日本にしかない「パクチー料理専門店」の魅力 さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

日本にしかない「パクチー料理専門店」の魅力

   

img
2016年の「今年の一皿」にも選ばれた「パクチー料理」。パクチーは世界中で使われているハーブで「コリアンダー」とも呼ばれています。独特の強い香りは好みが分かれる人も多いですが、最近日本で人気が急上昇中。今回は、東京にあるパクチー専門店「パクチーハウス東京」を訪問しました。日本だけでなく世界中から人が集まっているというパクチーハウス東京。人気の秘密は何なのでしょうか?
この記事の写真を見る
■世界でここだけ! のパクチー料理
新宿駅から最短で12分ほどにある経堂駅を降りてすぐに活気溢れる農大通り商店街が見つかります。パクチーハウス東京があるのは、この商店街のなかほどにあるビルの2階です。
エレベーター降りると、目の前には鮮やかな緑のパクチーと「No Paxi,No Life」の文字がプリントされた横断幕が。入る前からどんなパクチー料理に出会えるのかワクワクします。
さっそくパクチー料理をいただきます。まずは一番の人気メニュー「パク天」と「ヤンパク」から。
「パク天」とは、パクチーの天ぷら。大量のパクチーが直径15センチほどの円錐形にぎゅっと寄せられたかき揚げのような見た目に、「これが全部パクチーなの!?」とビックリしてしまいます。お箸で天ぷらをくずして、まずはそのままひとくち。さくっと揚がったパクチーの食感と、油といっしょになったことで和らいだ独特の苦味が爽やかです。添えてあるのはフランス産のパクチーと東京都青ヶ島の塩を合わせた「パク塩」。パク塩をかけるとパクチーの香りが一段と増しつつ、甘みも際立ちます。数人でシェアしながら食べると会話も弾みそうです。もう1つの定番メニュー「ヤンパク」。お皿にしきつめたパクチーの上に炒めたラム肉がのっています。このパクチーの量がまた大量。ラム肉が主役なのか、パクチーが主役なのか分からなくなるほどです。ラム肉といえば独特な風味がありますが、こちらのラム肉は臭みが全くありませんでした。さらに、パクチーと一緒に食べるこで、口の中がさっぱりするので、次々と食べられます。お好みで、添えてあるレモンを加えるとより爽やかさが増します。
■もっとパクチーが食べたくなったら「追パク」
次は、おつまみにぴったりという「トムヤム砂肝」。スライスされた砂肝にタイの人気料理トムヤム・クンのようなすっぱ辛い味付けがついています。少し濃い目の味付けなのでお酒が進みそうです。砂肝の下にはやはりたっぷりのパクチーが。もし、それでもパクチーが食べたい、もっとパクチーまみれを楽しみたい、と思ったら、「追パク」(ついぱく=追加のパクチー)を頼むことができます。
「追パク」とは無料でパクチー単体を追加できるサービスで、それだけでもパクチー好きには嬉しいのですが、さらにユニークなことに、「追パク」は注文したときの声の大きさに応じてサーブされる量が変わるのです。大きな声でお願いすれば大量のパクチーがもらえるかもしれません。もっとパクチーが食べたくなったら、思い切って店員さんに「追パクお願いします!」と頼んでみましょう。
パクチーハウス東京のデザートには、もちろんパクチーが使われています。その名も「パク塩のアイス」。「パク天」にも使われていた「パク塩」と、パクチーが練りこまれた濃厚なアイスクリームに、パクチーの花から取れたはちみつとパクチーの種をトッピングした、まさにパクチーだらけのデザートです。味が想像しにくいデザートですが、ひとくち食べてみると、甘じょっぱくて濃厚なミルクの風味とパクチーの香りが口の中にひろがります。
パクチー尽くしのメニューは、「パク天」や「ヤンパク」のように定番なものもありますが、季節や新しいアイデアによって新しいものが登場します。オススメをお店の人に聞いてみましょう。また、パクチーハウス東京では世界中のビールも楽しむことができます。もちろん、材料にパクチーが使われたビールもそろっています。
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/zasshi/RV=1/RU=aHR0cDovL3phc3NoaS5uZXdzLnlhaG9vLmNvLmpwL2FydGljbGU_YT0yMDE3MDEzMC0wMDE1NDQ2MS10b3lvLWJ1c19hbGw-
1 :名無しのさはら|2017/1/30 15:02
パクチーは無理。
2 :名無しのさはら|2017/1/30 15:02
どうせ一時のブーム
3 :名無しのさはら|2017/1/30 15:04
でも俺はパクチー嫌いだから行かない。
4 :名無しのさはら|2017/1/30 15:05
パクチーは臭い
5 :名無しのさはら|2017/1/30 15:06
僕は 食わず嫌いが ほとんど無い、パクチも大丈夫!苦手な人は 嫌だろうね。
1 :名無しのチャンネル|2017/1/30 15:08
唯一苦手は ブルーチーズ カビ!腐ってるよ
2 :名無しのチャンネル|2017/1/30 15:34
いちじく 白子も 食べれるが、見た目が 気持ち悪い、毛がはえてる 脳みそ みたい!(-.-)
6 :名無しのさはら|2017/1/30 15:09
タイに数年住んでたけど、どうしても克服出来んかった。
やっぱ道端に生えてる臭い雑草のイメージが拭えんわ。
7 :名無しのさはら|2017/1/30 15:14
パク天うまそう。
8 :名無しのさはら|2017/1/30 15:17
人間は3種類に分類される
パクチーが好きな人
パクチーが嫌いな人
パクチーが好きと言ってる自分が好きな人
9 :名無しのさはら|2017/1/30 15:17
こういう店に行く人と友達にもなりたくない。
10 :名無しのさはら|2017/1/30 15:20
>最近日本で人気が急上昇中
実際には、一部のメディアが持ち上げているだけでしょうね。
パクチーは、
タイ料理には入っていることが多いですよね。
あくまでもトッピングの一つです。
11 :名無しのさはら|2017/1/30 15:21
どうでもいいけど 追パク=「おいパク」だと思ってた
12 :名無しのさはら|2017/1/30 15:21
パクチは山椒のような感じで、匂いが強いが慣れると美味です。
パクチ入りのフォー(太い春雨みたいな麺)をベトナムに出張するとよく食べていました。
ホテルや会社のカフェテリアで、2014年時点で一杯10,000ドン(50円)ぐらいだったかな。
今ではパクチ入りのフォーをローソンでも売っているね。
1 :名無しのチャンネル|2017/1/30 15:29
パクチフォー 美味しい(*^^*)、苦手な人は 食べれないかな?
13 :名無しのさはら|2017/1/30 15:22
薬味としてはいいけど、そればっか好きな人ってそんなに居るのかな?
なんかシャレオツの類の匂いがするけど。
何となくだけどパクチー大好きだけど香菜クサくて嫌いって人混じってそう。
あ、コリアンダーは好きです。カレーに増し位で加えたくなります。
14 :名無しのさはら|2017/1/30 15:23
うちの親は、去年パクチーが流行ったので、栽培するつもりでいたが、
パクチーの和名を(カメムシ草)だと告げたら、
そんな臭い草作らないと言った・・・

シェアしていただけると助かります。

 -経済

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング