レッドカーペットに紗倉まな? 東京国際映画祭 さはらチャンネル

レッドカーペットに紗倉まな? 東京国際映画祭

   

img
10月25日より開催される第30回東京国際映画祭。
カンヌやベルリン、ベネチア国際映画祭と並ぶ、国際映画製作者連盟公認の国際映画祭だが、第1回の1985年から30年以上経っても盛り上がりに欠ける。
「でも今年は話題になるかも知れませんよ。コンペティション部門に選ばれた日本映画の1本が“最低”ですからね」(芸能記者)
作品の出来ではなく、タイトルが「最低。」である。メガホンを取ったのは、「ヘヴンズ ストーリー」や「64―ロクヨン―」の瀬々(ぜぜ)敬久監督。主演は森口彩乃(31)で、渡辺真起子、根岸季衣、高岡早紀らベテランが脇を固める……。
原作は現役の人気AV女優である紗倉まな(24)の同名小説だ。日常に嫌気がさしてAV業界に飛び込む主婦を演じる森口は初脱ぎ。AV女優を天職と信じて疑わない専門学校生役の佐々木心音(ここね)(27)は大胆にカラみ、元AV女優の母(高岡)に振り回される女子高生にはモデルの山田愛奈(19)と、いずれもAVと関わりを持つ女たちを描く。
映画評論家の北川れい子氏も驚く。
「あの作品がコンペに出るとはびっくりです。ポルノみたいですからね。なんといっても瀬々監督はピンク映画の出身で、四天王の一人として活躍した人なのですから。邦画がおざなりなSEXシーンばかりになっている中で、若い女優たちが大胆、かつ根性ある演技をしています。それだけにカップルで観に行くような映画じゃないですよ。それに奔放な母親を演じる高岡早紀や、そのまた母に根岸季衣という強烈な一家。さらに渡辺真起子が脇で出ることでリアリティ、厚みを出しています。しかも登場する男はみんなクズ。国際映画祭でこれを上映して、世界はどこも同じと思われるか、日本はおかしいと思われるか……、話題にはなるでしょうね」
高岡のAV女優姿がないのは残念だが、コンペ出品ともなれば、監督や出演者はレッドカーペットを歩くことになる。原作者として現役AV女優も一緒に歩けば、これも話題に?
「週刊新潮」2017年10月5日号 掲載
引用元:https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvYXJ0aWNsZT9hPTIwMTcxMDA4LTAwNTMxMTQ1LXNoaW5jaG8tZW50
1 :名無しのさはら|2017/10/8 6:15
これはこれで 一つの時代ですかね
AVも娯楽として影から表に出てきたのかな?
2 :名無しのさはら|2017/10/8 6:20
偏見の目で見るか見ないかだな…
3 :名無しのさはら|2017/10/8 6:23
別にいいんじゃない?
4 :名無しのさはら|2017/10/8 7:03
汁まみれのポルノ女優の動画は海外でも簡単に観れるから、ポルノ女優だ。と扱われるかもしれないよ。
美保純や岡本麗も往年を知る人にはポルノ女優だ。として観られている。
脱げる映画女優とポルノ女優との差はよく判らないけど、似て非なる捉え方がある。
5 :名無しのさはら|2017/10/8 8:12
アダルト関係の女優が表舞台に出れるのは
日本ぐらいだよね
1 :名無しのチャンネル|2017/10/8 23:33
イタリア
チッチョリーナ
6 :名無しのさはら|2017/10/8 8:47
日本の常識、世界の非常識
7 :名無しのさはら|2017/10/8 8:51
被差別部落の立派な仕事。
8 :名無しのさはら|2017/10/8 9:50
この作品は出演女優が引退した後の5年ルールには引っ掛からないのか?
9 :名無しのさはら|2017/10/8 9:59
だれも観んわ、つまらん。
10 :名無しのさはら|2017/10/8 17:25
だまされないで!
AV男優がファンの子を呼び出し
裸の写真をとっておどしてAV出演を強要した被害が出てる
AV強要「1通の告発メール」 アメとムチ 歓待後、社長と「練習」も 実家把握され、プレッシャーに
withnews.jp/article/f0171004003qq000000000000000W05s10101qq000015898A
AV女優やAV男優をアイドルと勘違いしたら危険だよ!
被害者がたくさんいる
11 :名無しのさはら|2017/10/8 17:39
紗倉まなは普通のAV女優とはちょっと違うからね。しっかりした子だよ

シェアしていただけると助かります。

 -エンタメ

, , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング