特急用の新型ディーゼルカー完成 日本の伝統意匠を現代的にアレンジ JR四国 さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

特急用の新型ディーゼルカー完成 日本の伝統意匠を現代的にアレンジ JR四国

   

img
JR四国は2017年1月30日(月)、特急用新型車両の2600系ディーゼルカーが完成し、2月15日(水)に高松運転所へ到着すると発表しました。
【画像】シートは臙脂と紺の2色
2600系は予讃線や土讃線、高徳線で使用されている2000系ディーゼルカーの、老朽化にともなう置き換え用として新製された車両です。今回は2両編成2本(計4両)が納入されます。2両編成の定員は98人。最高運転速度は120km/hです。
JR四国によると、デザインコンセプトは「Neo Japonisme(ネオ・ジャポニスム)」。日本の伝統意匠を現代的にアレンジし、安らぎと先進性をあわせ持たせた特急車両です。外観は四国の自然に映える「ディープレッド」を基調とし、あわせて金を配色。「ディープレッドのラインを筆の流れにみたてて、紅墨汁のにじみのごとく、赤い色彩がステンレスボディに染み入る様をゴールドの縁取りで表現」しているといいます。車内には和柄をモチーフにした装飾をドアやシートのアクセントデザインに採用。シートは車両ごとに臙脂(えんじ)と紺色が用いられます。
なお、このシートは8600系特急形電車の普通車と同じタイプです。背もたれと連動して座面が前方にスライドするリクライニング機構になっています。
各座席にはコンセント、可動式枕、ドリンクホルダー、コートフックなどが設けられるほか、ノートPCなどの利用を考慮し、テーブルが大型化。多機能トイレにはオストメイト対応設備、温水洗浄便座、ベビーベッド、ベビーキープ、フィッティングボードなどが設置されます。
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTcwMTMwLTAwMDEwMDA0LW5vcmltb25vLWJ1c19hbGw-
1 :名無しのさはら|2017/1/30 15:15
ついについに2000系も寿命か。
JR四国は財政厳しいと思うけど、がんばってほしいね
2 :名無しのさはら|2017/1/30 15:18
8600系より角ばった印象ですね。
3 :名無しのさはら|2017/1/30 15:24
なんか西日本のに似た感じだなぁ
四国って独特なデザインだったのに、ちょっと残念かな・・
まぁ、そうは言って余裕もないだろうから、デザインとかあんまり余計なお金は使えませんよね、北海道みたいにならない様に頑張ってもらいたいですね。
4 :名無しのさはら|2017/1/30 15:36
キハ181系に戻そうよ!
5 :名無しのさはら|2017/1/30 15:37
車体傾斜装置はやはり空気バネを利用したタイプだろうか?
6 :名無しのさはら|2017/1/30 15:41
8600と似たようなイメージだけど、より現代寄りにしたデザインだな。
四国の車両みんな水色ラインだったけど、最近の車両は関係無くなって来たね。
7 :名無しのさはら|2017/1/30 15:48
四国に遊びに行った時、特急の指定席を取ったら驚いた。
いつもあんな感じなんですかね。
8 :名無しのさはら|2017/1/30 15:52
あれ、キハ185系は置き換えないの?
9 :名無しのさはら|2017/1/30 15:53
最高速度が遅いね。
10 :名無しのさはら|2017/1/30 15:54
最高速度120km/hどまりか。N2000系と高徳線での130km/h運転が事実上の失敗に終わったし、資金もないからやむを得ないところか。
11 :名無しのさはら|2017/1/30 15:59
いつも思うのだが、私の住んでいる田舎の路線では未だに鉄製で、製造後50年位経ったオンボロの列車が走っている。ステンレスの都会のお下がりが来るのは、あと10年後か20年後だと思う。
12 :名無しのさはら|2017/1/30 16:01
四国のデザインはさっぱりしてるね

シェアしていただけると助かります。

 -経済

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング