泥水に野菜漬ける作業員も…危険すぎる米国・中国食品の実態 さはらチャンネル

泥水に野菜漬ける作業員も…危険すぎる米国・中国食品の実態

telmin

   

img
「アメリカ産と中国産の食品は、極力、口にすべきではないのです」
そう話すのはジャーナリストの奥野修司氏。スーパーに並ぶアメリカ産の牛肉。加工食品に使われている中国産の農作物や鶏肉。これらの危険性は、私たちの認識レベルをはるかに超えているという。
日本は世界最大の農作物輸入国で、輸入先の上位2位がアメリカと中国。奥野氏に実態を聞いた。まずはアメリカ産食品。脅威の筆頭は、牛肉に大量に残留する女性ホルモンだ。
「現在、日本の牛肉消費量のおよそ4分の1がアメリカ産ですが、国産牛に比べて赤身でなんと600倍、脂肪で140倍もの女性ホルモン(エストロゲン)が含まれています。これは、成長を早めてコストを削減するため、成長段階で大量の女性ホルモンを投与しているから。中でも、もっとも作用が強いのが女性ホルモン・エストロゲンの一種のE1とE2で、アメリカ牛にはこれらが大量投与されています」
高濃度のエストロゲンを外部から摂取することは、ホルモン依存性のがん(乳がん、生殖器系のがん)の原因といわれている。
「もともとアメリカ在住の白人の乳がん発生率は日本の2.5倍ですが、近年、日本でも乳がんや子宮体がんなど、ホルモン依存性がんの発生率が増加しています。その原因の1つとして有力視されているのが牛肉。牛肉の輸入量は'70年ごろから増加していますが、この増加曲線がホルモン依存性がんの増加と一致するのです」
乳がんは、いまや日本女性のがん罹患数第1位。また'08年には、かつて日本人に少なかった子宮体がんの罹患数が、HPV(ヒトパピローマウイルス)感染が原因の子宮頚がんを超えた。
「エストロゲンが細胞のがん化にどう働きかけているかは明らかになっていませんが、影響がないはずがない。エストロゲンを投与すると乳がんが発生することは、半世紀も前のマウス実験でわかっています。'14年にはハーバード大学が、牛肉に代表される赤身肉は乳がんのリスクを22%高めると発表しました。とくに思春期前と更年期の女性は体内のホルモンバランスが崩れるため、影響を受けやすいといわれており、月経不順の原因にもなりえます」
ホルモン入りの肉を食べ続ければ、男性にも影響が出るといわれる。女性と同じくホルモン依存性がんの発症リスクが高くなるほか、精子減少の可能性も指摘されている。また、E2に比べて危険性は低いものの、アメリカ産鶏肉のE1の値は、牛肉よりも高いという。
アメリカ産食品の恐ろしさはホルモンだけではない。
「日本はとうもろこし、大豆、小麦のほとんどを輸入でまかなっていますが、輸入量1位がアメリカです。しかし、こうした穀物から、猛毒のアフラトキシンが大量に検出されています。アメリカは穀物を相場が上がったときに売るために長期間保存しており、どうしてもアフラトキシンが発生してしまうのです。これはカビ毒の一種で、強力な発がん性物質。さらに、この発生を抑えるべく、作物を農薬漬けにもしているのです」
加えて、予測不可能という点でもっとも恐ろしいのが、遺伝子組み換え作物だ。
「遺伝子組み換え作物には殺虫成分を遺伝子に組み込んだものと、除草剤に耐性のある遺伝子を組み込んだものとがあります。これらを口にすることは、殺虫成分や強力な除草剤を浴びた作物を食べることと同義なのです。厚生労働省は問題ないとしていますが、数十年後どうなるかは、誰にもわかりません」
アメリカ産以上に危険と言えるのが、中国産食品だ。
「中国では生活汚水の9割以上、工業排水の3分の1以上が未処理で河川に流されているという報告があり、土壌汚染が深刻です。中国の地元政府が隠しているデータを現地関係者から極秘に提供してもらったところ、長江河口での数値は日本の基準値と比べて水銀244倍、鉛3524倍、ヒ素1495倍、カドミウムで4.2倍という高さでした」
重金属の恐ろしさは、体内にたまる「蓄積毒」であること。日本でもイタイイタイ病や水俣病などの公害病が大問題になったが、これらの重金属がまさにその原因だ。続く脅威はDDTやBHCといった有機塩素化合物。いずれも強い発がん性があるが、同じく長江河口ではこのBHCも、日本の基準値の59倍もの量が検出されたという。
こうした汚染の影響がもっとも大きいのが米や鶏肉。多くは外食産業向けや加工食品として日本に入り込んでいる。
「また、アサリからは猛毒の除草剤が検出されています。今回、私の著書『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品』(講談社文庫)で中国への潜入取材を担当した共著者の徳山大樹氏が『アサリを養殖する海に藻を取り除くための除草剤を直接撒いている』という現地の人の証言を得ました。漬け物工場では泥水のような水ににんじんが漬けられていたり、袋にも入れていない青菜の漬け物が、炎天下でトラックの荷台にじかに積まれるのを見ています」
避けていたつもりの「遺伝子組み換え食品」も、表示されないまま多くの食品にまぎれこんでいる――。恐怖の汚染食材から身を守るのは、あなた自身なのだ。
引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTcxMDA4LTAwMDEwMDAxLWppc2luLWVudA--
1 :名無しのさはら|2017/10/8 6:18
それでも安い物を買う習慣から逃れられないんだろうなあ。
2 :名無しのさはら|2017/10/8 6:23
日本の農業を駄目にしてまで工業を推し進めた結果
3 :名無しのさはら|2017/10/8 6:29
毎日のように大量に食べ続けたら、
の、話だよね?
外食だってするし、スーパーの表示だって怪しい。こんなの避けられないよ。
それに今大人の人間たちはみんなそういうの当たり前に食べて育ったわけで、すでにここに書いてある「数十年後」って状態だからどうしようもない。
もっとも、今じゃ国産もあやしいもんだけどね。セシウムとかストロンチウムとか。
三十年後とか日本どうなってるんだろうね。
1 :名無しのチャンネル|2017/10/8 7:11
実際の発症率の増加と輸入がリンクしてるのだから、『大量に食べたら』の話ではない。すでに起きてること。
2 :名無しのチャンネル|2017/10/8 12:27
ちなみに大手スーパーの輸入品の買付に関わるバイヤー達は絶対に食べないそうですよ。
緩い規制と売り手(スーパーなど)のモラルの低さですな。。。
3 :名無しのチャンネル|2017/10/9 8:26
akbさん、
ですから、今現在が、年数をかけて大量に食べ続けてきた結果だからしょうがないって話をしたつもりなんですが説明不足でしたかね。
サブちゃんさん、
わたしの知人にもいます。
恐らく同じ大手スーパーと思います。同じこと言ってますから笑
4 :名無しのさはら|2017/10/8 6:38
朝から晩まで働くロボットの僕には関係ありません
5 :名無しのさはら|2017/10/8 6:39
それらを輸入しても平気な農水省。
6 :名無しのさはら|2017/10/8 6:45
中国の貧困層は家族が死んだらば
「業者」に買い取って貰うらしいね
さぁ、一体どこに行くんでしょうか?
7 :名無しのさはら|2017/10/8 6:47
毎日食べなければ大丈夫。
今に始まった事ではない。
今更騒ぐな。
1 :名無しのチャンネル|2017/10/8 8:34
少し大袈裟に騒ぐくらいの世論があるくらいが抑止力になるのでは?
騒がないのは受認してるのと同じで更にエスカレートするわ!
2 :名無しのチャンネル|2017/10/8 15:10
チェルノブイリでは30年たって妊婦がってNHKの報道にあった。
8 :名無しのさはら|2017/10/8 6:50
食料の輸入に頼らない政策を期待したいが、今のゴタゴタの政治じゃ無理だろう
9 :名無しのさはら|2017/10/8 6:54
食品を買う店はISO22000を取っているトレーサビリティーのしっかりしている店を使っている。
ただし、中国産や米国産は買わない。高くても国産にしている。
完全に信用は出来ないが。
外食は何を食わされるか分からないから、極力避けている。
中国の知人が、中国の金持は日本産を選ぶ、日本の庶民は中国の金持が避けている中国産を食べているけど、農業政策が矛盾していないかって言われて納得。
デフレ日本は安ければ良いってことで、中国米国産を使っているけどホント心配です。
とはいうものの、子供の頃日本でもチクロ、サッカリンを普通に食べていたし、近所の農家は出荷する野菜を生活雑排水の水路で洗っていた(今でも見ることはある)からね。
最近日本女性のスタイルが良いのはアメリカ産食品の女性ホルモンが影響している為だったりして。
1 :名無しのチャンネル|2017/10/8 7:35
でもセックス女優の巨乳はほぼ産地偽装やで?
ごくたまに天然ものもあるけれど、たいてい横になっても上向いてて萎えるわ
2 :名無しのチャンネル|2017/10/8 7:49
seg*****さん
あはは。。座布団3枚ね。
10 :名無しのさはら|2017/10/8 7:09
だからどうしたの。日本は安心ですと言いたいのかな。たまには国産野菜や肉類、魚介類でも調べてみれば。理想と現実が違うくらいは誰でも判るが、日本では産地偽装をするからもっと怖いよ。
1 :名無しのチャンネル|2017/10/8 15:27
それ仲卸ね。
2 :名無しのチャンネル|2017/10/8 16:32
面白い話は、新潟のコシヒカリの生産量が全国に出回っているコシヒカリより毎年数字が少ない点ですね。何処から新潟産コシヒカリが生まれて来るのかと言う不思議です。中韓の食品は最初から危ないのは充分国民に浸透していますが、国産と言いながら中韓の食品を高く売るのを取り締まり切れない政府もどうかしていますね。天下り体質の弊害かな。
11 :名無しのさはら|2017/10/8 7:11
輸入牛肉さえ高くて、毎日たくさんなんか食べられません
12 :名無しのさはら|2017/10/8 7:12
怖すぎる.....
13 :名無しのさはら|2017/10/8 7:14
ぢゃ、自給自足しな。。。
14 :名無しのさはら|2017/10/8 7:26
日本も汚染水だらけ。
外国の事ばかり叩けない。
15 :名無しのさはら|2017/10/8 7:28
自給自足すればいいものを
安さだけで輸入に頼るからね。
長生きする人減らす政策じゃね?
16 :名無しのさはら|2017/10/8 7:28
でもアメリカの人みんな元気そうよ??
17 :名無しのさはら|2017/10/8 7:34
日本国内で加工される野菜サラダは衛生を通り越し、野菜の栄養が完全に抜ける程洗浄を繰り返している。その一方で海外で使用が制限若しくは禁止されているような添加物が使われている。輸入製品には未だに管理が徹底されておらず記事のような危険な食品が国内に流通している現実がある。食品管理について、日本は徹底されているようで実は極めていい加減なところがあるのだ。
18 :名無しのさはら|2017/10/8 7:39
加工食品には、産地何て記載されて無い!
消費者は、選択余地が無いですね。
気を着けていても、口にしている可能性は大きい!道の駅等の野菜とかは安心できそうだけど
スーパー等は信用出来ません。
この前中国で、温泉を掘る仕事で邦人が勾留されているニュースがあった。
何故と思っていたが、もしかして、水質検査で
の汚染発覚を恐れた、中国政府が動いたのか!
あくまでも私の推測です。
19 :名無しのさはら|2017/10/8 7:50
国は何してるの…政治家にも呆れる。国民的のためとか、いつも口にしてるけどホントのとこ全部わかって見過ごしてるのでしょう〜〜外面がよくないと大物政治家や官僚それにテレビに出ているコメンテーターにはなれないね。皆んな同じだね。建前だけで何か変えられた?テレビの中はいつも同じ。
20 :名無しのさはら|2017/10/8 7:53
記載されている商品はなるべく避ける事が出来るが•••ファミレスとか外食の場合は中国産を使っていてもわからないしな〜弁当とか•••弁当とか国産米使用としか表記してないからな•••100均やスーパーの中国産は見て買わないけど、その他はかなり無理かも•••••
1 :名無しのチャンネル|2017/10/8 8:28
確かに〜
全て国産だと500円ぐらいで食べれないしね••••
居酒屋とかもの商材も•••そうなんだろうな••••(≧∇≦)
2 :名無しのチャンネル|2017/10/8 9:29
ファミレスだけじゃないよ
3 :名無しのチャンネル|2017/10/8 9:54
そうだろね、記事を書いている記者も、どこかで食べているだろうね。
telmin

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , ,

ブログパーツ アクセスランキング