験して身に沁みました。

どちらの選択をしたとしても、大変なことに変わりはありませんが。

RE:2017/12/12 15:53

男性ができないのは、妊娠出産母乳の直接授乳だけです。男性ができない事は意外と少ないのに育児のほとんどを女性が担っています。妊娠出産で女性は頑張ってますので、育児ぐらいはしっかり協力してほしい。

社会や会社の理解とパートナーの協力があれば、キャリアを捨てなくて済むのでしょうね。

RE:2017/12/12 22:19

ん?

出世の話ですか?

それは、個人の置かれた環境と能力によるのでは?

ここでは、キャリアを捨てないと子どもが産めない社会、二者択一を迫られている女性がほとんどだという話をしているのでは?

18 :名無しのさはら|2017/12/12 13:28

この手の話はどうでもいい。

この本著者も子供ができなかった自分に別の理由付けをしたいだけの本じゃん。

RE:2017/12/13 3:21

やいのやいの言わなくていいのに

19 :名無しのさはら|2017/12/12 13:29

生まない「選択」という言葉に違和感。

生むというのは人生の大きな選択だけど。特に欲しい気がなくそのまま普通に生きてたら結果的に「生まない」ってなってる訳で…、

それを生まない選択だと言われると、「あえて結婚しない」とか「彼女でないんじゃなくて作らない」みたいな、自意識過剰感があります。

まあ、それを主張しなければならないほど、子供がいないことに対する偏見があるということか

RE:2017/12/12 13:33

>特に欲しい気がなくそのまま普通に生きてたら結果的に「生まない」ってなってる訳で

そういう人もいますけど、意識して作らない人もいます。

人それぞれです。

RE:2017/12/12 15:13

このタイトルとあらすじだけで、もう作者さんが誰かが気になって気になって仕方ない感じ。

解き放たれたら良いんですけどね。

RE:2017/12/12 15:26

生まない「選択」という言葉に違和感

考えあぐねるほど子供に関心がある場合は「選択」ですけど、

たしかに特に関心が無い場合は「なりゆき」なので、それ自体自然なままで良いと思います。

それをマウンティングに使おうとするヤカラが出てくると、面倒ですね。

20 :名無しのさはら|2017/12/12 13:33

こだわっているうちは負け組!!

telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング