トランプ時代の自動車摩擦 さはらチャンネル
注目ヘッドライン
ピックアップヘッドライン
ピックアップヘッドライン

トランプ時代の自動車摩擦

   

img
1月20日、ドナルド・トランプ氏がアメリカ合衆国の第45代大統領に就任した。世界一の経済大国が保護主義に舵を切るのではないかという予想に世界中が戦々恐々としている。
【世界の生産台数ランキング】
就任直前の1月5日には、メキシコへの工場建設を決めたトヨタに対し、米国の雇用を守るために、メキシコからの輸入に高額な関税をかけるとツイートした。しかし、トヨタのメキシコ工場はカナダ工場の代わりであって米国国内工場の生産には影響を与えない。ツイートそのものは明らかな誤認によるものだった。
●世界の自動車マーケット
先進国の多くは周辺途上国との賃金格差をベースにした価格競争に疲弊しており、欧州では移民が、北米ではメキシコからの移民や輸入が、日本でも中国への製造業の移転が問題になってきた。1990年代に激化したそうしたグローバリズムの高まりが、先進国の中産階級を苦しめ、それが今、世界各地で火を吹き始めている。英国のEU離脱も、トランプ大統領の保護主義的発言も、日本の中韓との摩擦もそうした経済的背景が影響を与えている。
さて、そうした状況の下、就任直後のトランプ大統領はホワイトハウスでの財界首脳との会合で、対日貿易についての批判発言をした。「米国の自動車メーカーは日本で販売が増加しないのに、日本の自動車メーカーは米国に何十万台も輸出している」と言うのだ。
こういう発言から我々が思い出すのは、1980年代に日米間の大問題へと発展した日米自動車摩擦である。トランプ政権による新たな日米貿易摩擦が始まるのではないか? 今回はそれを検証してみたい。
まずは「地域別統計」をざっと眺めてほしい。これは地域グループの中で世界各国がどのくらい自動車を生産し、販売しているかを一覧にしたものだ。ソースは日本自動車工業会が発表している2015年の統計である。後に詳述するが、米国のようにピックアップトラックが事実上の乗用車として販売されている国の場合、乗用車の数値だけ見ても完全には把握できないが、そうかと言って商用車を加算すると本当の商用車が加わってしまい、これもうまくない。従ってピックアップトラックは含まれていないものとしてご了解いただきたい。
さて表の中で、その国の生産台数から販売台数を引いたものが、輸入超過となる。ないものは売れないので、それは輸入で調達していることになるからだ。
ざっくりと世界的潮流を見てみよう。旧西欧と旧東欧を見ると興味深いことが分かる。フランス、イタリア、英国など欧州を代表する先進国が軒並み輸入超過となっている。旧西欧で輸出超過なのはドイツとスペインで、特にドイツは圧倒的だ。
では、西欧諸国はどこからクルマを買っているのだろうか。それは旧東欧だ。こちらは例外なく輸出超過。1990年のベルリンの壁崩壊から始まったボーダレスの流れは、西欧の製造業の空洞化を招き、製造業の移転先である東欧の経済成長につながった。そこでさらなる発展を狙ってEUの発足ということになるのだが、必ずしも良い話で終わらない。
相対的に没落した西欧諸国で購買力が落ちれば、輸出で成立している東欧諸国の経済発展が停滞する。自国のマーケットが生産力と釣り合っていないので、内需に切り替えて国内消費でカバーすることができない。その結果、失業者があふれ、それらの人々が移民となって、生活を維持するために社会制度の充実した旧西欧に流出する。社会制度にただ乗りされては困る旧西欧では移民排斥運動が起きる。
一方、その地勢的メリットを生かし、東側への進出を有利に進めたドイツは低コストの東欧圏で生産したクルマを世界に輸出する。東欧の輸出超過のすべてがフォルクスワーゲンというわけではないが、大きな比率を占めている。さらに、東欧で得た豊富な資金源を活用して国内生産の合理化を進め、国内生産も増やしている。「インダストリー 4.0」はその代表的なものだ。結果的に見れば、EUというシステムが圧倒的にドイツに利するものになっており、そこからEUの不協和音が広がっているわけだ。
●輸出超過国の憂鬱
北米はどうだろうか? これはアメリカが圧倒的に不利だ。別表の「輸入超過ランキング」を参照してもらえば分かるように、世界一の輸入超過国であり、2位・イギリスの3倍を超える数値になっている。では、どこからの輸入かと言えば、カナダやメキシコは当然多いが、どちらもメーカーの母国ではない。そういう意味では日本と韓国である。ドイツももちろん対米輸出は少なくはないが、グローバルな販売台数の中で米国輸出が占める割合は意外に高くない。フォルクスワーゲンの例を見てみよう。
余談だがベンツ、BMWと言ったメーカーはブランド力があるので実力以上に評価されがちだが、ベンツもBMWもグローバルで200万台足らず(BMWの場合はグループ全体だと220万台程度)と、1000万台のフォルクスワーゲンと比べれば台数的に誤差のようなものだ。
欧州 452万4000台 生産台数比 45.2%
北米 94万1000台 生産台数比 9.4%
南米 54万0000台 生産台数比 5.4%
アジア大洋州 400万5000台 生産台数比 40.0%
フォルクスワーゲンの場合、欧州と中国を中心にクルマを売っており、欧州とアジア大洋州の合計で85%に達している。
では、やり玉に挙げられたトヨタはどうだろう?
日本 201万9000台 生産台数比 20.0%
北米 283万9,000台 生産台数比 28.1%
欧州 84万4000台 生産台数比 8.4%
アジア 134万5000台 生産台数比 13.3%
北米での販売台数はフォルクスワーゲンの3倍。生産台数比で3割近くを北米で売っている。しかし、トヨタがフォルクスワーゲンと違うのは、生産拠点の多さだ。フォルクスワーゲンが北米生産拠点を1カ所しか持っていないのに対し、トヨタは委託先を含めて9拠点、直営だけでも6拠点を北米に持っている。それこそが1980年代の日米自動車摩擦の着地点であり、そうやって日本の自動車メーカーが北米でクルマを生産し、現地にお金を落としてきたからこそ、現在の米国経済があるのも一面として事実である。
●偉大なるローカルマーケット
ここで改めて世界の新車販売台数を見てみよう。ソースは同じく日本自動車工業会の2015年統計である。
1位 中国 2460万台
2位 米国 1547万台
3位 日本 505万台
4位 ドイツ 354万台
5位 インド 343万台
6位 英国 306万台
7位 ブラジル 257万台
8位 フランス 235万台
9位 カナダ 194万台
10位 韓国 183万台
米中の突出がよく分かる。実はそこに米国マーケットの特殊性が潜んでいるのだ。
旧西欧諸国では売れるクルマはほぼ同じ枠組みの中にある。日本のマーケットには軽自動車やワンボックスなどのドメスティック要素もあるが、旧西欧諸国で売れるクルマがまったく売れないマーケットではない。それは韓国や中国も同じだが、米国は大いに違う。車名別ランキングのトップを争うのは、今でもGMのシルバラードやフォードのF150のようなピックアップトラックだし、グローバルで売れ行き不振にあえいでいるDセグメントセダンが売れている。
トヨタはカムリを、ホンダはアコードを、マツダはアテンザを、日産はブルーバードの流れを汲むアルティマを対米戦略モデルとして販売している。これらのクルマは日本国内で売られている場合もあるが、それはほとんど申しわけ程度。語弊を恐れずに言えばお裾分けのようなものだ。専用車種を作る体力がないマツダは、アテンザ・セダンを北米に合わせて大型化し、北米では人気のないワゴンの全長を切り詰めて日本向けにするという曲芸をやってのけている。スバルは北米にターゲットを合わせてレガシィ(輸出名アウトバック)を大型化し、国内向けには新たにサイズを小型化したレヴォーグを導入している。
米国は世界で2番目のマーケットだが、かの国で売れるクルマは他国で売れない。そういう巨大なドメスティックマーケットであることこそ米国の大きな特徴だ。
かつての王者だったGM、フォード、クライスラーのビッグ3は、基本的には当時ナンバーワン・マーケットだった米国でクルマを売っていたからビッグ3になった。米国市場が世界一の巨大市場だったから成り立っていた話でしかない。しかし今やグローバルな自動車マーケットは深刻国で拡大の一途をたどり、米国の相対的地位そのものが後退している。つまりトランプ大統領の掲げる「Make America Great Again」は「市場構造が変わっていないにもかかわらず、日本が米国のマーケットをかすめ取っている」という誤解に基づいたものだ。
実際は、米国の自動車マーケットそのものが世界一の座から滑り落ち、米国でナンバーワンであることがイコール世界ナンバーワンにならなくなったということである。2020年代に世界一でありたければ、中国、インド、ASEANのマーケットに輸出して、あるいは現地生産して売りまくる以外の方法はない。
そのためには新興国マーケットで売れる小型車を作らなければならないのだが、ビッグ3には小型車のノウハウが不足している。それを放置したまま、Make America Great Againと唱えても、それは妄想で終わるだろう。問題はトランプ大統領本人とその支持層が、その現実を受け入れられるかどうかだ。もし現状認識を変えられないまま強硬姿勢を貫くようなことがあれば、日米自動車摩擦の再燃はないとは言えないのだ。
(池田直渡)
引用元:http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/cm/list/headline/RV=1/RU=aHR0cDovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTcwMTMwLTAwMDAwMDI1LXpkbl9ta3QtYnVzX2FsbA--
1 :名無しのさはら|2017/1/30 7:49
アメ車なんて無駄にデカいだけで
日本の道路事情に合わないよな。
2 :名無しのさはら|2017/1/30 8:04
日本人がアメリカ製の乗り物を全否定してるワケではないのは、単車でハーレーが一人勝ちな現状を見れば明らか。それこそ、メルセデスやBMW、アウディのように魅力があればデカかろうが大飯食らいだろうが多少質感が日本車に劣ったって、売れるモンは売れる。ホントの商売人なら、そのことに気付かないかね、トランプさんよ。
1 :名無しのチャンネル|2017/1/30 8:57
同じ考え。アストロなんか邪魔です。でも、キャデラックは売れてるし、工夫したらいけると思います。
3 :名無しのさはら|2017/1/30 8:10
この記事で指摘されていることはビッグスリーは当然分かっている。海外ではガラパゴスな米国向けモデルを売ることはない。トランプだけが騒いでいる。
4 :名無しのさはら|2017/1/30 8:12
日本の事情に合う車を売ってください
5 :名無しのさはら|2017/1/30 8:14
4年後に「無駄な4年間」だったと言うことになる。その時、トランプを裁判に掛ける「ネタ」捜しに注力しよう。
6 :名無しのさはら|2017/1/30 8:14
いいものは売れるんだよ。
いいものに垣根、国境は無い。
7 :名無しのさはら|2017/1/30 8:27
輸出マインドが全くない国のクルマを一方的に買え!!と言われてもなぁ〜。
仮に買ったところで『もってけドロボー』式に売っても捌けないだろうから、在庫の山ができるだけやな。
1 :名無しのチャンネル|2017/1/30 8:38
取り急ぎ役所の黒塗りはF150かシルバラードやラムに取っ替えだ
8 :名無しのさはら|2017/1/30 8:30
アメ車はステータスじゃなくて趣味で乗る車だと思う。
9 :名無しのさはら|2017/1/30 8:33
お化粧して来る女に恥をかかせることはことはできないぞ。
10 :名無しのさはら|2017/1/30 8:42
狭い道路とSTOPアンドGOの日本には この大きさは向かない 日本で売りたけりゃ右ハンドルに小型車をつくれ
1 :名無しのチャンネル|2017/1/30 9:03
お得意の公共工事でフルサイズの通れる道路や立体交差にするしかない。エ、もうやっている?
11 :名無しのさはら|2017/1/30 8:56
日本は自動車の維持費が高すぎる。
アメ車、乗ってて楽しいよ。

シェアしていただけると助かります。

 -経済

, , , , , , , , ,

ブログパーツ アクセスランキング